「プーと大人になった僕」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

【転】– プーと大人になった僕のあらすじ3

プーと大人になった僕のシーン3

画像引用元:YouTube / プーと大人になった僕トレーラー映像

次の日、朝に起きたプーは家の台所の棚に乗り、盛大に飾り棚を壊していました。このまま家に置いておくと家じゅうのものを壊してしまうので、クリストファーはプーの願いをさっさと叶えたほうがいいと判断し、サセックスのコテージの裏庭に行こうと思いました。身支度をして仕事を持ち、プーを抱えて移動します。途中、赤い風船を見たプーが欲しがりました。しつこくせがみ人前でも話しかけるので辟易したクリストファーは、風船を買って与えます。列車の切符を買うときに、別の少年がプーを横取りしますが取り返しました。そうして列車に乗り込みます。風船が扉に挟まりますが「あきらめろ」とプーに言い聞かせました。

列車の中で仕事をするクリストファーに対し、プーは向かいの席に座って見たものをひとつひとつ声に出して言っています。それは幼少期にプーとクリストファーがしていたゲームですが、大人になったクリストファーにとってはうるさいだけでした。クリストファーはイライラしながら書類に目を落とします。

プーとクリストファーはハートフィールド駅で降りました。風船は回収します。クリストファーはプーを連れて裏口からこそこそと庭へまわり、100エーカーの森へ急ぎました。そこでお別れしようとしますが、プーがクリストファーに仲間を探してくれと頼みます。プーがクリストファーのカバンを倒してしまい、書類が飛散しました。仕事に戻りたいクリストファーはつい怒ってしまい、大人になったクリストファーにとって、カバンと書類がすごく大事なものだとプーは気づきます。

書類を集めて回った途中に、クリストファーとプーは不思議な声を聞きました。直後にプーがいなくなり、クリストファーは探します。そのときに大きな穴に落ちたクリストファーは上がれなくなりました。困るクリストファーに雨まで降ってきます。その時クリストファーは、「何もしない」ことが大事だと思い出します。幼少期のプーとの遊びで、何もしないことが大事だと言い合っていたのです。抵抗せずに待っていると、穴が水でいっぱいになってクリストファーは穴から脱出できました。

橋のところへ行ったクリストファーは、流れているイーヨーを見つけて助けますが、イーヨーはクリストファーをズオウだと勘違いします。さらに奇妙な音がするほうに行くと、風見鶏が落ちて音を立ててきしんでいました。クリストファーは、この音を聞いて仲間たちがパニックになって隠れているのではないかと推理します。そうして探すとピグレットやティガーなど仲間を次々に見つけました。

仲間と再会したクリストファーは、プーを探します。はぐれたときには「どこかで待っているのだ」と気づいたクリストファーは、無事にプーを見つけ出しました。和解のハグをします。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「プーと大人になった僕」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×