映画:ハリーポッターと謎のプリンス6

「ハリーポッターと謎のプリンス6」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ハリー・ポッターと謎のプリンスの紹介:イギリスの作家J・K・ローリング原作の「ハリー・ポッター」シリーズ第6作。復活した宿敵ヴォルデモートを倒す為にヴォルデモートの過去を探る主人公の少年ハリー。そしてホグワーツ魔法魔術学校の校長ダンブルドアと共に、ヴォルデモートを倒す鍵となる”分霊箱”を探す旅に出ます。

あらすじ動画

ハリーポッターと謎のプリンス6の主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)、セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)、ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)

ハリーポッターと謎のプリンス6のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①復活が露見したヴォルデモートは容赦なく攻撃を開始、マグル(人間)界にもその被害が及ぶ。スラグホーン先生の大事な記憶をもらうよう、ハリーは校長に頼まれた。偶然得た本には「半純血のプリンス」という名で細かな書き込みがあり、参考になる。 ②半純血のプリンスのおかげでスラグホーン先生に接近したハリーは、ヴォルデモートが魂を7つの分霊箱に入れていると知る。半純血のプリンスとはスネイプ先生のことで、校長はスネイプ先生に倒された。

【起】– ハリーポッターと謎のプリンス6のあらすじ1

赤ん坊の時に両親を失ったハリー・ポッターは、母の妹であるペチュニアおばさんに引き取られ、ダーズリー家で育てられていました。ダーズリー家はバーノンおじさん、ペチュニアおばさんの夫婦と、ハリーと同い年の少年・ダドリーがいましたが、ハリーは意地悪な一家に邪魔者扱いされ、肩身の狭い思いをして育ちます。

ハリーの11歳の誕生日、ハリーは魔法使いだった両親が闇の魔術を使うヴォルデモート卿に殺害されたと知りました。

ハリーは魔法使いの学校・ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、ロンという少年やハーマイオニーという少女と友情をはぐくみます。

学校に慣れた頃、「賢者の石」がヴォルデモート卿に狙われたのを知ったハリーは、ロンやハーマイオニーと共に戦い、ヴォルデモートを撃退しました(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』参照)…。

2年生の時には、ホグワーツ魔法魔術学校にある『秘密の部屋』が開かれる騒動がありました。その時もハリーはロンやハーマイオニーの助けを借りて、部屋を突き止めます。

途中、ハーマイオニーが石にされ、ロンの妹・ジニーが連れ去られましたが、秘密の部屋に辿り着いたハリーは、闇の王者であるヴォルデモートと戦い、撃退しました(映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』参照)…。

ハリーが3年生の時には、アズカバンの囚人シリウス・ブラックが脱獄しました。ブラックはヴォルデモートの手先で、ハリーの両親の居場所を売り渡した者と思われていましたが、そうではないとハリーは狼人間のルーピン先生によって知らされます。

本当の裏切り者はピーター・ペティグリューという男で、彼は死んだとみせかけて、ずっとロンのねずみ・スキャバースになりすましていました。

スキャバース逃亡により、ブラックは濡れ衣を着せられたままですが、身を隠しました(映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』参照)…。

4年生になったハリーのホグワーツ魔法魔術学校では、他校を招いたイベントが行なわれます。

各学校の代表選手によって試合が行なわれますが、セドリックと共にハリーも選手に選ばれました。

課題をクリアして優勝杯に手を伸ばしたセドリックとハリーは罠にはまり、墓場に移動します。そこでヴォルデモートの復活の儀式が行なわれ、セドリックは殺されました。

ヴォルデモート復活をハリーは知りますが、世間ではまだ、認知されていません(映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』参照)…。

ハリーが5年生の時には、復活したヴォルデモートに立ち向かうために、大人たちのあいだで「不死鳥の騎士団」が結成されました。

しかしヴォルデモート復活を信じたくない魔法省はホグワーツへの介入を決め、アンブリッジという女性が派遣されます。

アンブリッジは規則でがんじがらめにし、ハリーたちは窮屈な思いをしました。実技が必要ないと言われたハリーたちは、自分たちで「ダンブルドア軍団」を作り、練習に励みます。

ヴォルデモートとの戦いで名付け親のブラックを失ったハリーですが、争いを魔法省の大臣らが目撃し、ヴォルデモート復活がやっと信じられました。嘘つき呼ばわりされていたハリーの容疑が晴れ、学園への魔法省の介入もやみます(映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』参照)…。

ハリーもいよいよ6年生です。ホグワーツ魔法魔術学校は7年制なので、ハリーたちも上級生になりました。

ヴォルデモートの復活が世間に知られたので、ヴォルデモートの方も容赦ない攻撃を始めます。

マグル(人間)界にもその影響は及びました。ミレニアム橋が崩落しますが、原因不明とされます。異常気象や異変が続発しました。

ある日、ハリーはスピナーズ・エンド駅のカフェに入り、予言日刊者新聞を読みます。

(ダーズリー家に被害が及ぶのを恐れて、旅をしている節があり)

そこのウエイトレスの女性がハリーの持つ新聞に興味を示し、よければ閉店後に会おうと言いました。

カフェを出たハリーは、向かいのホームにダンブルドア校長がいるのを見つけ、そこへ行きます。

校長はハリーに同行を頼み、2人は姿現しの術でバドリー・ババートン村へ行きました。そこに校長が望む旧友で元同僚の、ホラス・スラグホーンという先生がいるのです。

スラグホーンは学校に戻ることを断ろうとしますが、有名なハリー・ポッターが同席したことで、校長の頼みを引き受けました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ハリーポッターと謎のプリンス6」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×