映画:ミッドナイト・イン・パリ

「ミッドナイト・イン・パリ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

映画「ミッドナイト・イン・パリ」の感想

  • アミヨシコさんの感想

    ウディ・アレン監督のほんわかタイムスリップ映画。タイプスリップものにありがちな、歴史改変の危機だとか現代に戻れず悪戦苦闘することが一切起こらない、ほのぼのとした不思議なファンタジー。オーウェン・ウィルソンがただウロウロしたり、ビックリしたり、ヘラヘラしていてそのマイペースぶりが最高だった。過去に行っても、そこの人たちがさらに過去の時代を美化して「いいなあ」って言っているのが面白い。スコット・フィッツジェラルド役のトム・ヒドルストンがよかった。エイドリアン・ブロディのダリはなんかちょっとシュッとしすぎていて……。ゴーギャンがいるなら、ゴッホも出てきて欲しかった。

  • yukaさんの感想

    夜12時に鐘がなると、偉人が浮かんでくる。ひと昔のパリを歩きながら、偉人の作品に触れていくストーリー。当時の街並みの雰囲気やファッション、文化が肌に感じられる。実際にパリに行きたくなるような映画だった。好きな画家が出てくると実際に会ったような不思議な気持ちになれる。見終わった後、豊かな気持ちになれる。
    885 スマホ拾っただけなのに

  • ペネロピさんの感想

    真夜中のパリには魔法があるそうです。憧れの芸術家たちに囲まれたパーティは豪華絢爛。私が恋してやまないのはもう少し前の時代でしたが、ここでもいい、あぁ迷い込んでみたい。ウディ・アレンと聞けばとりあえず鑑賞します。ハズレもけっこうあります。ニューヨーク大好きアレンが、パリに魔法をかけたこの作品、私は大好きです。ずっと観ていたいくらいです。ピカソの愛人に一目惚れするとか、覚めたくない夢です。

  • panipaさんの感想

    作家志望の青年が真夜中のパリで過去にタイムスリップし、文豪たちに出会う話です。アドリアナの美しさが印象的でした。過去を懐かしみがちですが、過去の人はさらに昔を懐かしんでいたというのは確かにそうだなと思わされました。ラストシーンでは、あまり合わない婚約者を離れ、自分らしく生きていこうとする主人公を見て前向きな気持ちになれました。

1 2 3 4 5

「ミッドナイト・イン・パリ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×