映画:ボーダー 二つの世界

「ボーダー 二つの世界」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ボーダー 二つの世界の紹介:「ぼくのエリ 200歳の少女」などで知られる、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの短編小説を基にしたスウェーデン映画。イラン系デンマーク人のアリ・アッバシが監督を務めており、第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門にてグランプリを受賞した。第91回アカデミー賞においては、メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされた。日本公開は2019年。

あらすじ動画

ボーダー 二つの世界の主な出演者

ティーナ(エヴァ・メランデル)、ヴォーレ(エーロ・ミロノフ)、ローランド(ヨルゲン・トーソン)、ティーナの父(ステーン・ユンググレーン)、アグネータ(アン・ペトレン)

ボーダー 二つの世界のネタバレあらすじ

【起】– ボーダー 二つの世界のあらすじ1

ボーダー 二つの世界のシーン1

画像引用元:YouTube / ボーダー 二つの世界トレーラー映像

主人公のティーナが、草むらでコオロギを手に取って触感を楽しみ、自然に放す場面から物語は始まります。

スウェーデンの港で税関職員として働くティーナには、違法物を持ち込む人間を嗅ぎ分けるという特殊能力がありました。いとも簡単に突き止められる上に高精度で、現場では彼女の能力は重宝されていました。

しかし、ティーナは人とは違う容姿のせいで、孤独と疎外感を抱えていたのです。

ティーナはいつものように到着ゲートに立ち、歩いてくる乗客の中から一人の青年を呼び止めます。

青年からバッグを受け取ったティーナは、中を開けずに同僚の職員に渡して、3~4リットルの蒸留酒だと告げます。青年は自分で購入したものだと言い張りますが、ティーナは未成年が所持するのは違法だと指摘し、密輸の罪で逮捕してもいいのだと厳格に対応します。

酒を没収された青年は、捨て台詞のようにティーナに侮蔑的な言葉を投げつけるのでした。

ティーナは森の奥深くにある自然に囲まれた家で暮らしています。

職場から帰宅すると、柵の中で多頭飼いされている犬たちが、一斉に彼女に向かって吠え始めます。同居しているボーイフレンドのローランドの犬です。

ローランドは品評会に出す犬の飼育に明け暮れており、ほとんど働いていません。ティーナに養われながら我が物顔で振る舞う彼は、酒を飲みながらテレビを観たり、浮気をするような怠惰な日々を過ごしていました。

ティーナはローランドを愛してもいませんでしたが、誰かが家にいてくれることをありがたく思っていました。

裸足で森を散歩するのが日課のティーナは、この日野生のキツネに出会って声をかけます。

帰宅してからローランドと食事をしますが、彼女はパスタをまずそうに食べるのでした。

翌日、ティーナは入国したスーツ姿の若い男性から怪しい匂いを嗅ぎとり、荷物確認をします。

彼女の同僚が検査をおこなって問題なしと判断しますが、ティーナは男性にスマートフォンの提示を求めます。男性のスマートフォンを手にとると、彼女は鼻に近づけて匂いを嗅ぎ、SDカードを取り出しました。

青ざめた男性はSDカードを奪い取り、口に含んで飲み込もうとします。しかし、職員が取り押さえて彼の口からカードを奪い返し、警察に通報するのでした。

持ち場に戻ったティーナは、今度はみすぼらしい身なりの怪しげな男性を呼び止めます。

男性はティーナと風貌がよく似ており、薄笑いを浮かべながら素直にバッグを渡しました。

バッグの中を検査すると、謎の装置がついた金属製の箱が入っていました。一見爆弾のようですが、男性は昆虫の孵卵器だと説明します。

男性に違和感を抱くティーナはさらに嗅覚を研ぎ澄ませますが、法に抵触する所持品はなく、そのまま解放しました。

そしてティーナは、彼に強いシンパシーを抱くのでした。

休日、ティーナは老人ホームに住む認知症の父親を訪ねます。

唯一の家族である父親を大切にしている彼女は、禁じられている煙草をこっそり吸わせてあげたりしていました。

父親はティーナの元で好き勝手に過ごすローランドを快く思っておらず、度々気にかけていましたが、いつも上手くいっていると答えるのでした。

自宅に戻ったティーナは、父親に会いに行っていたとローランドに報告します。しかし、彼は競馬に夢中で話が噛み合いませんでした。

気晴らしに外へ出たティーナのそばに、野生の大きなヘラジカが近づいてきます。鹿は怯える様子もなく、じっと撫でられるのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ボーダー 二つの世界」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×