映画:ミッドナイトフィアー

「ミッドナイトフィアー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

映画「ミッドナイトフィアー」の感想

ライターの感想

プロムパーティーでの「初体験」を期待しながら果たせなかった女子が体験する、一夜の奇妙な出来事・・・といったテイストのファンタジー作品です。前半は学生たちのパーティーでの馬鹿騒ぎ、悪ふざけといった描写が続きますが、森に入り皆がキノコを食べてトリップしたあと、物語のテイストが変わっていきます。 ここから先は、なんともあらすじとして説明しがたいような展開になっていくのですが、山羊のお面をつけた謎の人物が森の中に現れたり、ローラが何の説明もなく急にいなくなっちゃったりと、何か映画の展開自体がトリップムービーを見ているかのような感覚に襲われます。 これは、初体験を期待しながら「でもやっぱり怖さもある」10代女子の、その得も言われぬ不思議で独特な感情を、黒魔術にモチーフにイメージした作品なのかなと思いました。いわば、望まない子供が出来てしまった男の混乱と恐怖を、強烈な悪夢のイメージで描いたと言えるデヴィッド・リンチの『イレイザー・ヘッド』の、女子高生版ではないかと。 私は見終わってそんな解釈をしてみたのですが、アマゾン・プライムのレビューでもっと高度な解釈をされている方がいらっしゃるので、「どういう映画だったんだ?」と気になる方は、そちらをぜひ参考になさって下さい。全体の雰囲気は悪くないのですが、なんとも「不可解に見える」映画ではありました。はい!
    1 2 3 4 5

    「ミッドナイトフィアー」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    こちらもおすすめ

    ×