映画:ライオンキング(2019年実写)

「ライオンキング(2019年実写)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

ライオン・キング(2019年実写)の奇跡の紹介:2019年製作のアメリカ映画。第67回アカデミー賞で最優秀主題歌賞など2部門に輝き、ミュージカル版もロングランヒットを記録する、ディズニーの不朽の名作アニメを最先端のVR技術を駆使して映画化。父を亡くした子ライオン、シンバが自らの運命に立ち向かっていく様が描かれる。

あらすじ動画

ライオンキング(2019年実写)の主な出演者

シンバ(ドナルド・グローバー&賀来賢人)、ナラ(ビヨンセ・ノウルズ&門山葉子)、プンバァ(セス・ローゲン&佐藤二朗)、ティモン(ビリー・アイクナー&亜生)、スカー(キウェテル・イジョフォー&江口洋介)、ムファサ(ジェームズ・アール・ジョーンズ&大和田伸也)、ザズー(ジョン・オリヴァー&根本泰彦)、サラビ(アルフリー・ウッダード&駒塚由衣)、ラフィキ(ジョン・カニー&駒谷昌男)、シェンジ(沢城みゆき)、アジジ(白熊寛嗣)、カマリ(加瀬康之)

ライオンキング(2019年実写)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ムファサ王の息子・シンバはライオンの子ども。プライド・ランドの後継ぎとして生まれたシンバは、叔父・スカーの陰謀で国を追われた。気のいいティモン、プンバァという仲間に恵まれ、シンバは大人のライオンに成長する。 ②ムファサを殺しスカーが王になったプライド・ランドは荒れていた。王の自覚を持ったシンバが戦いを挑み、スカーを倒した。王となったシンバのもとへ動物たちが戻ってきた。

【起】– ライオンキング(2019年実写)のあらすじ1

ライオンキング(2019年実写)のシーン1

画像引用元:YouTube / ライオンキング(2019年実写)トレーラー映像

(『サークル・オブ・ライフ』の曲)

動物たちの王国、プライド・ランドでは、たくさんの種類の動物が暮らしています。

プライド・ランドを治めるのは百獣の王、ライオンのムファサ王でした。

動物たちはムファサ王を尊敬し、畏敬の念を抱いています。

プライド・ランドでは、あるできごとが起きていました。

豊かな大自然のなかを走る動物たちは、一か所に集結しようとしています。

みんなが揃ったのは、王の砦、プライド・ロックの下でした。

やがてプライド・ロックの上に、呪術師のマンドリル(ヒヒ)・ラフィキが行き、生まれたばかりの赤ん坊の額に、赤い粉をつけました。

集まった動物たちに、生まれたばかりの赤ん坊のライオンを掲げて見せます。

ムファサ王と女王・サラビのあいだに、子どもが生まれたのでした。

動物たちは王に後継ぎが生まれたと知り、その場で跳ねて喜び、いっせいにひれ伏します…。

ムファサ王の息子は、シンバと名付けられました。

シンバは両親ムファサとサラビの愛情を受け、すくすくと成長します。

ムファサはまだ子どものシンバに、王としてのありかたを説明しました。

プライド・ロックからの豊かな大自然を見せたムファサは、シンバに「王として国を治めることの意味」を教えます。

この世のなかには自然界を支配するバランス、サークル・オブ・ライフがあります。

それを上手に見極めて、王国を統治することが王の役目だと、ムファサはシンバに教えました。

その際にムファサは、北側の境目にある一角へは、足を踏み入れてはならないとシンバに注意します。

プライド・ランドの王・ムファサには、弟、スカーがいました。

スカーは自分が王になれないので、ひがんでいます。

ムファサに息子のシンバが生まれたことで、王位継承権はシンバへ移りました。

こころよく思わないスカーは、シンバに北側の境目の、入ってはならないとされる場所が「ゾウの墓場」だと教えます。

「あそこは勇気のある者しか行けない」と言い、シンバをけしかけて、行くように仕向けました。

好奇心をくすぐられたシンバは、幼馴染のメスライオン・ナラといっしょに、ゾウの墓場に行きます。

執事であるサイチョウ、ザズーがついてきました。

ザズーは、将来シンバとナラが結婚する運命だと言って聞かせますが、シンバもナラもまだ幼いので、ぴんときません。

ゾウの墓場を見たいシンバは、ザズーを振り切ってその場所へ行きます。

ゾウの墓場には、ハイエナたちがいました。

シンバとナラは、ハイエナの群れに絡まれます。

ハイエナのシェンジが襲おうとします。

ピンチに陥ったシンバのところへ、ザズーに呼ばれて駆け付けた父・ムファサがやってきました。

ムファサはすぐ、ハイエナを追い払います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ライオンキング(2019年実写)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×