映画:空海-KU-KAI-美しき王妃の謎

「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎の紹介:長安に渡った空海は詩人・白楽天と共に、王朝を震撼させていた怪事件の真相を解明することに。やがて2人は絶世の美女・楊貴妃に関する悲しき過去に対峙する…。空前の規模で贈る冒険ミステリー。 2018年公開の日中合作。夢枕獏の伝奇小説『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』を巨匠チェン・カイコー監督が映像化。RADWIMPSが主題歌を提供したことや、日中の豪華キャストの共演が話題となった。

あらすじ動画

空海-KU-KAI-美しき王妃の謎の主な出演者

空海(染谷将太)、白楽天(ホアン・シュアン)、楊貴妃(チャン・ロンロン)、大師(火野正平)、白玲(松坂慶子)、春琴(キティ・チャン)、陳雲樵(チャーリー・バーネット)、白龍(リウ・ハオラン)、丹龍(オウ・ハオ)、瓜翁(チェン・タイシェン)、玄宗皇帝(チャン・ルーイー)、阿倍仲麻呂(阿部寛)

空海-KU-KAI-美しき王妃の謎のネタバレあらすじ

【起】– 空海-KU-KAI-美しき王妃の謎のあらすじ1

8世紀・中国は唐の時代。首都長安は世界最大の都市で、世界中から多くの遣唐使が派遣されていました。

倭国の若き僧侶・空海は、師匠の遺言である密教を授かるために、荒れる海原を乗り越えて入唐しました。このころ長安では権力者が次々に謎の死を遂げており、7日もうなされている皇帝に法術を施してほしいと空海は宮廷に招かれます。皇帝の崩御を目前にした空海ですが風邪などではないと見抜き、宮殿では飼われていないはずの黒猫の毛や足跡を見つけました。この時空海は、起居郎(皇帝の記録係)である白楽天という男とともに、次の皇帝を狙うと記された謎の札を発見します。

白楽天は皇帝の崩御について、真実ではない記述はできず役職を罷免されます。本当は白居易という名の詩人である彼は、長恨歌という作品を書いている途中で、詩の制作に専念することにしました。

皇帝の死を不審に思った白楽天は、先代皇帝・玄宗の宮殿へ侵入すると、厳重に保管されていた宝物を盗み出しました。また金吾衛(宮中や都の治安維持をする役人)の1人である陳雲樵の家に、言葉を発する不気味な黒猫が現れたと聞いた白楽天は、これらの情報を持って空海を訪ねます。空海は優れた洞察力によって、白居易が彼であることを見抜いてしまうのでした。

意気投合した2人が街を歩くと、幻術を使うスイカ売りの瓜翁という男に遭遇します。瓜翁の見事な幻術を目の当たりにした空海は、黒猫の存在もあり得るのではと考えました。そこで空海と白楽天は、雲樵の後を追って妓楼へ向かいます。やがて宴の席に噂の黒猫が現れ、次々と男たちを攻撃しました。黒猫は「借りは返すもの。明晩お前の家へ行く」と雲樵に言い残し、姿を消したのです。

空海は密教の教えを乞いたい青龍寺の門さえもくぐれず、帰国しようとしていました。ところが再び新皇帝も倒れた宮中は騒然の最中救いを求めており、そこで白楽天は空海を長安に残すため、彼と共に謎の解明のため動きだすのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×