映画:ハリーポッターと炎のゴブレット4

「ハリーポッターと炎のゴブレット4」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの紹介:2005年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第4弾の作品。魔法界を揺るがす闇の魔法使い・ヴォルデモートの復活や、ハリーをはじめとする仲間たちの恋愛模様などが描かれている。

あらすじ動画

ハリーポッターと炎のゴブレット4の主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、セドリック・ディゴリー(ロバート・パティンソン)、ビクトール・クラム(スタニスラフ・アイエネフスキー)、チョウ・チャン(ケイティ・リューング)

ハリーポッターと炎のゴブレット4のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①三大魔法学校対抗試合が行なわれ、立候補者の中から炎のゴブレットが選手を決める。ホグワーツからはセドリックが選出されるが、ハリーも代表になった。ズルをしたと思われ、ロンとハリーは絶交。 ②誤解が解けてロンと和解したハリーは試合で得点を稼ぎ、セドリックと優勝杯を同時に手にする。優勝杯が移動キーという罠で墓場に飛ばされ、セドリックは殺され、ハリーの血がヴォルデモートの復活の儀式に使われた。ヴォルデモートは復活。

【起】– ハリーポッターと炎のゴブレット4のあらすじ1

赤ん坊の時に両親を失ったハリー・ポッターは、母の妹であるペチュニアおばさんに引き取られ、ダーズリー家で育てられていました。ダーズリー家はバーノンおじさん、ペチュニアおばさんの夫婦と、ハリーと同い年の少年・ダドリーがいましたが、ハリーは意地悪な一家に邪魔者扱いされ、肩身の狭い思いをして育ちます。

ハリーの11歳の誕生日、ハリーは魔法使いだった両親が闇の魔術を使うヴォルデモート卿に殺害されたと知りました。

ハリーは魔法使いの学校・ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、ロンという少年やハーマイオニーという少女と友情をはぐくみます。

学校に慣れた頃、「賢者の石」がヴォルデモート卿に狙われたのを知ったハリーは、ロンやハーマイオニーと共に戦い、ヴォルデモートを撃退しました(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』参照)…。

2年生の時には、ホグワーツ魔法魔術学校にある『秘密の部屋』が開かれる騒動がありました。その時もハリーはロンやハーマイオニーの助けを借りて、部屋を突き止めます。

途中、ハーマイオニーが石にされ、ロンの妹・ジニーが連れ去られましたが、秘密の部屋に辿り着いたハリーは、闇の王者であるヴォルデモートと戦い、撃退しました(映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』参照)…。

ハリーが3年生の時には、アズカバンの囚人シリウス・ブラックが脱獄しました。ブラックはヴォルデモートの手先で、ハリーの両親の居場所を売り渡した者と思われていましたが、そうではないとハリーは狼人間のルーピン先生によって知らされます。

本当の裏切り者はピーター・ペティグリューという男で、彼は死んだとみせかけて、ずっとロンのねずみ・スキャバースになりすましていました。

スキャバース逃亡により、ブラックは濡れ衣を着せられたままですが、身を隠しました(映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』参照)…。

14歳になったハリーは、夢を見ます。

ヴォルデモートが自身の取り巻き・ワームテール(ピーター・ペティグリューのこと)と密談を交わしており、その内容がハリーを殺すというものです。

そこにはひとり、ハリーの知らない顔がありました。ワームテールには闇の印として、剣とヘビのタトゥーが腕に入れられています。

それをたまたま小耳に挟んだマグル(人間)の老人が、横を通ったヘビに告げ口され、ヴォルデモートに殺されます。

そんな夢を見たハリーは、ハーマイオニーに起こされました。

ハリーはロンの家を訪れており、これからクィディッチ・ワールドカップの観戦に出かけるのです。

ロンの父の魔法省の同僚エイモス・ディゴリーと、その息子・セドリックと共に山に出かけた一行は、1足の靴を移動キー(ポートキー)というのを使って移動しました。それを持っていると、みんな同じ場所にワープできるのです。

会場はすでに大勢の魔法使いでにぎわっていました。

一見すると小さなテントにしか見えない場所が、入ると中は屋敷になっているのを見て、ハリーは「魔法ってすごい」と改めて思います。

夜、試合が始まりました。会場でハリーはドラコ・マルフォイ親子に会います。

その日はアイルランドチームとブルガリアチームの対戦でした。ブルガリアチームには、今、世界一のシーカーと名高いクラム・ビクトールという青年が選手として所属しており、人気を博しています。

試合観戦の後の会場を、死喰い人(デス・イーター)が襲ってきました。死喰い人はヴォルデモートの手下たちです。

ドクロとヘビのマーク、闇の印が空に打ちあげられて、たまたま真下で気絶していたハリーが打ちあげたものと誤解されました。

ホグワーツ魔法魔術学校へ向かう列車の車中で、ハリーはハーマイオニーから「今度の事件と夢の内容を、シリウス・ブラックに知らせた方がいい」と助言されます。

ハリーはそれに従い、ブラックに手紙を送りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ハリーポッターと炎のゴブレット4」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×