映画:ハリーポッターと謎のプリンス6

「ハリーポッターと謎のプリンス6」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

映画「ハリーポッターと謎のプリンス6」の感想

ライターの感想

回を重ねるにつれ、徐々に難しくなっていくこのシリーズ。楽しくもあるんだけど。 今回「謎のプリンス」「半純血のプリンス」がスネイプ先生と発覚。 学業どころではなかった前作品と較べ、今作品は久しぶりに学園もの。 とはいうものの、ダンブルドア校長からお願いをされるハリー。 …いままで校長から何かをハリーに頼むって、なかったもんね。 あからさまに死亡フラグ、そういう意味では立ってしまっています。 いよいよ物語は最終話に向かっていくわけだけど、次の作品はまた無駄に長い!
  • qさんの感想

    面白い

  • アミヨシコさんの感想

    どんどんシリアスな展開になるので、原作を読んで内容を知ってはいてもハラハラしてしまう。今回の映画は彼の独壇場と言っても過言ではないくらい、ロンが大活躍。彼がクッション材となって笑わせてくれるので、何とか耐えられるくらいの暗さ。スネイプ先生のお茶目な一面も見られて楽しい反面、彼の悲しすぎる人生を考えると辛い。

  • ペネロピさんの感想

    復活を遂げたヴォルデモートを葬るには、7つの分霊箱を破壊しなくてはいけません。ダンブルドア校長はハリーの力を借りなくては無理と判断します。もともと特別な子でしたが、唯一無二の魔法界を救える人物に成長しました。いろいろ画策するけどドラコはやっぱり強くない。まだまだスネイプの立場はわからない。監督が代わってから色合いが違ってきたこのシリーズですが、それでも目が離せません。

1 2 3 4 5

「ハリーポッターと謎のプリンス6」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×