映画:ホリック xxxHOLiC

「ホリック xxxHOLiC」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

いくつも漫画界でヒット作を出してきた漫画家集団CLAMP原作の人気漫画を映画化、監督は「diner」「ヘルタースケルター」で独特の映像美で知られる蜷川実花。主演は柴咲コウ、共演は神木隆之介。”対価”を払えばどんな願いも叶うという店に訪れる客たちとの不思議な物語が描かれる。四月一日君尋は女主人、壱原侑子が営む店へやってくるが、尋の悩みを一瞬で見抜いた侑子は半ば強制的に尋をバイトとして雇う。2022年4月劇場公開作品。松竹配給。

あらすじ動画

ホリック xxxHOLiCの主な出演者

四月一日君尋:神木隆之介 壱原侑子:柴咲コウ 百目鬼静:松村北斗(SixTONES) 九軒ひまわり:玉城ティナ マルダシ:DAOKO モロダシ:モトーラ世理奈 美咲:趣里 猫娘:西野七瀬 “ミセ”を訪れる客:大原櫻子 “ミセ”を訪れる客:てんちむ 座敷童:橋本愛 女郎蜘蛛:吉岡里帆 アカグモ:磯村勇斗

ホリック xxxHOLiCのネタバレあらすじ

【起】– ホリック xxxHOLiCのあらすじ1

ホリック xxxHOLiCのシーン1

画像引用元:YouTube / ホリック xxxHOLiCトレーラー映像

幼い頃から、この世のものではない「アヤカシ」という存在が見えてしまうことに苦悩している高校生、四月一日君尋(わたぬき きみひろ)​​は、自分が誰にも馴染めず、深い絶望感を覚え自殺を考えようとビルの屋上へ登ると自殺をしようと考えていた。

するとふっと君尋の目の前に、美しい蝶が飛んでいき目を奪われる。まるで導かれるように君尋はその蝶についていくと、美しい花々…特に藤の花が咲き乱れる幻想的な場所へ辿り着いた。

そこにいたのは、不思議なドレスを纏った長い黒髪の美しい女性であった。

その場所は「ミセ」という場所、女性はミセの主人、壱原侑子(いちはら ゆうこ)​​であった。

戸惑う君尋に、まるで全てをお見通しかのようにじっと見つめる侑子。

「貴方は何を望むの?」

ふうとキセルの甘い香りのする紫煙を吐き出しながら、君尋にそう尋ねる侑子。

どうやら君尋が迷い込んだミセでは、なんでも願い事を叶える代わりに「一番たいせつなもの」を対価として払わなくてはいけない掟があった。

しかし君尋にとって、自分自身に価値や自信など感じたことがなかったので「大切なもの」が分からず、とりあえず保留。

それを見つける代わりに生活力がまるでないと分かった侑子の身の回りの世話をするアルバイトを命じられてしまう。

高校生活でも誰ともかかわらず生きてきた君尋にとって、同級生で学年委員長で弓道部部長の百目鬼静(どうめき しずか)と、​​百目鬼と同じく学年委員長で少し天然キャラの九軒ひまわり(くのぎ ひまわり)と知り合いになり、はじめての友達ができた。

酒好きの侑子の命令で、買い物に出かけた君尋は帰り道でひとりの男性に声を掛けられた。

「この辺に大きなお寺はありますか?」

と。あそこかな?と男性を案内する君尋。近隣でも有名な神社に案内すると、中から何故か百目鬼が。

どうやら、その神社は百目鬼の自宅だったようだ。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ホリック xxxHOLiC」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×