映画:ブラッドウォリアー(2017年)

「ブラッドウォリアー(2017年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

ブラッド・ウォリアー(2017年)の紹介:戦争の絶えない惑星を舞台にしたSFファンタジー。仲間に裏切られた戦士がある王国の王女に助けられ、再び立ち上がる姿を描く。監督を務めたのは本作が長編映画デビューとなるブレント・ライアン・グリーン監督で、マーティン・スコセッシ監督の「沈黙‐ サイレンス‐」の製作に携わった経験がある。2017年アメリカ製作。

あらすじ動画

ブラッドウォリアー(2017年)の主な出演者

ウォリアー(ウィリアム・レヴィ)、エイゼル(ウィリアム・モーズリー)、ゼラ(セリンダ・スワン)、ウォリアーの父(アダム・グレゴリー)

ブラッドウォリアー(2017年)のネタバレあらすじ

【起】– ブラッドウォリアー(2017年)のあらすじ1

ブラッドウォリアー(2017年)のシーン1

画像引用元:YouTube / ブラッドウォリアー(2017年)トレーラー映像

物語の舞台は戦乱が絶えず行われている惑星。

物語の主人公ウォリアーはこの惑星の一大勢力であるドミニオンという帝国で活躍する戦士で、敵国への襲撃を繰り返していました。

そんなある日、ウォリアーは仲間の裏切りにあい、危機的状況に追い込まれてしまいますウォリアーは川辺に倒れ込み、死を覚悟しますが、その瞬間、川の底からから一人の女が現れる光景を目撃しました。

次の瞬間には女の姿が消え、ウォリアーの傷はすっかり治っていました。

その後すぐ、ウォリアーは川で見た女と再会を果たしました 女の正体は小さな国の王女であり、ゼラという名前でした。

ウォリアーはゼラに助けてくれたお礼を言いますが、ゼラは助けた記憶はないと不思議そうに語り、ウォリアーにきつく接するのでした。

ゼラとは対照的に、ゼラの家臣たちはウォリアーを快く迎え入れました家臣たちはウォリアーが予言された戦士だと信じ、ドミニオンと戦うために自分たちを訓練して欲しいとウォリアーに頼んできました。

ウォリアーは厳しい試練を課し、彼らを戦士へと育て上げていきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ブラッドウォリアー(2017年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×