映画:ミスペレグリンと奇妙なこどもたち

「ミスペレグリンと奇妙なこどもたち」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの紹介:2016年のアメリカ映画。ランサム・リグズによる同名小説を原作に製作されたダーク・ファンタジー作品(日本では当初『ハヤブサが守る家』という題名で出版されたが、この映画公開に合わせて同名タイトルで再版された)。監督は『アリス・イン・ワンダーランド』『チャーリーとチョコレート工場』などのティム・バートン。脚本は『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『キック・アス』などのジェーン・ゴールドマン。

あらすじ動画

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちの主な出演者

アルマ・ルフェイ・ペレグリン(エヴァ・グリーン)、ジェイコブ・”ジェイク”・ポートマン(エイサ・バターフィールド)、エマ・ブルーム(エラ・パーネル)、イーノック・オコナー(フィンレイ・マクミラン)、オリーヴ・アブロホロス・エレファンタ(ローレン・マクロスティ)、バロン(サミュエル・L・ジャクソン)、エイブラハム・”エイブ”・ポートマン(テレンス・スタンプ)

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちのネタバレあらすじ

【起】– ミスペレグリンと奇妙なこどもたちのあらすじ1

フロリダのドラッグストアで働くジェイクは、同世代の若者たちとなかなか馴染めない孤独な少年でした。ある日ジェイクは祖父であるエイブに電話で呼ばれ、店の女性従業員シェリーに送ってもらってエイブの家に向かいます。しかし家の前に白い眼をした怪しい男の姿があり、家の中は荒らされていました。そしてエイブは家の外で目玉をくり抜かれた姿で発見されました。彼はジェイクに「ケインホルム島へ行け」と言い、「もっと早く話しておくべきだった」と言い残して、この世を去りました。その時、奇怪な怪物の影が近づいてきましたが、駆けつけてきたシェリーが護身用の拳銃を撃つと怪物の影は消えてしまいました。

エイブの死は野犬によるものだとされ、ジェイクが見た影のことは誰も信じてもらえませんでした。祖父のことが大好きだったジェイクは精神的に不安定になったと思われ、カウンセリングを受けることになりました。

ジェイクはカウンセラーの女医ゴランに、自分が幼い頃からエイブが世界中を旅した冒険譚を聞くのが大好きだったことや、その話を学校で笑われて人付き合いが苦手になったと語ります。

そんなある日、ジェイクはミス・ペレグリンという女性からエイブに送られた手紙を見つけます。その女性はエイブが幼い頃に暮らしていたイギリスのケインホルム島にある子供たちの家の主人でした。

ジェイクは前に進むためのきっかけにしたいとケインホルム島に行くことを希望し、ゴラン先生もそれに同意しました。ジェイクの両親は最初は渋っていましたが、アマチェア鳥類学者の父親が島でバードウォッチをするついでということで一緒に行くことを承諾します。ジェイクは父親とともにイギリスに向かいました。

ケインホルム島に着いたジェイクでしたが、島の若者たちに案内されて子供たちの家に向かった彼を待っていたのは失望感でした。そこはとうの昔に廃墟になっていたのです。屋敷は第二次大戦中の1943年にドイツ軍の爆撃をうけ、子供たちは全員死んでしまっていたのでした。

がっかりして父親とともに泊まった宿屋に戻ったジェイクでしたが、あきらめきれず、翌日もう一度あの廃墟を訪れました。するとそこでジェイクは不思議な少女と出会います。亡霊かと驚き、駆け出したジェイクは転んで気絶してしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ミスペレグリンと奇妙なこどもたち」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×