映画:ハリーポッターと死の秘宝(PART1)7

「ハリーポッターと死の秘宝(PART1)7」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の紹介:2010年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第7弾(最終章の前編)の作品。原作をより忠実に映像化するために、この最後の作品のみ前編と後編の2部作で制作・公開された。

あらすじ動画

ハリーポッターと死の秘宝(PART1)7の主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、ジニー・ウィーズリー(ボニー・ライト)、セブルス・スネイプ先生(アラン・リックマン)、ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)

ハリーポッターと死の秘宝(PART1)7のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ダンブルドア校長の死、ヴォルデモートの魔法省占拠、ハリーは校長の遺志を継ぎ、分霊箱を探すことにする。ロケットは手に入れて破壊したが、手がかりが見つからない。 ②ハリーたちは分霊箱を探して放浪の旅に出るが、ロンと衝突と和解をおこなう。死の秘宝に大きなヒントが隠されていると気付いたハリーは、大詰めに入る。

【起】– ハリーポッターと死の秘宝(PART1)7のあらすじ1

赤ん坊の時に両親を失ったハリー・ポッターは、母の妹であるペチュニアおばさんに引き取られ、ダーズリー家で育てられていました。ダーズリー家はバーノンおじさん、ペチュニアおばさんの夫婦と、ハリーと同い年の少年・ダドリーがいましたが、ハリーは意地悪な一家に邪魔者扱いされ、肩身の狭い思いをして育ちます。

ハリーの11歳の誕生日、ハリーは魔法使いだった両親が闇の魔術を使うヴォルデモート卿に殺害されたと知りました。

ハリーは魔法使いの学校・ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、ロンという少年やハーマイオニーという少女と友情をはぐくみます。

学校に慣れた頃、「賢者の石」がヴォルデモート卿に狙われたのを知ったハリーは、ロンやハーマイオニーと共に戦い、ヴォルデモートを撃退しました(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』参照)…。

2年生の時には、ホグワーツ魔法魔術学校にある『秘密の部屋』が開かれる騒動がありました。その時もハリーはロンやハーマイオニーの助けを借りて、部屋を突き止めます。

途中、ハーマイオニーが石にされ、ロンの妹・ジニーが連れ去られましたが、秘密の部屋に辿り着いたハリーは、闇の王者であるヴォルデモートと戦い、撃退しました(映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』参照)…。

ハリーが3年生の時には、アズカバンの囚人シリウス・ブラックが脱獄しました。ブラックはヴォルデモートの手先で、ハリーの両親の居場所を売り渡した者と思われていましたが、そうではないとハリーは狼人間のルーピン先生によって知らされます。

本当の裏切り者はピーター・ペティグリューという男で、彼は死んだとみせかけて、ずっとロンのねずみ・スキャバースになりすましていました。

スキャバース逃亡により、ブラックは濡れ衣を着せられたままですが、身を隠しました(映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』参照)…。

4年生になったハリーのホグワーツ魔法魔術学校では、他校を招いたイベントが行なわれます。

各学校の代表選手によって試合が行なわれますが、セドリックと共にハリーも選手に選ばれました。

課題をクリアして優勝杯に手を伸ばしたセドリックとハリーは罠にはまり、墓場に移動します。そこでヴォルデモートの復活の儀式が行なわれ、セドリックは殺されました。

ヴォルデモート復活をハリーは知りますが、世間ではまだ、認知されていません(映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』参照)…。

ハリーが5年生の時には、復活したヴォルデモートに立ち向かうために、大人たちのあいだで「不死鳥の騎士団」が結成されました。

しかしヴォルデモート復活を信じたくない魔法省はホグワーツへの介入を決め、アンブリッジという女性が派遣されます。

アンブリッジは規則でがんじがらめにし、ハリーたちは窮屈な思いをしました。実技が必要ないと言われたハリーたちは、自分たちで「ダンブルドア軍団」を作り、練習に励みます。

ヴォルデモートとの戦いで名付け親のブラックを失ったハリーですが、争いを魔法省の大臣らが目撃し、ヴォルデモート復活がやっと信じられました。嘘つき呼ばわりされていたハリーの容疑が晴れ、学園への魔法省の介入もやみます(映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』参照)…。

復活が露見したヴォルデモートは本格的に活動を開始し、マグル(人間)界でも異常気象や異常な事件が勃発します。

ハリーはダンブルドア校長に頼まれ、魔法薬学のスラグホーン先生に接近し、学生時代のヴォルデモートが何を知りたがったか探れと言われました。

学校にあった魔法薬学の本には「半純血のプリンス」の詳細な書き込みがあり、ハリーは夢中になります。「半純血のプリンス」の正体はスネイプ先生でした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(2件)

ライターの感想

今作品は、ずうっとシリアス路線が続きます。
なかなか見つからない分霊箱。その苦労を描くためなんだろうけども、正直これだけで2時間半はきつい。
途中、ハリーとロンが衝突、そして和解というイベントもあるが、もうちょっと尺を縮められるような気がする。
終盤になってばたばたと事が動き始めた感じ。
ロン合流を待たずとも、もっと早い段階でラブグッド氏のところへ行けたよね?
次の作品はいよいよファイナル。次はハイテンションスタートで、ぐいぐい進む作品。
  • ペネロピさんの感想

    パート1だけで感想を語っていいものか。確かに長かった印象もありますが、、ダンブルドアを失い、マッドアイ、ドビーまで失い、それからロンと仲違いをしたり、やっぱり君が必要って再確認できたり、ハーマイオニーは両親に忘却術をかけたり、家族愛や友情も描かれています。ポリジュースでみんなでハリーになったり、ハリーとハーマイオニーをあやしんだり、面白いシーンもありました。心が操られてしまうロケットに翻弄されたり。ダークさがどんどん増しますが、終わってしまう悲しさはありますが、続きが観たくてたまらないですね。

映画の感想を投稿する

映画「ハリーポッターと死の秘宝(PART1)7」の商品はこちら