映画:ミッドナイト・イン・パリ

「ミッドナイト・イン・パリ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

ミッドナイト・イン・パリの紹介:パリに滞在中の脚本家が迷い込んだのは、芸術の花開く輝かしい1920年代だった…。ウディ・アレンの監督作42本目にして、最高傑作と呼ばれるロマンティックなファンタジーコメディ。2012年アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞共に最優秀脚本賞を受賞したほか、脚本を中心に幾多の賞を獲得した。

あらすじ動画

ミッドナイト・イン・パリの主な出演者

現在:ギル・ペンダー(オーウェン・ウィルソン)、イネズ(レイチェル・マクアダムス)、ポール(マイケル・シーン)、美術館ガイド(カーラ・ブルー二)、私立探偵(ガド・エルマレ)

1920年代:アドリアナ(マリオン・コティヤール)、ガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)、ヘミングウェイ(コリー・ストール)、サルバドール・ダリ(エイドリアン・ブロディ)

ミッドナイト・イン・パリのネタバレあらすじ

【起】– ミッドナイト・イン・パリのあらすじ1

ハリウッドの脚本家のギルは、1920年代のパリや当時の芸術家に強い憧れを持っています。雨のパリが好きで、いつか住みたいと考えていますが、婚約者のイネズとは全く話が合いません。ギルはイネズの両親と共にパリ旅行に来ますが、両親はギルの事を毛嫌いしていました。

一行はイネズの友人ポール夫妻に遭遇します。ポールはイネズが大学時代に夢中になった知的な男性です。翌日ギルはポールらと名所巡りをしますが、ポールは美術館ガイドを制して自分の薀蓄を語り、本当は脚本ではなく小説が書きたいギルに対しても退行主義者だと罵りました。ギルは骨董品を売る男を主人公に小説を書いていたのです。

夜、ワインを飲み軽く酔ったギルは一人散歩すると、道に迷います。やがて24時の鐘が鳴ると、彼の前に古い車が止まりパーティへ誘われ、思わず乗込みました。

到着先では、コール・ポーターに似た人物がピアノを弾いていました。そしてフィッツジェラルドと名乗る夫妻がギルに声をかけてきて、パーティはジャン・コクトーの主催だと言うのです。ギルは混乱しますが、彼が恋してやまない‘20年代にタイムスリップしたことに気が付きました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ミッドナイト・イン・パリ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×