映画:マライアと失われた秘宝の謎

「マライアと失われた秘宝の謎」のネタバレあらすじと結末

マライアと失われた秘宝の謎の紹介:2013年に製作されたイギリス映画で、G・P・テイラーの小説を原作としている。マイケル・シーンやレナ・ヘディ、ヨアン・グリフィズ、サム・ニールらが出演したファンタジーアドベンチャー。1885年のロンドンを舞台に、伝説の箱をめぐり、青年が誘拐された家族を助けに向かう姿を描いている。

あらすじ動画

マライアと失われた秘宝の謎の主な出演者

ウィル(マイケル・シーン)、モニカ(レナ・ヘディ)、キャサリン(キーリー・ホーズ)、チャールズ(ヨアン・グリフィズ)、ルガー(サム・ニール)、サーシャ(メラ・キャロン)、マライア(アナイリン・バーナード)

マライアと失われた秘宝の謎のネタバレあらすじ

【起】- マライアと失われた秘宝の謎のあらすじ1

あらゆる物を黄金に変える箱があると言われており、その在り処を示すのは1枚の地図だけでした。箱の巨大な力は、手にした者に世界をも与えると言われています。
1885年のロンドン。博物館に来ていたマライアは、皆の前で講演する父の話しを聞いていました。
途中、弟のフェリックスを探しに行きますが、マライアはそこで血を流して倒れるウィルと出会います。
ウィルは両親の知り合いでした。そして地図が渡ってしまったことをマライアの両親は知ります。
マライアは弟と共に、ホテルに戻ること、他人を信じないようにと両親に指示されます。フェリックスは母のキャサリンから、耳元でいくつかの言葉を囁かれます。
その後マライアの両親は、ルガーの手下に連れて行かれてしまいます。
そのことを知らないマライアとフェリックスの元に、ルガーの手下のグリムとグレンデルが現れます。マライアとフェリックスは、彼らに気づかれないよう、パイプを伝ってホテルから逃げ出します。
道端の隅で眠ることにしたマライアとフェリックスは、知らない間にアミュレットがポケットの中に入っていることに気づきます。母が囁いてきた時に入れていたのです。
翌日、お金が無いにも関わらず、フェリックスがお店のパンを食べたことで、マライアは弟と共に少年院に連れて行かれます。
少年院にグリムとグレンデルが現れて、マライアとフェリックスが困っていると、回復したウィルが助けに来てくれます。しかし彼らに銃撃されて、マライアとウィルは逃げれますが、フェリックスを連れて行かれてしまうのでした。

【承】- マライアと失われた秘宝の謎のあらすじ2

ウィルはマライアから正体を聞かれます。ウィルとマライアの両親は、政府の秘密機関である古代遺物局で働いていました。
ルガーが3000年前のミダスの箱を見つければ、金融システムが崩壊してしまいます。それを阻止するために、ウィルは極秘に動かなければならないと話します。なぜ極秘かと言うと、内部の者の中に、ルガーに情報を漏らした者がいるからです。
ルガーは最近ホテルを買いました。その理由として、ウィルはホテルの付近に箱があるからと考えていました。
マライアはホテルに潜入して、弟を探すようにウィルに頼まれます。一方、ウィルはマライアの両親を探しに向かいます。
ホテルのボーイとして働きにやってきたマライアは、メイドのサーシャに協力してもらえます。サーシャは、ルガーが来てから恐ろしいことばかり起こっていたため、協力することにしました。
ルガーが来るまで地下の水は枯れていましたが、現在は潤っていました。地下の水源を現す壁画があり、そこには箱の絵が書かれていました。
ホテルの経営で村人から金を巻き上げて行ったルガーは、ホテルの地下に蒸気機関を作り上げました。ここへ下りることは禁止になっていましたが、マライアとサーシャは下りて行きます。
地下水は箱の上を流れていると考えられます。その昔、錬金術師は金が病気を治すと言っていました。箱が病気をも治しているのだと話すマライアでした。
マライアとサーシャは、人が来たので部屋の中に隠れます。すると鍵を閉められてしまい、閉じ込められてしまうのでした。
部屋の中にあったレンガを外すと、骸骨が出てきます。服の中から名刺を取り出すと、胸を刺されて死んだ骸骨が、元ホテルの支配人のチャールズだと分かります。彼はアフリカに行ったはずでしたが、殺されていたのです。
マライアとサーシャは、地面が崩れて海に落下してしまい、ホテルに戻ります。ルガーの妻のモニカは、ずぶ濡れのマライアとホテルで会います。マライアが去った後、水を舐めて海水だと気づきます。

【転】- マライアと失われた秘宝の謎のあらすじ3

マライアは、ルガーがアミュレットを身に着けているのを見ます。それは母が身につけていたアミュレットで、弟が持っていたアミュレットの片割れになります。
マライアとサーシャは、ルガーの書斎に潜入し、彼の記したノートを読みます。
その昔、重病人をも治す神の力を持つ者がいました。その力は呪いでもあり、彼は立ちはだかる者全てを滅ぼしました。彼の名はミダスです。
ミダスの力は命をも奪うことができます。つまり箱は武器でもあるのです。
ノートを読んだ後、ルガーたちがやってきて、マライアとサーシャは隠し扉から逃げ出します。
ルガーはノートの一部が切り取られており、何者かが侵入したと判断して、グリムとグレンデルに追跡するよう指示します。
古代遺物局のスパイであるコックが助けてくれたこともあり、マライアとサーシャは彼らに見つかりませんでした。その後、マライアはコックたちが、自分の両親が死んだと話しているのを聞いてしまいます。
マライアは古代の遺物のカードを盗んでいました。そのことをモニカに気づかれてしまいます。すると、ホテルに泊まりに来ていた奇術師のグレート・ビズミラが助けてくれます。
実はグレート・ビズミラは、変装していたウィルでした。ウィルは、マライアの両親の荷物を川の岸辺で見つけていました。しかし、遺体は上がってないと話します。
マライアはウィルから、アミュレットが箱を起動する鍵だと聞きます。そして両親と弟の両方を探し出すと決心します。
古代の遺物のカードを使ったマライアは、他の子供たちとロープでつながれて、箱を探させられている弟と会うことが出来ます。近くには掘削機が動いていました。少ししてフェリックスは、穴の中に引きずられて行き、仕事に向かわされます。
マライアは、サーシャに警官を呼びに行ってくれと頼みます。サーシャは先に父の元に行きますが、既にグリムとグレンデルがいて捕まってしまいます。

【結】- マライアと失われた秘宝の謎のあらすじ4

マライアは地下へと下りて、こっそりと弟と再会し、箱に近づいていく度に輝くアミュレットを頼りに進んでいきます。しかしルガーたちに見つかってしまいます。
マライアはサーシャを人質にとられ、自分の持っていたアミュレットとルガーの持っていたアミュレットを合わせます。そして扉にアミュレットをセットして、箱のある部屋に到着します。
箱を持ち上げると、水が部屋に入ってきてしまい、マライアは外に出れますが、フェリックスが閉じ込められてしまいます。
マライアはルガーから、箱を渡せば助けてやると言われて応じます。扉を開けるためにアミュレットを求めるマライアでしたが、ルガーはそのまま行ってしまいます。
逃げ出したルガーたちの前に、ウィルが他の古代遺物局のメンバーと現れます。銃撃戦となって、ウィルは撃たれます。
追い詰められたルガーは、箱にアミュレットをセットします。すると箱は兵器に姿を変えます。ルガーは兵器を手に装備して、古代遺物局のブラックを消滅させます。
箱の力に対抗できるのは黄金だと考えたマライアは、サーシャに子供たちを助けてくれと頼みます。
サーシャは子供たちと脱出しようとしますが、モニカに行く手を阻まれます。するとずっとサーシャに冷たかった父が助けに来てくれます。サーシャの父は、モニカを道連れにして飛び降りていきます。
マライアは、ルガーのコレクションである、黄金のカール大帝の鎧を装備して、掘削機に乗り込みます。ルガーから消滅する玉を発射されますが、マライアは黄金の盾で防ぎます。
するとウィルが加勢にやってきます。ウィルの攻撃によって、ルガーは兵器を落とします。
ウィルがやられそうになった時、兵器を拾ったマライアの攻撃によって、ルガーは消滅します。
マライアは急いで箱からアミュレットを外して、弟を助けに向かいます。溺れていたフェリックスでしたが、水を吐き出して意識を取り戻します。
グリムとグレンデルが逮捕され、マライアとフェリックス、サーシャの3人は古代遺物局から表彰されます。マライアは一緒に暮らそうと伝えて、サーシャにキスをします。
ウィルは黒幕のゴーメンバーグと、マライアの両親を探しに旅立ちます。
キャサリンが包帯でぐるぐる巻きにされて、ゴーメンバーグの元に運ばれてきます。実はゴーメンバーグとは、マライアの父だったのです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、19世紀を舞台としており、当時の服装やホテルの様子などが良く表現されています。衣装やホテルの造りが本格的で、サーシャの家の様子も雰囲気が出ていました。
また、箱が古代の遺物ということもあり、ルガーの部屋や博物館には様々な遺物が飾られています。その遺物の名前などが紹介され、ちょっとした歴史の勉強をしている感覚になります。
そしてウィルが変装するグレート・ビズミラの奇術には驚かされます。水の中に閉じ込められていると思いきや、別の男性に変装していて現れます。この奇術には見ていてびっくりです。
ストーリーは、家族を助けるために奮闘するマライアが、謎を解きながら箱の在り処を探していきます。その謎解きの様子を見ていると、どこに箱があるのかと、ワクワクしてきます。
ハラハラいっぱいのアクションシーンもあり、そして最後にマライアの父が黒幕というどんでん返しもあって、醍醐味のある映画となっています。そんなファンタジーアドベンチャー映画を見たい時にお勧めです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「マライアと失われた秘宝の謎」の商品はこちら