映画:ハリーポッターとアズカバンの囚人3

「ハリーポッターとアズカバンの囚人3」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の紹介:2004年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第3弾の作品。前2作を監督したクリス・コロンバスの降板により、メキシコ人監督アルフォンソ・キュアロンが監督を務めた。

あらすじ動画

ハリーポッターとアズカバンの囚人3の主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)、アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)、セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)

ハリーポッターとアズカバンの囚人3のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①アズカバンの囚人シリウス・ブラックが脱獄した。ブラックはヴォルデモートのしもべで、ハリーの両親の居場所を教えたとされる人物。学校の付近で目撃情報が相次ぎ、吸魂鬼が警備に当たる。 ②ブラックは無実の罪を着せられていた。死んだとされるペティグリューが裏切り者であり、彼はロンのねずみ・スキャバーズになって生きながらえていた。ハリーはブラックを逃がす。

【起】– ハリーポッターとアズカバンの囚人3のあらすじ1

赤ん坊の時に両親を失ったハリー・ポッターは、母の妹であるペチュニアおばさんに引き取られ、ダーズリー家で育てられていました。ダーズリー家はバーノンおじさん、ペチュニアおばさんの夫婦と、ハリーと同い年の少年・ダドリーがいましたが、ハリーは意地悪な一家に邪魔者扱いされ、肩身の狭い思いをして育ちます。

ハリーの11歳の誕生日、ハリーは魔法使いだった両親が闇の魔術を使うヴォルデモート卿に殺害されたと知りました。

ハリーは魔法使いの学校・ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、ロンという少年やハーマイオニーという少女と友情をはぐくみます。

学校に慣れた頃、「賢者の石」がヴォルデモート卿に狙われたのを知ったハリーは、ロンやハーマイオニーと共に戦い、ヴォルデモートを撃退しました(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』参照)…。

2年生の時には、ホグワーツ魔法魔術学校にある『秘密の部屋』が開かれる騒動がありました。その時もハリーはロンやハーマイオニーの助けを借りて、部屋を突き止めます。

途中、ハーマイオニーが石にされ、ロンの妹・ジニーが連れ去られましたが、秘密の部屋に辿り着いたハリーは、闇の王者であるヴォルデモートと戦い、撃退しました(映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』参照)…。

…今年の夏休みも、ハリーはダーズリー家で窮屈な思いをしていました。

ダーズリー家に、マージおばさんがやってきます。バーノンおじさんの妹です。

このマージおばさんはハリーに殊更厳しいのです。

悪口に耐えかねたハリーは、マージおばさんを風船のように膨らませ、そのまま家出しました。

迷子の魔法使い用のバスに乗ろうとしたハリーは、背後に何かの気配を感じます。

ダイアゴン横丁のホテル『漏れ鍋』を行き先に設定したハリーは、バスの中の男が持つ新聞で、アズカバンという牢獄からシリウス・ブラックという囚人が脱獄したと知りました。

『漏れ鍋』の部屋には魔法省の大臣コーネリアス・ファッジが先着しており、マージおばさんの記憶を忘れさせたと言います。

ロンやハーマイオニーと再会した時、ロンの父がハリーに「君に大きな危険が迫っている」と告げました。脱獄した囚人シリウス・ブラックは、ヴォルデモートのしもべなのだそうです。

何を聞かされても、ブラックのことを探すなとハリーは忠告されました。

3人は列車に乗り、学園へ向かいます。客車の中で、3人はR・J・ルーピン先生と一緒の車両になりました。

列車が途中で止まり、電気も止まりました。周囲の気温が下がって息が白くなり、現れたのは吸魂鬼(ディメンター)でした。魂が吸われそうな恐怖を抱いたハリーは硬直し、ルーピン先生に救われます。

ロンやハーマイオニーに聞くと、ハリーが最も恐怖に怯えていたそうです。吸魂鬼に迫られた2人は「一生楽しい気分になれない感じ」と不愉快の念を覚えていましたが、ハリーは圧倒的な恐怖を覚えていました。

ホグワーツで新学期が始まります。ハリーは3年生になりました。

闇の魔術はルーピン先生に、そして新たにハグリッドも魔法生物を教える先生になりました。

監獄から脱獄した者がいるために、学園の外を吸魂鬼が警備に当たるとダンブルドア校長が言いますが、校長はそれを嫌がっているようでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(3件)

ライターの感想

ダンブルドア校長先生役が、今作品から変わってます。
マイケル・ガンボンが以後ずっとこの役を務めるため、一般的にはダンブルドア役、今作品からのほうがしっくりくるのでは。
3年目ということもあり、はしょれるところもある一方で、新たに発覚、判明することも多々あり、徐々に難解になってきてます。
もはや、児童文学とは思えないエリアにまで到達。処刑とかいう言葉、平気で出てくるもんね。
人気のクィディッチシーンは健在。
今作品ではロンとハーマイオニーの2ショットをドラコがからかう、など、2人の仲を徐々に前面に出してくる回でもあります。
  • ペネロピさんの感想

    前二作とは明らかにカラーが違います。ハリーの父親の親友でハリーの名付け親として、ゲイリー・オールドマンが登場します。濡れ衣でアズカバンに収監され、ディメンターにも負けずに脱獄の機会がくることを待っていました。良かった、いい役だしこれからも登場するはず。新しい魔法アイテムの「忍びの地図」と「逆転時計」もクールですよね。シリーズの中でも特別に好きです。

  • ソラさんの感想

    ハリーの出生の秘密が徐々に明らかになっていく第三作目。個人的にシリーズの中で一番大好きな作品ですね。次作から暗い展開になっていきますが、第三作目まではまだ明るさが残っています。個人的にオススメのシーンは、いつもハリーに冷たいスネイプ先生が狼男に変化したルーピン先生から身を挺して庇うシーンですね。後の大事な伏線にもつながる貴重なシーンなのですが、そんなことは一旦置いておいて「スネイプ先生ってちゃんと先生なんだな」って感動してしまいました。

映画の感想を投稿する

映画「ハリーポッターとアズカバンの囚人3」の商品はこちら