映画:ハリーポッターと死の秘宝(PART2)8完結

「ハリーポッターと死の秘宝(PART2)8完結」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(9件)

映画「ハリーポッターと死の秘宝(PART2)8完結」の感想

ライターの感想

最後に来て一気に話が怒涛の展開。 正直申し上げると、私はこのひとつ前のPart.1は退屈でならなかった。 分霊箱を探す旅が苦労を伴うものだということを訴えたいのは判るのだが、それにしても話がこう着して進まないのがもどかしい。 しかしPart.2は、のっけから話がどんどん展開…。理解が追いつくのが大変なくらい。 …Part.1にもうちょっと割いておけばよかったのに。確かに、ニワトコの杖をヴォルデモートが手にしたところでPart.1が引き、というのはかっこいいんだけどね。 分霊箱があと何個かとかいうのも、ごっちゃになりそう。 ネビルの秘密についてはけっきょく映画では触れられずじまい。 しかしシリーズのラストらしく、見応えはある(『ハリー・ポッターと呪いの子』を外せば実質的な映画のラスト)。
  • 小林勉さんの感想

    おもしろすぎ

  • アミヨシコさんの感想

    ようやく完結!映画シリーズも半分くらい暗い戦争の話に突入して、だんだん見るのがつらくなっていた。生き残りの少年だからって、みんなハリーになんでも託しすぎだと思う。まだ子供なのに!陰ながら守護天使のように守ってくれていたスネイプ先生、この映画を見たあとで最初の「賢者の石」から見直すとものすごいツンデレだとわかる。ネビルが血塗れになりながら剣を奮うシーンや、ドラコをハリーが助ける場面など、クライマックスにふさわしい胸熱展開がたくさん。なかでもマクゴナガル先生が学校を石像を動かす呪文を唱えて、「これ前から使ってみたかったの!」ってはしゃぐシーンがかわいくて大好き。

  • きなこさんの感想

    シリーズの集大成、有終の美といえる最終作でした。ハリーの宿命、成長、今までの出来事を思い感傷に浸りました。
    原作のスケールを描き切った事、1作目当時あんなに小さかった主要3人他多くの俳優が、最終作まで10年間続投した事、本当にすごい事だと思っています。
    シリーズ全作見て、尋常でないワクワク感がたっぷりだった1作目賢者の石と、ダークな雰囲気で重厚なドラマが描かれた今作と、同列No.1で好きです。
    ハリーの物語が始まった瞬間を再現し、また新たな物語の始まりでもあるラストシーンも大好きです。

  • ペネロピさんの感想

    原作を読んで知っていましたが、スネイプに涙しました。でも本音はもっと細かな描写がほしかったです。ひとりひとりが自由に想像している原作の世界観を映像化できるのか、始まった当初は心配もありましたが、大満足で完結しました。ホグワーツはボロボロです。多くの犠牲がありました。でもそれを上回る大団円です。ネビルもかっこよかった。ロンのお母さんも見せてくれた。終わってしまって残念なんだけど爽快でもあります。10年ありがとうという気持ちです。

  • 。さんの感想

    少し登場人物の名前が間違えています。 本を読めば正しい名前が分かりますよ。(例 ルーピン→ルーペン
    本を読んで名前を正しいものに変えるともっといいものになると思います!

  • 今さらですが、、さんの感想

    オリバンダー(杖屋)とグリップフック(ゴブリン)が融合しちゃってる

  • ひかさんの感想

    少し怖っかたです

  • ルナさんの感想

    感動しまくった

1 2 3 4 5

「ハリーポッターと死の秘宝(PART2)8完結」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×