映画:ヴァンヘルシング

「ヴァンヘルシング」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヴァン・ヘルシングの紹介:スティーヴン・ソマーズ監督・脚本、ヒュー・ジャックマン主演によるアクションホラー。ドラキュラ伯爵の野望を阻止するため、モンスターハンターのヴァン・ヘルシングが激闘を繰り広げる。第31回サターン賞では音楽賞を受賞した。2004年アメリカ製作。

ヴァンヘルシングの主な出演者

ヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)、アナ(ケイト・ベッキンセイル)、ドラキュラ伯爵(リチャード・ロクスバーグ)

ヴァンヘルシングのネタバレあらすじ

【起】– ヴァンヘルシングのあらすじ1

物語の舞台は1887年、ルーマニアのトランシルバニア。フランケンシュタイン博士は吸血鬼のドラキュラ伯爵の支援を受け、一体の怪物を作り上げることに成功しました。それは、何体もの死体を組み合わせて作られた人造人間でした。しかし、怪物の誕生を見届けると、ドラキュラ伯爵は怪物を我が物にしようとフランケンシュタイン博士を殺害しました。

そんな中、怒り狂う大衆がフランケンシュタイン博士の城に押しかけてきました。人々はフランケンシュタイン博士による墓荒しに激怒し、復讐しようとしていました。目覚めた怪物はフランケンシュタイン博士の死体とともに近くの風車に逃げ込みました。大衆がその風車に火を放つと、たちまち風車は炎上、崩れ去って行きました。ドラキュラ伯爵と三人の花嫁たちは燃え上がる風車を口惜しそうに眺めていました。

それから一年後、パリの街ではハイド氏という名の怪物が次々と残虐な殺人を繰り返していました。ハイド氏の正体は善良なジキル博士でしたが、夜になると怪物に変身、悪の内面を抑えることができなくなっていました。そんなある夜、ハイド氏はあるモンスターハンターに倒され、人間の姿を取り戻して息を引き取りました。そのハンターの名前はヴァン・ヘルシング、ヴァチカンの命に従い、怪物退治を行う男でした。

ヴァン・ヘルシングは様々な武器を操る屈強な男でしたが、その一方で記憶喪失に苦しんでいました。手がかりとなるのは竜の記章が刻まれた古い指輪と、ときおり夢に見る戦争の光景だけでした。ハイド氏退治から戻ると、ヴァン・ヘルシングは新たな任務をヴァチカンから命じられました。それは、トランシルバニアにいるドラキュラ伯爵を倒し、ヴァレリアス家の子孫を守る、というものでした。ヴァレリアス家は400年前のヴァレリアス長老の代からローマの東側を守って来た一族でした。ドラキュラ伯爵を倒さない限り、一族は天国に行かない…ヴァレリアス長老がそう語って以来、一族はドラキュラ伯爵を倒すことに命を捧げてきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ヴァンヘルシング」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ