映画:信長協奏曲のぶながコンツェルト

「信長協奏曲のぶながコンツェルト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

信長協奏曲の紹介:2016年公開の日本映画。戦国時代にタイムスリップし、瓜ふたつだった戦国武将・織田信長の身代わりとして生きる事になった高校生サブロー。その数奇な運命を描く石井あゆみの同名コミックが原作の、小栗旬主演による人気ドラマの映画版。信長の正室・帰蝶役の柴咲コウや池田恒興役の向井理などドラマ版のキャストが引き続き出演する。

あらすじ動画

信長協奏曲のぶながコンツェルトの主な出演者

サブロー&織田信長&明智光秀(小栗旬)、帰蝶(柴咲コウ)、池田恒興(向井理)、羽柴秀吉(山田孝之)、前田利家(藤ヶ谷太輔)、市(水原希子)、徳川家康(濱田岳)、松永弾正久秀(古田新太)、柴田勝家(高嶋政宏)、沢彦(でんでん)、蜂須賀小六(勝矢)、丹羽長秀(阪田マサノブ)、佐々成政(阿部進之介)、森長可(北村匠海)、織田信秀(団時朗)、森蘭丸(冨田佳輔)、竹中半兵衛(藤木直人・回想)、森可成(森下能幸・回想)

信長協奏曲のぶながコンツェルトのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①勉強が苦手なサブローはある日タイムスリップして戦国時代へ。そこで瓜ふたつだった織田信長に任されたサブローは、信長として天下統一を果たすべく動いていた。 ②安土城を完成させた信長サブローは大満足だが、自分がもうすぐ死ぬと聞かされて動転。しかし歴史を変えてでも生きて、愛する帰蝶と暮らしたいと考える。 ③しかし流れは変えられず、本能寺で光秀になった信長が死に、その後秀吉によってサブローも光秀として死ぬ。現代に戻ったサブローは帰蝶からメッセージを受け取った。

【起】– 信長協奏曲のぶながコンツェルトのあらすじ1

勉強がとことん苦手な男子高校生・サブローは、ある時突然戦国時代にタイムスリップしてしまいます。

しかもサブローは、たまたま出くわした歴史的な超有名人物・織田信長と瓜ふたつでした。

病弱で弱気な信長に「自分の代わりに信長として生きて欲しい」と頼まれて、つい引き受けてしまいます。

とはいうものの、勉強が苦手なので、サブローは日本史も得意ではありません。

タイムスリップした際には「歴史は変えてはならない」と強く思っているサブローは、織田信長になりかわったからには、天下を取らねばならないと思っていました。

現代人らしく「戦いを嫌って平和を好む」サブローは、一部の例外を除きおおむね結果オーライで成功させ、天下人へとのぼりつめました(ドラマ版『信長協奏曲』参照)…。

…さて、信長の正体が信長ではなくサブローだと知るのは、ごくわずかの人間だけです。

まずは本物の信長で、今は明智家の養子となり、明智光秀となっています(ややこしい…)。当然、顔はサブローと瓜ふたつです。

そして信長サブローの正室(妻)となった帰蝶(きちょう)も知っています。本物の信長とは不仲でしたが、サブローとは思いを通わせます。

信長サブローの腹心の部下・池田恒興も、人物像の変化により察しました。

羽柴秀吉も気づきます。

…秀吉は幼少期の名を伝次郎と言いました。庶民の子として生まれた伝次郎は、幼き頃に自分の村が織田信長(本物)の気まぐれによって焼き討ちに遭い、母が目の前で殺されたことで、ひそかに織田信長に復讐を誓っていました。焼き討ちに遭った時、秀吉は倒れて来た火のついた木で、左腕に火傷の痣ができています。

秀吉は信長への復讐が悲願ですが、目の前にいる信長サブローは偽物で、本来復讐すべき本物の信長は明智光秀となっています。なんとか光秀(本物の信長)を陥れて殺すように仕向けねばならない…秀吉は策略を練ります。

信長サブローは安土城を完成させて、満足していました。

そんな信長サブローに、同じくタイムスリップしてきたヤクザ・松永弾正が「お前、もうすぐ死ぬじゃん」と助言します。

「え、俺、死ぬの?」…信長サブローは日本史が壊滅的にダメだったので、織田信長が殺されることを知りませんでした。ショックを受ける信長サブローに、松永は日本史の教科書を見せます。

そこには『信長の死後、1582年(天正10年)に羽柴秀吉が明智光秀を討ち、その後、清州城にて行われた信長の後継者と領地再配分を、筆頭家臣を集めて会議で決定することになった』とありました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「信長協奏曲のぶながコンツェルト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×