映画:パディントン2

「パディントン2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

パディントン2の紹介:2017年製作のイギリス&フランス合作映画。ペルーからロンドンにやってきたクマのパディントンと周囲の人々とのふれあいを描く、マイケル・ボンドの児童文学を映像化し人気を博したファンタジーの続編。世界にたった一冊しかない飛び出す絵本を手に入れようとするが、無実の罪で刑務所生活を送るはめになったパディントンが度重なるトラブルを克服していくさまがつづられる。

あらすじ動画

パディントン2の主な出演者

パディントン(ベン・ウィショー&松坂桃李:声)、ヘンリー・ブラウン(ヒュー・ボネヴィル)、メアリー・ブラウン(サリー・ホーキンス)、ジュディ・ブラウン(マデリン・ハリス)、ジョナサン・ブラウン(サミュエル・ジョスリン)、バード夫人(ジュリー・ウォルターズ)、サミュエル・グルーバー(ジム・ブロードベント)、フェニックス・ブキャナン(ヒュー・グラント)、ナックルズ(ブレンダン・グリーソン)、カリー(ピーター・カパルディ)、フィブス(ノア・テイラー)、ルーシーおばさん(イメルダ・スタウントン:声)

パディントン2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ロンドンのブラウン家で楽しく暮らすパディントンは、ルーシーおばさんの100歳の誕生日に、飛び出す絵本のプレゼントを考えた。絵本を買うために働き始めるが、絵本泥棒を捕まえようとした際に犯人と間違われて投獄される。 ②絵本には宝を隠したヒントが書かれていた。ブラウン一家はお向かいの役者・ブキャナンが犯人と突き止め、脱獄したパディントンと共にブキャナンを逮捕。パディントンはルーシーおばさんと再会を喜ぶ。

【起】– パディントン2のあらすじ1

その昔。

イギリスのある探検家・モンゴメリーが「暗黒の地ペルー」へ探検に行きました。当時のイギリス人にとっては、ペルーは未開の土地に近いものだったのです。

モンゴメリーはあるクマ夫婦と親交を深め、彼らに「パストゥーゾ」「ルーシー」という名をつけました。

それ以来、クマ夫婦にとっては、イギリスは憧れの土地になります。

クマ夫婦が育てた小さなクマ・パディントンは、育ての親の憧れの土地、イギリスのロンドンへ行くことになりました。

パディントンはロンドンへ行き、親切な家族・ブラウン一家に迎え入れられました(映画『パディントン』参照)…。

〔クマの暦(こよみ)で数年前…〕

パストゥーゾとルーシーのクマ夫妻は、子どもがいませんでした。

夫妻は探検家・モンゴメリーに聞いたイギリス・ロンドンという土地に憧れており、住み慣れたペルーを発って、イギリスへ渡ろうと考えていました。

ところが大雨の日、濁流に流されている子どものクマ・パディントンを見つけ、2人は助けます。

助けたルーシーは、ロンドン行きよりも、この土地に残ってパディントンを育てる方を優先しました…。

〔現在、2017年〕

ブラウン一家に迎え入れられたパディントンは、イギリス・ロンドンのウィンザー・ガーデンで暮らしていました。

ご近所の人ともすっかり打ち解け、パディントンは快適な生活を送っています。

ブラウン家の父・ヘンリーは生真面目な男で、相変わらずリスク管理の仕事をしています。

最近では中年の危機を嘆いています。

母・メリーは心優しい女性で、冒険小説の挿絵作家をしていました。

この夏、ずっと冒険物語の挿絵を描いていた衝動で、ただいま「フランスに冒険したい」と思っています。

ドーバー海峡を泳いで往復したいため、現在は泳ぎの猛特訓中でした。

長女のジュディは10代後半の少女です。

付き合っていたトニーに振られたばかりのジュディは、尼さんになるという衝動を克服し、現在では女子だけの学校新聞を作るのに、精を出していました。

中学校へあがった長男・ジョナサンは、宇宙飛行士になる夢から、SLへ移行していました。

SLオタクになったジョナサンですが、学校ではひた隠しにしています。

赤い帽子に青いダッフルコートのクマ・パディントンの作るマーマレードは、どこへいっても大好評でした。

ごみ収集車に乗るバーンズや、近所の紳士・ジャフリ先生とも挨拶を交わす仲です。

近所の野良犬・ウルフィーという友だちもできて、パディントンは楽しい生活を送っていました。

パディントンの存在にあまりいい顔をしないのは、カリーさんというご老人と、お向かいの元俳優フェニックス・ブキャナンです。

カリーさんはこの町の平穏を守るために、警官でもないのですが制服を着て、近所の平和のために活動していました。パディントンが嫌いなわけではなく、クマという異質な存在が町にあるのを嫌っています。

ブキャナンは元俳優ですが、現在はハーレイ・グルメのドッグフードのCMくらいしか、仕事がありませんでした。要は落ち目の俳優なわけです。

別にこれという理由はありませんが、パディントンが幸福そうな顔をして暮らしているのが、気に入らないのです。

パディントンの故郷・ペルーの老クマホームにいるルーシーおばさんが、100歳の誕生日を迎えることになりました。

パディントンはお世話になったルーシーおばさんに、なにかいいプレゼントをしたいと考えます。

その矢先、パディントンは骨董品屋を経営するサミュエル・グルーバーというご老人から、いいものを見せてもらいました。

それは飛び出す絵本ですが、ロンドンの街をモチーフに作られたものでした。

絵本は遊園地の主催者マダム・コズロヴァのもので、マダムがこの町にいるあいだに売りたいと思っているのだそうです。

絵本を見た瞬間から、パディントンは「これこそがプレゼントにふさわしい」と思いました。

絵本の世界で、ルーシーおばさんとロンドン名所観光する自分を思い描いたパディントンは、絵本を買うために働こうと考えます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パディントン2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×