映画:ハムナプトラ 失われた砂漠の都

「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ハムナプトラ 失われた砂漠の都の紹介:1999年公開のアメリカ映画。砂漠の奥地に眠る〝死者の都〟ハムナプトラに財宝探しに赴いた一行と、生きながら葬られてこの世に再び甦った奇妙なミイラの戦いを描いた冒険アクション。シリーズ化もされた。

あらすじ動画

ハムナプトラ 失われた砂漠の都の主な出演者

リック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)、エヴリン・カナハン(レイチェル・ワイズ)、ジョナサン・カナハン(ジョン・ハナー)、アーデス・ベイ(オデッド・フェール)、イムホテップ(アーノルド・ヴォスルー)、アナクスナムン(パトリシア・ヴェラスケス)、ベニー(ケヴィン・J・オコナー)

ハムナプトラ 失われた砂漠の都のネタバレあらすじ

【起】– ハムナプトラ 失われた砂漠の都のあらすじ1

紀元前1290年エジプトの大司祭・イムホテップは、国王の愛妾・アナクスナムンと恋に落ち、セティ1世を暗殺します。

自害したアナクスナムンを甦らせる儀式の最中にイムホテップは捕まり、人肉を食べる大量の昆虫・スカラベと生きたまま葬られる極刑〝ホムダイ〟に処されました。

…約3000年後の1923年。エジプト革命後の内乱に駆り出された外国人部隊のアメリカ人リック・オコーネルは、部隊が全滅して部下・ベニーにも見放され砂漠を放浪します。

1926年、カイロ刑務所で絞首刑寸前のリックは、エヴリンに救われました。

イギリス人探検家を父に、エジプト人を母に持つエヴリンは、古代博物館に勤務する若い女性です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ