映画:受難

「受難」のネタバレあらすじと結末

受難の紹介:2013年公開の日本映画で、姫野カオルコの小説が原作。大友良英が音楽を、芦澤明子が撮影を担当し、岩佐真悠子主演で贈るファンタジーコメディ。性に悩む修道院育ちの女性が、ある日股間に人面瘡が出来てしまい、彼の罵声を浴びながらも共同生活を送る姿を描いている。

あらすじ動画

受難の主な出演者

フランチェス子(岩佐真悠子)、こがさん(古舘寛治)、まるさん&くっさん(淵上泰史)、いずみ(伊藤久美子)

受難のネタバレあらすじ

【起】- 受難のあらすじ1

修道院育ちで処女のフランチェス子は、自分の言葉を神に聞きいれてもらえないことに嘆いていました。
車に轢かれて頭から血を流すフランチェス子は、轢いた運転手に大丈夫ですか、とハンカチを渡します。
その後、スタジオでくっさんに、好きだからセックスしてと告白します。スタッフに笑われてしまうフランチェス子でした。
モデルの仕事も失って散々なフランチェス子は、股間に瘡の化け物が現れ、話しかけてきて驚きます。
人面瘡はここに現れても、男に誘われないし、使われないから大丈夫と言います。
フランチェス子は、人面瘡をこがさんと名付けます。
食堂で働きだしたフランチェス子は、男性に自分とセックスをしたいか尋ねます。すると全然と、笑いながら答えられます。
フランチェス子は、様々な男性にその質問を繰り返して行きます。666回繰り返しましたが、皆から全然と言われてしまいます。
こがさんからは、相応しい女になるべきとアドバイスされます。
フランチェス子は、落選の選考結果を見て、自分で入れた留守電を聞きます。その後に、こがさんにきゅうりを食べさせてあげます。
フランチェス子は55歳になったら、修道女に戻るつもりでした。こがさんは今でも修道女だと話します。
寂しいと口にしたフランチェス子に、こがさんは良い女が口にしてよい言葉だと注意します。
それを聞いたフランチェス子は、鞭で自分を叩いて反省します。

【承】- 受難のあらすじ2

ある夜、フランチェス子は、人気のない場所で揺れている車を見つけます。
こがさんに言われるまま近づくと、フランチェス子は、助けを求める女性の声を聞きます。
ドアを開けたフランチェス子は、襲っている男性に触れます。生まれて初めて、フランチェス子は、男性に触れました。
すると男性の股間が光って行きます。
新聞では、フランチェス子が連続強姦魔を逮捕したと載っていました。
以前の職場の友人が訪ねてきて、彼女の彼氏もやってきます。その彼氏とフランチェス子は握手をします。すると友人の彼氏は、股間が光り始めて前かがみになり、帰ることにします。
友人から男性器の形をした大人の玩具をもらって、フランチェス子が触れると、たちまち溶けて壊れてしまいます。
フランチェス子は自分がおかしいことに気づきます。
くっさんが自主製作したCDを友人からもらい、フランチェス子は偽名で何枚も通販で購入することにします。これでくっさんに利益が行くはずです。
その後、フランチェス子は、エッチするために部屋を貸してと、友人ののんこに頼まれて応じます。
そこで、部屋をリフォームし、様々な人に貸してあげることにします。さらに彼らの好みに合わせて、セックスの斡旋もしていきます。
こがさんは何やってるんだと突っ込みます。

【転】- 受難のあらすじ3

のんこの彼氏のまるさんは、酔っぱらってフランチェス子の家にやってきます。あの部屋でのんこが浮気していると思ったのです。
怒ったまるさんは、フランチェス子に襲い掛かります。フランチェス子に触れてしまい、まるさんは男性器が破壊されるだけでなく、髪も抜け落ちてしまって気絶します。
まるさんのファンから石が投げ込まれて、フランチェス子は自殺しようとします。こがさんは止めに入ります。
石がぶつかったフランチェス子は倒れます。こがさんは必死にフランチェス子を助けようと動かします。気が付いたフランチェス子はお礼を言います。
友人のいずみがやってきて、フランチェス子は相談を受けます。
いずみは、くっさんと付き合い始めていました。ただ、結婚できないでいました。くっさんが自分のことを処女だと思っているからで、まだセックスをできていませんでした。
しかもいずみは、欲求不満でクライアントと浮気をしてしまったことを話します。
フランチェス子は、明日出かけとくから、くっさんと部屋を使うように勧めます。
目を覚ましたフランチェス子は、ベッドに拘束されていました。これはこがさんが仕組んでいました。
彼女がいずみと思ったくっさんは、好きと言ってフランチェス子を抱きます。こがさんは痛くて仕方ありませんでした。くっさんは、まるで生きているようだと言います。
シャワーを浴びたフランチェス子は、いずみのフリをして、くっさんに先に帰ってと頼みます。

【結】- 受難のあらすじ4

翌日、フランチェス子の股間から、こがさんはいなくなっていました。
しばらくして、いずみが家を訪ねてきます。フランチェス子は、役に立てたのかと聞きます。いずみは頷きます。
フランチェス子は、言わなくていいことだからと話し、気を付けて帰ってと最後に言います。いずみは、くっさんと結婚できることになったと、フランチェス子にお礼を言います。
くっさんといずみの結婚式に、フランチェス子は行きます。そこでくっさんは、スタジオで告白してくれたことが嬉しかったと言います。
帰り道、フランチェス子はこの建物の中に、たくさんの幸せが詰まっていると思います。
しかし、そうとは限らないと、こがさんの声を聞こえてきます。
こがさんは、フランチェス子の股間に戻ってきました。
フランチェス子は、こがさんに結婚しない?とプロポーズします。同棲するようになって良かったのです。
こがさんは、そこまで彼女が諦めているとは思っていませんでした。
フランチェス子は、この届かない距離が自分たちらしいと言って、こがさんに愛していると伝えます。
するとフランチェス子の股間が光り出して、こがさんが消えてしまいます。
代わりに銅像が目の前に現れます。これがこがさんの本来の姿でした。
こがさんはある国の王子で、彼の銅像が建てられました。しかし銅像の宝石は全て盗まれ、こがさんの功績は嘘とされ、こがさんは消えました。そしてみすぼらしい銅像と一体になり、さらに醜い化け物に変わりました。
フランチェス子は、このままの姿で構わないと言います。
それを聞いたこがさんは涙を流します。
フランチェス子がキスをすると、銅像が溶けて行って、こがさんは人の姿に戻ります。
フランチェス子とこがさんは、ベッドの上で愛し合います。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、ほのぼのとした展開の中で、セクシーなシーンや言葉が行き交います。
フランチェス子の天然な性格が癒やしてくれて、こがさんの下ネタと駄目だしがスパイスになっています。
見所はやはりフランチェス子役の岩佐真悠子のヌードシーンではないでしょうか。他にも出演者の脱ぐシーンがあるので、見ていて興奮できるでしょう。
股間にこがさんが現れているので、自分の股を除くフランチェス子の姿は面白くなっています。
最後はメルヘンチックな終わり方で、これまたほのぼのとします。ほのぼのセクシー映画を見たい時に、お勧めになっています。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「受難」の商品はこちら