映画:プーと大人になった僕

「プーと大人になった僕」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

プーと大人になった僕の紹介:2018年公開。世界的に有名なディズニーの作品「くまのプーさん」」を実写映画化して話題となった作品。監督はマーク・フォスター。主人公クリストファー・ロビン役に、「スター・ウォーズ」「美女と野獣」などで知られているユアン・マクレガーを起用し、クリストファー・ロビンが、妻子を持ち仕事に追われる大人として登場。プーやその仲間たちと再会する物語が描かれる。

あらすじ動画

プーと大人になった僕の主な出演者

クリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)、イヴリン・ロビン(ヘイリー・アトウェル)、マデリン・ロビン(ブロンテ・マーカイケル)、ジャイルズ・ウィンズロウ(マーク・ゲイティス)、プー、ティガー(ジム・カミングス)、イーヨー(ブラッド・ギャレット)、ピグレッド(ニック・モハメッド)、

プーと大人になった僕のネタバレあらすじ

【起】– プーと大人になった僕のあらすじ1

プーと大人になった僕のシーン1

画像引用元:YouTube / プーと大人になった僕トレーラー映像

イギリスのある街で暮らす少年クリストファー・ロビンは、100エーカーの森で、くまのプーや、ロバのイーヨー、子豚のピグレッド、タイガーのティガーなどの友達と楽しい日々を送っていました。しかし、そんな日々にも終わりがやってきます。クリストファーは寄宿学校に入ることになってしまいました。お別れの日、みんなはクリストファーに贈り物を渡します。みんなが疲れて眠ってしまったあと、クリストファーはプーを通れていい景色の見える丘へ行きます。お互いに忘れないようにしようと約束しました。100エーカーの森から離れたクリストファーは、両親から離れて寄宿学校に入学しました。

入学したクリストファーは、100エーカーの森のみんなのことが忘れられません。授業中、ノートにプーの絵を描き先生に叱られてしまいます。寄宿学校での日々を送る中、いクリストファーの父親が病に倒れ、亡くなってしまいました。悲しみに暮れるクリストファーですが、自分が家族を守ろうと決心し、勉学に励みます。

大人になったクリストファーは、バスの中でイヴリンと出会います。恋に落ちた二人は結婚し、イヴリンは妊娠します。しかし、赤ちゃんが産まれる前に、クリストファーは戦争に徴兵されてしまいます。クリストファーがいない中で誕生した二人の娘は、マデリンと名付けられました。

戦場を生き抜いたクリストファーが汽車でロンドンへ戻ると、駅にはイヴリンと、その横に小さな女の子が立っていました。娘のマデリンと初対面したクリストファーは、妻と娘と3人で暮らし始めます。

クリストファーは家具や小物を製作するウィンズロウ社に就職し、仕事に励んでいました。娘のマデリンも成長し、寄宿学校に入学し、数年が経っていました。夏休みに家へ戻って来ているマデリンに、クリストファーは家族3人で彼が子供の頃過ごしたコテージに行く約束をしていました。

お出かけが週末に迫った日、クリストファーは会社へ出社すると、上司であり社長の息子であるジャイルズ・ウィンズロウに呼び止められます。クリストファーが仕切っている旅行カバン製作の部署は、売上が伸び悩んでおり、会社的にはこの部署の予算をカットしなければならないという。クリストファーは4%のカットを目指していましたが、ジャイルズは20%のカットを要求しました。週末は返事して予算のカット案をまとめなくてはならなくなってしまったクリストファーは、後ろめたい気持ちを抱えたまま家へ帰りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「プーと大人になった僕」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×