映画:ダークタワー

「ダークタワー」のネタバレあらすじと結末

ダークタワーの紹介:2017年にアメリカで製作されたファンタジーアクション。スティーヴン・キングによる同名の長編小説を描いた作品で、超越的な力「輝き」を持つ少年と拳銃使いの男の冒険と戦いを描いていく。

あらすじ動画

ダークタワーの主な出演者

ローランド・デスチェイン(イドリス・エルバ)、ウォルター(マシュー・マコノヒー)、ジェイク(トム・テイラー)、アラ(クローディア・キム)

ダークタワーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ダークタワーのあらすじ1

ダークタワーのシーン1 舞台はニューヨーク。愛する父親を失った少年ジェイクは家族に心を閉ざす毎日を送っていました。そんな彼をこのところ悩ますのは、この現実世界とはまったく異なる世界を舞台とした不思議な夢でした。そこには、巨大な暗黒の塔がそびえており、光り輝くビームにより攻撃を受けていました。攻撃を指揮するのは、黒い服を着た冷酷な表情を浮かべる男で、男は多くの子どもたちを自らの基地に拘束していました。子どもたちが基地内の装置につながれると、やがて激しい叫び声をあげ始めました。すると、間もなく基地からビームが発射され、暗黒の塔を攻撃しました。とても現実とは思えないこの光景が、ジェイクの夢の内容でした。

ジェイクは現実世界と夢の世界が繋がっているのではないかと考えていました。なぜなら、暗黒の塔が攻撃される夢を見るたび、現実世界では地震が発生していたからです。ジェイクは夢の世界をイラストに書きますが、家族やセラピストは父親を亡くした悲しみで不気味な絵を描いてしまうだけとしか考えてくれませんでした。

ジェイクが見る夢の中には、拳銃使い「ガンスリンガー」と呼ばれる男二人組も登場していました。彼らは親子で暗黒の塔を守護する役目を負っており、黒衣の男を追っている様子でした。ところが、黒衣の男は超越的な能力で銃弾をかわしたり、瞬間移動したりと、ガンスリンガー親子を翻弄していました。そして、黒衣の男はガンスリンガーの父親を殺害、息子のローランドは激しい失意に襲われました。ジェイクはこのガンスリンガーもイラストに描きました。

それからすぐ、ジェイクの周辺で不気味な人々が現れるようになりました。彼らは一見この現実世界に溶け込んでいるように見えましたが、ジェイクは直感的にこの人々にこの世ならざるものを感じていました。それからすぐ、心理療養の学校関係者と名乗る男女二人がジェイクの家にやって来ました。母親はジェイクの心を治すためにこの二人を呼んだと話しますが、ジェイクは彼らもまたこの世の人間ではないことに気づいていました。

ジェイクは隙を見て逃走しますが、この二人はすぐに追いかけて来ました。逃げる中で、ジェイクは導かれるようにある空き家の中へと入りました。家の奥の壁には謎のセキュリティ装置が取り付けられていました。ジェイクがパスコードを入力すると、突然光り輝く門が現れました。おそるおそるその門を通り抜けるジェイク。すると、そこには夢で見たものと同じ風景が広がっていました。

ジェイクがさまよっていると、そこにあのガンスリンガー、ローランドが現れました。ジェイクは持参したイラストを見せ、ここに来るに至った話を説明しますが、ローランドはすぐには信じることができずにいました。ローランドはガンスリンガーと呼ばれることに嫌悪感すら抱いている様子でしたが、渋々ジェイクをある村に連れて行くことを決めました。その村には夢を読める人物がいるといい、ジェイクの夢が意味するところを解きあかそうと考えたのです。そのためには、光の当たらない不気味な森を進む必要がありました。

【承】- ダークタワーのあらすじ2

ダークタワーのシーン2 ジェイクはローランドに守られながら森を進みますが、その道中に暗黒の塔の正体を知らされました。暗黒の塔は、根本世界と呼ばれるジェイクが住む世界や、今いる中間世界と呼ばれる世界を外界から守り、秩序を保っているといいます。黒衣の男はウォルター、暗黒の塔を破壊することで外界にいる怪物を流入させることで世界に混沌をもたらそうと考えているといいます。ジェイクの予想通り、現実世界での地震は暗黒の塔の損傷に共鳴したものだったことも判明しました。

話を一通り終えると、二人は眠りにつきました。しかし、ジェイクの父親に扮した怪物がジェイクを誘惑して来ました。ジェイクは愛する父親との再会に感動しますが、ローランドが助けに来ると、父親の姿は真っ赤な巨大な怪物へと姿を変えました。ローランドは拳銃で応戦し怪物を倒しますが、この戦闘で怪我を負ってしまいました。

その後間もなく、二人は目的地の村に着きますが、それと同じ頃、根本世界ではウォルターがジェイクの行方を追っていました。根本世界に潜入させていた部下からの報告を通じて、ウォルターはジェイクが特別な能力「輝き」を持つ少年だと気づいてしまったのです。これまでウォルターは根本世界から大勢の子どもを誘拐し、その輝きを吸い上げて暗黒の塔を攻撃していましたが、ジェイクの輝きがこれまでの子どもたちと比べ物にならないほど大きい力でした。ウォルターはジェイクの輝きを使えば暗黒の塔を今度こそ破壊できると確信し、ジェイクの家に向かいました。ウォルターはジェイクの母親とその恋人を始末し、部屋に残されたジェイクの記憶をたどり始めました。その結果、ウォルターはジェイクが中間世界での夢を見ていたことを知ります。

村に着いたジェイクとローランドは、夢を読むことができる女性アラと出会いますが、アラはジェイクの中に秘められた輝きの大きさに驚いていました。続けてアラはジェイクの夢を読み、ウォルターの基地が遥か彼方の北の荒れ地にあることを突き止めました。ジェイクとローランドはウォルターの陰謀を阻止するため、ポータルという名の空間移動装置を使うことを決めました。この村からポータルで直接ウォルターの基地に飛ぶことは危険が多いため、ジェイクは回り道を提案。まずポータルでニューヨークに戻り、そこでウォルターの活動拠点を見つけ、そこにあるポータルを使って北の荒れ地に飛ぼうというのです。

【転】- ダークタワーのあらすじ3

ダークタワーのシーン3 その夜、食事を村人ととっていたときのことでした。アラはローランドの心を読み、今は暗黒の塔を守護する役目を忘れ、ウォルターへの復讐ばかり考えていると指摘しました。村人はアラの言葉を聞き、アーサー王の末裔でありながら、使命を忘れたのかとローランドを批判し始めました。ローランドは村人の言葉に耳を貸さず、その場を去って行きましたが、ジェイクはローランドが今もガンスリンガーの心を持ち続けていると確信していました。

その後、ジェイクとローランドはポータルでの移動の準備をしますが、その最中にウォルターの配下が村を襲撃してきました。たちまち村は火に包まれ、人々は悲鳴を上げました。混乱の中、ジェイクはさらわれてしまいますが、ローランドは冷静さを失うことはなく、ただ息を研ぎ澄ませました。そして、一発の銃弾を放つと、その銃弾は見事にジェイクをさらった怪物の頭に命中、ジェイクは無事救出されました。

その後、二人はすぐにポータルでニューヨークへ。見たことのない風景に戸惑いながらも、ローランドはジェイクに導かれるままに病院に行き、傷の手当てを受けました。翌朝、二人はウォルターの活動拠点を探す中で、ジェイクの家に向かいました。すると、そこには母親の恋人の死体と、不自然な焼け跡がありました。ジェイクがこの焼け跡を前にすると、母親がウォルターに殺される場面が目に浮かんできました。それは、ジェイクを誘き寄せるためにウォルターが仕掛けた幻影でした。ひどく動揺するジェイクを、ローランドは優しく抱きしめました。

ローランドはジェイクのためにもウォルターを必ず殺すと口にしますが、それはジェイクが望むことではありませんでした。ジェイクはあくまでも暗黒の塔を守護すべきと主張すると、ローランドはこれまでの考えを見直し始めました。

【結】- ダークタワーのあらすじ4

ダークタワーのシーン2 ローランドはジェイクに自らの拳銃を渡し、ガンスリンガーの信条を教え始めました。

我は手で狙い定めぬ
手で狙う者 父親の顔を忘却せり
我は目で狙い定める
我は手で撃たぬ
手で撃つ者 父親の顔を忘却せり
我は”気”で撃つ
我は銃で殺さぬ
銃で殺す者 父親の顔を忘却せり
我は心で殺す

ローランドは信条を唱えながらジェイクに銃の撃ち方を教え、かつて自分に全幅の信頼を寄せてくれた父親のことを思い出しました。

ところが、それからすぐ二人の前にウォルターの幻影が現れ、ローランドが幻影に気を取られている間にジェイクがさらわれてしまいます。ジェイクはただちにポータルで北の荒れ地に移動させられ、ローランドは助けに向かいました。

ウォルターのニューヨークの拠点に到着したローランドは、大勢の敵を前に奮戦します。しかし、すでにポータルの扉は閉じられてしまいました。その間、ジェイクは装置に輝きを吸い取られぬよう必死に抵抗していました。そして、輝きの力を使い、ポータルの扉を再び開かせました。ジェイクの思わぬ能力に驚きながらも、ウォルターはただちに扉の先にいるローランドと対峙しました。

ウォルターは物質を自在に操る能力を駆使し、連戦で疲労するローランドを追い詰めていきました。ついにローランドは倒れてしまいますが、そのとき、扉の向こうにいるジェイクの心の声が語りかけてきました。ジェイクが口にしていたのは、ガンスリンガーの信条でした。その言葉でローランドは目覚め、油断していたウォルターの隙をつき銃を撃ちました。頭を撃たれたウォルターはその場に倒れ、ジェイクは救出されました。そして、ローランドが基地の装置を破壊すると、たちまち基地は崩れ去っていきました。根本世界に戻ると、根本世界と中間世界を舞台にした戦闘で、激しい混乱が生まれていました。

その後、ジェイクはローランドに誘われ、中間世界で生きることを決意しました。「仲間だ」と微笑むローランドの後を追い、ジェイクはポータルのあるビルへ入っていきました。二人が入ると、まもなく激しい光がビルの窓から漏れましたが、道行く人は誰一人その異変に気づきませんでした。

みんなの感想

ライターの感想

スタイリッシュなアクションシーンが何度も登場し、特にかっこいいのが、ローランドが銃に弾をこめる姿は必見です。ストーリーのテンポも良く、物語から伝わる情報量もさほど多くないので、さらっと鑑賞できました。ただ、それだけにキャラの背景をもう少し見たかったという気もします。かなりコンパクトにまとまった作品という印象でした

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ダークタワー」の商品はこちら