映画:ミッドナイト・イン・パリ

「ミッドナイト・イン・パリ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

【承】– ミッドナイト・イン・パリのあらすじ2

ギルが次に出かけた店にはヘミングウェイがいました。ギルは自分の小説を読んで貰えるか彼に伺うと、明日ガートルード・スタインを紹介してくれるとの約束を取付けます。有頂天のギルは店を出た後、もう一度店を訪ねますがそこはもう現代でした。

翌朝ギルはイネズに昨夜の話をしますが、相手にされないどころか、頭がおかしいと否定されます。イネズを納得させたいギルは、昨晩と同じ場所へ彼女を連れて行きますが、何も起きずイネズは帰ってしまいます。その直後鐘の響きと共に、今夜はヘミングウェイを乗せた車がやってきました。

スタインのサロンを訪れたギルは、ピカソと愛人のアドリアナに会い、ギルは美しいアドリアナに目を奪われました。彼女はモディリアーニやブラックの愛人経験もある魅惑の女性でした。

次の日、蚤の市のある店からコール・ポーターのレコードが流れてきます。ギルは女主人のガブリエルに「ポーターは仲間だ」と自慢げに話し、ポールらと訪れた美術館ではピカソの絵について、覚えたての知識でポールに解説してやりました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ミッドナイト・イン・パリ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×