映画:ナイトミュージアム1

「ナイトミュージアム1」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ナイト ミュージアムの紹介:2006年公開のアメリカ映画。展示された恐竜の骨格や剥製、人形たちが、夜になると動き出す博物館を舞台に、夜間警備員として働く主人公の活躍を描いたファンタジー・コメディ作品。2009年には続編が作られた。

あらすじ動画

ナイトミュージアム1の主な出演者

ラリー・デイリー(ベン・スティラー)、ニック・デイリー〔ニッキー〕(ジェイク・チェリー)、レベッカ・ハットマン(カーラ・グギノ)、セシル・フレデリックス(ディック・ヴァン・ダイク)、エリカ・デイリー(キム・レイヴァー)、テディ・ルーズベルト(ロビン・ウィリアムズ)

ナイトミュージアム1のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①仕事が続かないラリーは息子のニッキーにいいところを見せたくてニューヨーク自然史博物館の夜警の仕事に就く。博物館ではアクメンラーの石板の力で、日没後になると展示物が動くという秘密があった。 ②リストラされた前任者のセシル、レジナルド、ガスの3人組はアクメンラーの石板を盗もうと企んだ。それを阻止したラリーは展示物と意気投合し、仕事も続ける。

【起】– ナイトミュージアム1のあらすじ1

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。

中年男のラリー・デイリーは、うだつのあがらない人生を送っています。

妻・エリカにはとっくに愛想をつかされて離婚されていました。エリカは株のトレーダーのドンと再婚しています。

ラリーの実の息子・ニッキーも、ドンになついていました。

ラリーは小物の発明が好きで、昔パッチンパッチン産業という会社を立ち上げたものの、会社はすぐに潰れてしまいました。以来、いろんな仕事を転々としています。

仕事と同じく、住む場所も転々としていました。現在はブルックリンに住んでいますが、もし次の職が見つからずにいると、クイーンズ地区に住むことになるかもしれません。

(注:クイーンズ地区は下町でやや治安が悪いところ)

離婚後も定期的に息子のニッキーと会うラリーですが、ニッキーも10歳になり、父親のダメっぷりが理解でき始めています。

これではよくないと考えたラリーは、すぐさま仕事に就かねばならないと考えました。

ハローワークに行き、すぐに働ける仕事を斡旋してもらいます。

ちょうど空いていた…というか、今まで何人送ってもすぐ辞めてしまう職場として、ハローワークの初老女性・デビーは自然史博物館の夜警のアルバイトを紹介しました。

ラリーはそれに飛び付きます…。

ところで、ラリーはすぐに飛びついたために、夜警の仕事だと知りませんでした。時給11ドル50セント(約1260円)です。

自然史博物館で背広姿の恰幅の良い男性・マクフィー館長や、ガイドをする若い女性・レベッカと会ったラリーは、警備室へ移動して警備員の3人衆・セシルとレジナルドとガスに会います。

セシルは総白髪ののっぽの男性で、3人のリーダー格でした。レジナルドは初老の黒人男性、ガスはちびの小太り初老男性です。

自然史博物館は赤字続きで、3人のベテラン夜警を解雇して、新人1人を雇うことにしたそうです。

セシルはラリーに、明日午後5時に引き継ぎの仕事をすると言いました。

帰宅したラリーは元妻のエリカに、仕事が決まったと電話します。

翌日の午後5時。

博物館の鍵とライトとマニュアルを渡されたラリーは「誰1人外に出すな」と言われました。3人組は帰っていきます。

気楽な夜警の仕事だと思っていたラリーですが、見回りを始めたところ、とんでもないことだとすぐに気付きました。ロビー中央にあったはずの、ティラノサウルスの骨格標本がないのです。

最初ラリーはセシルのいたずらで、イリュージョンマジックかと思いました。しかし奥へ進むと骨格標本が動いているのを目撃します。

驚いて逃げたラリーに、ティラノサウルス(レクシー)は骨を投げて寄越しました。

マニュアルを見ると「項目1 骨を投げろ」と書かれています。

ラリーが骨を投げると、レクシーは骨を追っていきました。また持ってきて投げてほしそうにします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ナイトミュージアム1」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×