「チャーリーとチョコレート工場」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(6件)

ファンタジー映画

【結】– チャーリーとチョコレート工場のあらすじ4

チャーリーとチョコレート工場のシーン4

画像引用元:YouTube / チャーリーとチョコレート工場トレーラー映像

そんな子供たちを気にせず、ウォンカはチャーリーに家の場所を聞きます。そして、チャーリーの家にエレベーターで入りました。エレベーターで帰ってきたチャーリーとジョーおじいちゃんに家族は困惑していました。そんな中、ウォンカは、家族が苦手だったのでぎこちなく手を振りかけました。

チャーリーは家族にウォンカを紹介しました。ウォンカはそこで後継者を探すことを決めたきっかけを話します。ウォンカがある日、髪を切っていた時に1本の白髪を見つけます。このことから、自分の老いが近づいている。工場の後継者が必要だと考えます。

そのために、5枚の金のチケットを用意したのでした。そして、チャーリーに問いかけます。後継者になる気はあるかを。チャーリーは「家族も連れて行けるよね」と質問します。ウォンカはチャーリーだけを工場に連れて行くつもりでした。

そのことを聞いたチャーリーは後継者になることを拒みます。チャーリーには、工場よりも家族が大切だからです。ウォンカは悲しんだ顔を見せながら、エレベーターで一人帰っていくのでした。

それから、チャーリーの家族は家を建て直し、父親は機械の修理をする仕事で家計を潤しました。一方でウォンカはあれ以来、やる気を失くしてしまい上の空でした。ある時、チャーリーが靴磨きをしていると客の男性がウォンカの話題を出しました。

あの工場でウォンカを見てきたチャーリーは、天才だけど家族嫌いと評します。すると、突然男性客は新聞紙を閉じました。そう、客はウォンカだったのです。ウォンカはチョコレートなどの甘いお菓子が嫌いな父親が恐ろしく苦手でした。

そんな彼にチャーリーは、父親に会いに行くことを提案します。その提案にウォンカは迷いますが、自分も一緒に行くとチャーリーが説得したことで、会いに行く決意を固めます。ウォンカの父親は歯医者をしていて、お菓子は虫歯の原因だと、子供に与えませんでした。そんな父親が嫌で家を飛び出しましが、戻ってみると父親の経営していた歯医者は無くなっていました。

現在の父親の住所を見つけたウォンカは、客として店に入ります。ウォンカの歯をみる父親は驚きます。虫歯が一つもなかったのです。そして、歯の形から息子だと気づきました。父親はずっとウォンカのことを見守っていたのでした。その証拠に彼の店には、ウォンカの写真、新聞の記事などが飾ってありました。

数十年ぶりに再会した親子はついに和解します。家族の大切さがわかったウォンカは、チャーリーと彼の家族を工場へ招き工場の中に家を建てました。最後にウォンカチャーリーたちが仲良く暮らし終わります。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「チャーリーとチョコレート工場」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×