映画:マルコヴィッチの穴

「マルコヴィッチの穴」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

マルコヴィッチの穴の紹介:スパイク・ジョーンズの初監督作品。「ジョン・マルコヴィッチの頭に通じる穴を見つける」という奇想天外なストーリーが話題を呼んだ。日本公開は2000年。

あらすじ動画

マルコヴィッチの穴の主な出演者

クレイグ・シュワルツ(ジョン・キューザック)、ロッテ・シュワルツ(キャメロン・ディアス)、マキシン(キャサリン・キーナー) 、ジョン・ホレイショ・マルコヴィッチ(ジョン・マルコヴィッチ)、レスター社長(オーソン・ビーン)

マルコヴィッチの穴のネタバレあらすじ

【起】– マルコヴィッチの穴のあらすじ1

世間から評価されない人形使いのクレイグは、ペットショップ店員の妻・ロッテと暮らしています。

定職を探していたクレイグは、ビルの71/2階という屈まないと歩けない不自由なフロアにある会社の面接を受け、書類整理の仕事に就きます。

同じフロアで働く美人社員のマキシンに一目惚れしたクレイグは、熱心に口説こうとするも全く相手にされません。

あるときクレイグは、キャビネットの裏に隠された扉を発見します。扉を開くと穴が続いており、クレイグは何かに引っ張られます。辿り着いた先は、有名俳優ジョン・マルコヴィッチの頭の中でした。その後クレイグは高速道路の脇に放り出され、彼の脳に15分間だけ入ったことに驚きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マルコヴィッチの穴」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ