映画:ミッドナイト・イン・パリ

「ミッドナイト・イン・パリ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

【転】– ミッドナイト・イン・パリのあらすじ3

夜になりギルはアドリアナに再会します。彼女は1890年代のベル・エポックこそ黄金時代だと思っていました。二人は麗しのパリの街を歩きますが、会話の流れでギルが婚約していることがバレ、アドリアナは悲しげにその場を去りました。その後ギルが会ったのは、サルバトール・ダリでした。

次の夜もギルはスタインのサロンを訪れると、アドリアナとヘミングウェイはアフリカ旅行に行ったと聞かされます。落ち着かないギルですが、スタインに小説の出来を褒められました。

翌朝イネズが両親と出かけたため、ギルは蚤の市へ行くと、またもガブリエルと盛り上がります。またギルはアドリアナの著書を見つけ、美術館ガイドに翻訳してもらうと、〈ギルに魅かれている。ピアスを贈ってもらい、愛し合った〉と書かれていることを知りました。ギルの興奮が止まりません。

ギルはイネズのピアスをくすね、アドリアナに渡そうと企みますが、イネズ一家が父の体調不良で急遽戻ってきました。その場をどうにか取り繕い、アドリアナ用のピアスを買ったギルは再び過去に向かいます。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ミッドナイト・イン・パリ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×