映画:ホーンズ容疑者と告白の角

「ホーンズ容疑者と告白の角」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホーンズ 容疑者と告白の角の紹介:2013年制作のファンタジー・サスペンス映画。出会った人に真実を語らせる角を生やした青年が、恋人を殺害した犯人を探す様を描いている。スティーヴン・キングの息子で作家のジョー・ヒルの小説が原作。アレクサンドル・アジャがメガホンをとり、ダニエル・ラドクリフ主演で贈る作品。

あらすじ動画

ホーンズ容疑者と告白の角の主な出演者

イグ(ダニエル・ラドクリフ)、リー(マックス・ミンゲラ)、テリー(ジョー・アンダーソン)、メリン(ジュノー・テンプル)、グレンナ(ケリ・ガーナー)、デリック(ジェームズ・レマー)、リディア(キャスリーン・クインラン)

ホーンズ容疑者と告白の角のネタバレあらすじ

【起】– ホーンズ容疑者と告白の角のあらすじ1

森の中、イグは恋人のメリンを、例え死んでも愛し続けると誓います。死ぬまででいいとメリンは言います。

ある朝、イグがカーテンを開けると、住民やマスコミが騒いでいました。恋人を殺した犯人なのに、捕まってないことが原因です。

イグは犯人なわけがないと、友人の弁護士のリーの助けもあり、捕まらずに自由に動けていました。逃げるように実家に帰っても、マスコミが追いかけてきます。

真犯人を見つけたいイグでしたが、鑑識ラボが燃えて手がかりが無くなっていました。やりきれない気持ちから酒を飲み、メリンとの思い出の森に行きます。

森では、メリンの父・デイルが住民たちに追悼の意を捧げていました。イグだけは決して許さないと怒りを露わにしています。

皆が去った後、隠れていたイグは、怒りからお供え物を蹴飛ばしていきます。

すると、何かと支えてくれる友人のグレンナが気付きます。酔った勢いもあり、彼女と一夜を共にします。

イグは悪魔と罵られ、ひどい仕打ちを受けていると思っていました。目が覚めて鏡を見ると、角が生えてることに気づきます。

何だこれはとグレンナに聞くと、生えてることが真実だと分かります。彼女はあまり驚いてない様子でした。それよりも目の前にあるドーナツが食べたくして仕方ない状態です。

イグが許可すると、ひたすらドーナツを食べます。お腹が痛いと言いながらも、ただ食べまくります。

訳の分からないイグは、角を何とかしてもらおうと病院に行きます。すると、待合室にいた母娘と受付の女性に異変が起き始めます。

母の方は黒人の男性と初めてヤッた話しを始め、娘の方は母が嫌いなことを異常なほど表現していきます。受付の女性は、娘を注意しない母に激怒し始めます。

イグの診察の番になり、看護師の様子もやはり変です。医師に呼ばれ、診察台に横になりますが、やはり医師も変です。

医師は看護師とヤリたいなど自分の感情を口にしてしまっていました。とりあえずイグは、厄介な角を切除してくれと頼みます。麻酔が効いてきて、イグは深い眠りに落ちます。

子供の頃、メリンと出会った時のことを思い出します。彼女は鏡を使って、モールス信号で合図してきました。気になったイグは、それからメリンのことが好きで仕方なくなります。それはリーも同じでした。

イグは壊れたネックレスを通じて、メリンと親密になります。リーが直してくれたのですが、イグはそのことを言ってませんでした。メリンに打ち明けると、誰が直したかが重要ではないと言ってくれます。

二人は森の中で見つけたツリーハウスで愛し合います。成長しても、それは続いていきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ホーンズ容疑者と告白の角」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ