「映画 怪物くん」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

【転】– 映画 怪物くんのあらすじ3

映画 怪物くんのシーン3

画像引用元:YouTube / 映画 怪物くんトレーラー映像

ヴィシャールの背後には、デモキンがついていました。ヴィシャールは怪物くんを取り逃がしてしまったと焦りますが、デモキンは「慌てることはない」と声をかけます。

ピラリ姫が怪物くんたちに、状況を説明します。ピラリ姫とカー少年は姉弟で、彼らの両親がこの王国を治める王でした。ピラリ姫の両親は幼い頃に亡くなっていましたが、この国の民はみんな互いを思いやるやさしい心を持つ人たちで、幼いピラリ姫とカー少年をあたたかく見守っていました。2人はそんな国民に見守られながら、次の王として王宮で暮らしていました。

ところが3箇月前に魔物が王宮を襲い、王宮から火の手が上がりました。ピラリ姫とカー少年は王宮から逃げ出しました。その数日後、気づくとヴィシャールが魔物退治の立役者として祭り上げられていました。ピラリ姫とカー少年は居場所がなくなって困っていました。

岩石男のヴィシャールは、石をダイヤモンドにする能力を持っていました。ダイヤをばらまいて国民の歓心を買っています。ダイヤを手に入れた国民たちは「もっと欲しい」という欲望を抱き、そのよこしまな欲望が吸い上げられていました。デモキンがその欲望を使って、デモリーナを復活させようとしています。

サニルのアジトにヴィシャールが攻めてくると、ピラリ姫を差し出せと言います。サニルが爆弾を受けて足をケガし、これ以上の犠牲を出したくないピラリ姫は、自ら王宮に行くと言い出しました。怪物くんたちには「王宮で贅沢したい」と嘘を告げて、王宮に戻っていきます。ヴィシャールはピラリ姫が戻ってきたことを喜び、魔王石をプレゼントしました。「明日の婚礼で身に着けろ」と渡します。

アジトにいる怪物くんのところへ、ドラゴンがやってきました。ピラリ姫がカー少年に託した手紙を持っています。手紙には明日の結婚式でピラリ姫は国民の洗脳を解くと書いていました。自分の命を賭けて国民に訴えるので、カー少年は自分亡き後の国を任せると書いていました。自分のワガママを許してほしいと書いていました。ドラキュラたちは怪物くんに、ピラリ姫を救おうと言います。念力が使えないからと怪物くんがためらうと、ドラキュラたち3人はドラゴンに乗って王宮へ行きました。自分たちがなんとかしようと考えています。

王宮では国民の欲望を使って復活を遂げるデモリーナが、意識を取り戻します。デモキンはデモリーナと会話ができて、喜びました。指輪を渡し、永遠の愛の証だと言います。

ドラキュラたちは王宮に行きましたが、すぐに捕えられてしまいました。地下に幽閉されます。人間界でのトラブルの様子を、怪物大王と爺やは水晶玉で見ています。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「映画 怪物くん」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×