映画:ワンダーウーマン

「ワンダーウーマン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ファンタジー映画

ワンダーウーマンの紹介:2017年のアメリカ映画。マーベル・コミックと並ぶアメコミの大手出版社「DCコミック」の同名作品の実写映画化作品。同社の出版するさまざまなスーパーヒーローを同じ世界観で活躍させる『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズのひとつで、『スーサイド・スクワッド』に続く4作目にあたる。 女性だけの島で育った女戦士ダイアナが、外の世界に旅立ち、女戦士ワンダーウーマンとして活躍するようになるまでの物語。監督はシャーリーズ・セロン主演の『モンスター』以来、これが長編2作目のパティ・ジェンキンス。単独のスーパーヒーローの出演作品としても記録的な大ヒットであり、全世界興行収入でも女性監督作品として史上最高を記録するという高評価となった。

あらすじ動画

ワンダーウーマンの主な出演者

ダイアナ/ワンダーウーマン(ガル・ガドット)、スティーブ・トレバー(クリス・パイン)、アンティオペ(ロビン・ライト)、パトリック・モーガン卿(デヴィッド・シューリス)、ヒッポリタ女王(コニー・ニールセン)、エーリヒ・ルーデンドルフ将軍(ダニー・ヒューストン)、イザベル・マル博士/ドクター・ポイズン(エレナ・アナヤ)、エッタ・キャンディ(ルーシー・デイヴィス)、サミーア(サイード・タグマウイ)、チャーリー(ユエン・ブレムナー)、チーフ(ユージーン・ブレイブ・ロック)

ワンダーウーマンのネタバレあらすじ

【起】– ワンダーウーマンのあらすじ1

現代のフランスのルーヴル美術館。そこで働く女性ダイアナのもとに、世界的大企業ウェイン・コーポレーションから一個のスーツケースが届けられます。ケースの中身は一枚の古い写真でした。百年前、第一次世界大戦の戦場で兵士たちとともに映っている女性はダイアナ自身です。添えられていたブルース・ウェインのメッセージには、この写真についての質問が書かれていました。

ダイアナは写真を見ながらその当時のことを回想します。彼女は百年以上前、女戦士アマゾン族の暮らすセミスキラ島で生まれ、育っていました。幼い頃から戦士に憧れていたダイアナでしたが、母親であるヒッポリタ女王はこの島はずっと平和だからといって反対します。ヒッポリタはダイアナに島に伝わる伝説を話して聞かせました。

かつて創造神ゼウスは自分たちに似せて人間を創ったのですが、ゼウスの息子で戦争の神「アレス」は人間たちに嫉妬し、彼らの心に邪悪なものを植え付けて互いに争うように仕向けました。ゼウスは自らの力を振りしぼってアレスを追放しましたが、いつかアレスは復活します。その時に備え、このアマゾン族が存在するというのです。宮殿の尖塔にはアレスを倒すための伝説の聖剣「ゴッドキラー」も安置されていました。

話を聞かされ、ゴッドキラーを見せてもらったダイアナはますます戦士になりたいと思い、ヒッポリタの妹で最強の女戦士とされているアンティオペ将軍から直々に指導を受けるようになりました。そのことを知ったヒッポリタはアンティオペを咎めたものの、ダイアナの向上心に負けて彼女を戦士になることを許します。

やがてダイアナはアマゾン族でも有数の戦士となりました。ある日ダイアナはアンティオペと実践形式でトレーニングを受けているうち、強烈にパワーを発揮してアンティオペを負傷させてしまいます。

そのことでショックを受けたダイアナは岸壁に向かいました。すると空の一点が破れるようにして飛行機が出現、目前の海へと墜落していきます。ダイアナは即座に海に飛び込むと、乗っていた男を救出しました。

生まれてはじめて見る男に不思議な感慨を受けていた時、男を追うようにして兵士たちの一団が船でやってきます。この島は不可視の霧のような障壁で外界から隔絶していましたが、男の飛行機が偶然にも障壁を突破し、船で男を探索していた兵士たちも後を追ってきたのでした。

銃で武装した兵士たちは島に上陸してきましたが、即座にアマゾン族の女戦士たちも駆けつけ、激しい戦闘となりました。弓と槍、そして剣で武装した女戦士たちはその卓越した体術で兵士たちを次々と倒していきます。しかし銃弾を受けて倒れる女戦士もいました。はじめて銃を見るダイアナは、一発で女戦士を仕留めるその威力に驚愕します。

それでも臆せず戦いに飛び込んだダイアナでしたが、彼女を庇ってアンティオペが銃弾を受けてしまいました。アンティオペは「ゴッドキラー……行きなさい」と言い残して息絶えます。ダイアナに助けられた男も敵兵から銃を奪って戦いに加わり、戦闘はアマゾン族の勝利となりました。

しかしダイアナに助けられた男は、敵兵たちと同じ軍服を着ていたことから捕らえられてしまいます。彼は自分が何者なのか答えられないと言いました。女王は彼を宮殿へと連行し、縛られた者に本当のことを喋らせる力のある「ヘスティアの縄」で縛り上げて尋問しました。

男はアメリカ陸軍航空部のスティーブ・トレバーと名乗り、連合国軍のスパイでドイツに潜入していたと明かします。ドイツ軍ではエーリヒ・ルーデンドルフ将軍のもと、女性科学者のイザベル・マル博士ことドクター・ポイズンが強力な殺人ガスを開発していました。その脅威を知ったトレバーは情報の書かれたノートを奪って飛行機で逃走したのです。

外の世界では世界的な規模での戦争が起こり、女性や子供まで含めた何千万もの人々が死んでいるというトレバーの言葉に、ダイアナは激しい衝撃を受けます。新兵器の毒ガスが戦場で使用されると、さらに被害が拡大するでしょう。

ダイアナはその戦争を「アレス」の仕業だと主張し、トレバーとともに島を出たいとヒッポリタに言いました。しかしヒッポリタはそれを許さず、外の世界には関わらないと決定します。ヒッポリタはアレスの存在に気づいていながら、ダイアナが関わることを恐れているようでした。

仕方なくダイアナはトレバーの軟禁されているところに行ってみました。彼は入浴中で裸です。ダイアナは初めて見た男の全裸姿に「あなたは男性として標準的なの?」と訊ねます。トレバーは戸惑いつつも「俺は標準以上かな」と言い、「この時計は父親からもらったものなんだ」と腕時計の話にすり替えて誤魔化しました。

トレバーと話したことで、やはり自分は外の世界にいくべきだと決意したダイアナは、驚異的なジャンプ力と怪力で尖塔に侵入し、ゴッドキラーと盾、そしてヘスティアの縄を入手します。再びトレバーのもとを訪れた彼女は彼を連れて、海岸に繋留されている小さなヨットに向かいました。

しかし出航の直前、ヒッポリタが駆けつけてきます。ヒッポリタはダイアナの決意が固いと気づくと、二度とこの島には戻れないと言いながらも、アンティオペの形見のティアラを渡して送り出すのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ワンダーウーマン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×