「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅1」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の紹介:2016年製作の日本映画。『ハリー・ポッター』シリーズのJ.K.ローリングが原作・脚本を手がけるファンタジー。ホグワーツ魔法魔術学校で学び、魔法使いになった魔法動物好きの青年スキャマンダーが、NYで逃してしまった魔法動物を捜そうと大冒険を繰り広げる。『リリーのすべて』のエディ・レッドメインが主人公のスキャマンダーを演じる。

あらすじ動画

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅1の主な出演者

ニュート・スキャマンダー – エディ・レッドメイン(宮野真守) ポーペンティナ(ティナ)・ゴールドスタイン – キャサリン・ウォーターストン(伊藤静) ジェイコブ・コワルスキー – ダン・フォグラー(間宮康弘) クイニー・ゴールドスタイン – アリソン・スドル(遠藤綾) パーシバル・グレイブス – コリン・ファレル(津田健次郎) セラフィーナ・ピッカリー – カルメン・イジョゴ(深見梨加) クリーデンス・ベアボーン – エズラ・ミラー(武藤正史) メアリー・ルー・ベアボーン – サマンサ・モートン(佐々木優子) ナーラク – ロン・パールマン(大友龍三郎) ヘンリー・ショー・シニア – ジョン・ヴォイト(堀勝之祐) ヘンリー・ショー・ジュニア – ジョシュ・カウダリー(英語版)(土田大) ラングドン・ショー – ローナン・ラフテリー(英語版)(小林親弘) モデスティ・ベアボーン – フェイス・ウッド=ブラグローブ(宇山玲加) チャスティティ・ベアボーン – ジェン・マーリー(英語版)(川上彩) ギルバート・ビングリー – ピーター・ブライトメイヤー(小島敏彦) レッド – ダン・ヘダヤ(堀越富三郎) アバナシー – ケヴィン・ガスリー(英語版)(粟野志門) エスポジト夫人 – エリー・ハディントン(英語版)(杉浦慶子) ハインリヒ・エバーシュタット – マーティン・オーエルベーマン(長谷川敦央) マダム・ヤ・ジョウ – ジェンマ・チャン(土井真理) サム – マシュー・ウィルソン(落合福嗣) リタ・レストレンジ – ゾーイ・クラヴィッツ ゲラート・グリンデルバルド – ジョニー・デップ(平田広明)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅1のネタバレあらすじ

【起】– ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅1のあらすじ1

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅1のシーン1

画像引用元:YouTube / ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅1トレーラー映像

人間たちは知りませんが、この世界には魔法使いも人間たちにまぎれて暮らしています。魔法使いたちは人間のことを「非魔法使い(マグル、あるいはノー・マジ)」と呼んでいました。人間たちに知られると警戒、危険視されるため、魔法使いの存在、魔法使いの世界があることを隠して、魔法使いたちはつつましやかに暮らしています。

1926年。アメリカ・ニューヨーク。

イギリスの魔法使いで魔法生物学者のニュート・スキャマンダーは、愛用のトランクを片手に船から降り立ちました。ニュートは密輸されてエジプトで保護された動物・サンダーバードの「フランク」を、故郷であるアリゾナ州の大自然に返すつもりでアメリカにやってきたのです。トランクの中身をチェックする税関職員に対し、ニュートは「人間(マグル)用」に見せるスイッチに切り替えてケースを開きました。衣料品や旅の小物が出てきたので、職員はニュートを通します。

ニューヨークではその頃、建物が突風とともに半壊または全壊するという怪事件が相次いでいました。破壊された建物に住んでいる住民たちは、原因不明なのでいぶかしんでいました。MACUSA(アメリカ合衆国魔法議会)所属の闇祓いであり、魔法保安局長官のパーシバル・グレイブスは破壊された建物を刺殺して調べています。

ニューヨークの街に出たニュートは、今まで見たことのないアメリカの都市を興味深げに見ていました。広場では人間のメアリー・ルー・ベアボーンという女性が通行人に対し、魔女や魔法使いが実在すると訴えていました。ニュートがその演説を見ているとき、ニュートのトランクからニフラーという魔法動物が逃げ出しました。ニフラーはモグラとカモノハシに似た動物で、光り物が大好きな動物です。ホームレスの硬貨を狙って動いているのを見て、ニュートは慌ててニフラーを捕まえようとします。

ニフラーを追って銀行へ入り込んだニュートは、缶詰工場勤務で自分のパン屋を開くための開業資金を融資してもらいたい男性ジェイコブ・コワルスキーと出会います。ジェイコブは銀行員に意欲を見てもらおうと、トランクに手製のパンを詰め込んでいました。ジェイコブはニュートの忘れ物の卵を渡そうと追いかけます。ニュートはニフラーを捕まえますが、街でニュートに目を留めていたティナ・ゴールドスタインに見とがめられました。魔法を人間に見せた第3条のA違反の罪で、ニュートはティナに逮捕されます。それまでニュートといっしょに行動したジェイコブは、オカミーという翼をもつヘビのような動物の孵化を見たり、ニフラーが金庫で金を奪うさまを見たりして、驚いていました。ニュートが目を離した隙に、記憶を抜かれることなく逃げ出していました。

ティナは元闇祓いでしたが、異動になって現在は魔法の杖認可局の職員です。ティナはニュートをMAKUSA(マクーザ)に連れて行きますが、議長の女性セラフィーナ・ピッカリーは仕事が立て込んでいて不機嫌そうな顔をしていました。それでもティナのいうことをきき、ニュートの所持品を調査するためにトランクを開けますが、なかにはパンが入っているだけでした。ジェイコブのトランクと入れ替わってしまっていたのです。

同じ頃、ジェイコブは帰宅してトランクを開けました。なかからニュートの魔法動物が出てきたので、思わずあとずさりします。魔法動物たちはてんでに出ていってしまいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅1」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×