映画:ハリーポッターと秘密の部屋2

「ハリーポッターと秘密の部屋2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ハリー・ポッターと秘密の部屋の紹介:2002年公開のイギリス&アメリカ映画。J・K・ローリングのファンタジー小説の映画化で、ハリウッドのワーナー・ブラザーズ製作のシリーズ第2弾の作品。ダンブルドア校長役のリチャード・ハリスの遺作となった。

あらすじ動画

ハリーポッターと秘密の部屋2の主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)、アルバス・ダンブルドア(リチャード・ハリス)、セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)

ハリーポッターと秘密の部屋2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①2年生になったハリーだが、学校で不気味な事件が発生。管理人・フィルチの猫を皮切りに、マグル(人間)出身の者が連続して石にされる。「秘密の部屋」が復活したらしい。 ②ハーマイオニーも石にされ、ハリーとロンは解明に乗り出す。50年前に生徒だったトム・リドルがヴォルデモートで、ロンの妹・ジニーを操っていた。ハリーはリドルを撃退。

【起】– ハリーポッターと秘密の部屋2のあらすじ1

赤ん坊の時に両親を失ったハリー・ポッターは、母の妹であるペチュニアおばさんに引き取られ、ダーズリー家で育てられていました。ダーズリー家はバーノンおじさん、ペチュニアおばさんの夫婦と、ハリーと同い年の少年・ダドリーがいましたが、ハリーは意地悪な一家に邪魔者扱いされ、肩身の狭い思いをして育ちます。

ハリーの11歳の誕生日、ハリーは魔法使いだった両親が闇の魔術を使うヴォルデモート卿に殺害されたと知りました。

ハリーは魔法使いの学校・ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、ロンという少年やハーマイオニーという少女と友情をはぐくみます。

学校に慣れた頃、「賢者の石」がヴォルデモート卿に狙われたのを知ったハリーは、ロンやハーマイオニーと共に戦い、ヴォルデモートを撃退しました(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』参照)…。

ハリー・ポッターは年度末の休みを、意地悪なダーズリー家で過ごしていました。

以前は階段の下の物置がハリーの部屋でしたが、今回はダドリーの部屋の1つ、2階の一室を与えられています。

相変わらず、ダーズリー家のおじさんとおばさんは、ハリーにひどい扱いをしました。

しかしハリーが気になるのは、休みに誰も友だちから手紙が来ないことです。友情など嘘っぱちだったのかと、小さく傷ついていました。

その日はメイソン夫妻がダーズリー家を訪問する、大事な日でした。おじさんはハリーに、決して部屋から出てきてはならないと命令します。

部屋に戻ると、屋敷しもべのドビーという妖精がいました。ドビーはハリーに、罠が仕掛けられているのでホグワーツ魔法魔術学校に戻っては駄目だと忠告します。

(ドビーがどこの屋敷の者なのかは、映画のラストで判明する)

ドビーはハリーが学校に戻りたくないように、友だちからの手紙を隠していました。ハリーは手紙がこなかった理由を知ります。

ドビーはハリーに学校に戻らぬよう、脅しました。来客のメイソン夫妻がとばっちりを食い、ケーキを頭からかぶります。

怒ったおじさんはハリーの窓に格子をつけ、部屋から出ないようにしました。

いくら手紙を送っても応答がないので、心配したロンと双子の兄フレッド&ジョージが、夜に空飛ぶ車で様子を見にきます。

ロンはハリーの部屋の窓に格子がはめられているのを見て、それを外してハリーを連れ去りました。

ハリーはそのまま、ロンの家に滞在します。

ロンには1つ年下の妹・ジニーがいました。ジニーはハリーの噂を聞いて憧れており、ハリーと会えたことを嬉しく思います。

新学期を前に、ウィーズリー一家とダイアゴン横丁に買い物に行くことになりました。

暖炉で灰を撒きながら行き先を言うと、そこへ移動できるのです。

しかしハリーは発音を誤ったために、ダイアゴン横丁の裏手にある「ノクターン(闇の町)横丁」に移動してしまっていました。怪しい風体の輩に囲まれて不安なハリーを、ハグリッドが助けます。

ハーマイオニーと再会したハリーは、書店で男性作家ギルデロイ・ロックハートのサイン会を見ました。ギルデロイは女性に人気の作家でした。

嫌な同級生ドラコ・マルフォイと会ったハリーは、ドラコの父ルシウス・マルフォイとも会います。ルシウスもやはり嫌な魔法使いでした。

駅のホームに行ったロンとハリーは、9と4分の3番線に行けずに壁に激突します。

電車に乗り遅れた2人は、空飛ぶ車で列車を追いかけました。そのまま学校まで行きます。

暴れ柳に激突した拍子に、ロンの魔法の杖が壊れました。後日、ロンはテープで補修しますが、今年度のロンの魔法は暴走します。

暴れ柳は怒って車に攻撃をし、車も怒ってロンとハリーと荷物を放りだすと、どこへともなく去りました(空飛ぶ車は後でまた登場する)。

空飛ぶ車でロンが飛び立ったところを、7人のマグル(人間)が目撃したことがばれ、2人はダンブルドア校長に叱られます。

退学処分にはならなかったものの、ロンの母はほえメールという手紙で怒りました。このせいで、ロンは今年度、新たな杖を買ってもらえません。

書店でサイン会を開いていたギルデロイ・ロックハートが、闇の魔法学の先生をすることになりました。

しかしギルデロイ先生は、あまりあてになりません。ピクシー小妖精というイタズラ好きの小悪魔を出して退治するよう生徒に命じますが、収拾がつかなくなりました。先生は早々に退散します。

ハーマイオニーの魔法でピクシーは静止したものの、教室内はパニックでした。

サッカーに似た競技・クィディッチは、スリザリンチームにドラコが入ります。

両親がマグル(人間)のハーマイオニーに対し、ドラコは最大の屈辱文句「穢れた血」という言葉を浴びせました。ロンが杖で呪いをかけようとしますが、修理が上手にできていないので、呪いがロン自身にはね返ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

「秘密の部屋」に到達するまでが長い。しかもイメージがまるで違う。
「秘密の部屋」って言われると、書斎の一部に隠し扉があって、その裏に綺麗な部屋が…みたいなイメージ。
しかし実際は「下水みたいなパイプだらけ」「その奥にヘビ、ヘビ」。
ヘビ嫌いにはたまらないかも。そうそ、クモ嫌いにもたまらないよね、この作品は。
しかし徐々にヴォルデモートの秘密にたどりついていく感じと、謎解きの要素が加わり、はらはらどきどきさせられる。
ハグリッドが送られていた「アズカバン」については、次の作品で明らかに。

映画の感想を投稿する

映画「ハリーポッターと秘密の部屋2」の商品はこちら