映画:美女捨山

「美女捨山」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

美女捨山の紹介:2016年製作の日本映画。姥捨山をモチーフに描いたおとぎ話のようなダークファンタジー・ドラマ。美女は男を破滅させる悪しき魔物とし、20歳の誕生日を迎えると強制的に山に遺棄されるとある国。美女を山頂まで運ぶ大役を務める男の妻は、ある日夫の不審な行動を目撃し…。

あらすじ動画

美女捨山の主な出演者

金髪の男(アベラヒデノブ)、(池田香織)、(小林夏子)、(澤口明宏)、(朱永菁)、(清野優美)、(東美菜)、トシオ(小野塚老)、(川崎清美)、トシオの妻(佐藤和紅)

美女捨山のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①日本では美女が20歳になった瞬間、山に捨てられることに。醜女と認められた者だけが村に残り、男と結婚し子をもうけることが認められる。美女を山に捨てる仕事をするトシオは国の決めた法令に矛盾を感じ、美女たちをひそかにかくまっていた。 ②全国で男性が風邪に似た謎の病で倒れ始める。原因不明だったがそれは「美女足らず」という病であった。トシオは小屋に隠した10人の美女と共に山を下りる。

【起】– 美女捨山のあらすじ1

〝美女とは、容姿の美しい女性のことを指し、

醜女(しこめ)とは容姿の醜い女のことを指す。〟

ある時代の日本。

政府は、美女はよくないものと考え、美女がいると男を破滅させるという見解を寄せていました。

法令により、美女は20歳の誕生日を迎えた瞬間に、国の法令により、山に捨てられます。

一度山に入ったら最後、一切の私語は禁物です。

「美女の毒」が出るのが、ちょうど20歳の頃なのだと言われていました。

美女はとにかく欲深く、化粧をして金を使い、さらには男を色香で惑わせる悪しきものだという考えが、世間ではまことしやかに通用しています。

対照的に、醜女は献身的でよく働くと、珍重されました。

ある田舎の山村。

そこでは、2人の背広を着た役人の男性が美女か醜女かの判定をします。

美女だと判定され次第、トシオという初老の域に入った男性が背負い、山に捨てにいきます。

女性は白装束を着せられて、ひとこともしゃべってはなりません。

トシオは美女を山のふもとから、しょいこで背負うと、えんえん山道をかついで山まで捨てにいきます。

その時も、紅を引いた女性は美女の判定がなされ、20歳の誕生日を迎えた正午に、捨てられるという判定をされました。

トシオはその女性を背負い、山まで捨てにいきます。

若い青年・キヨシが冷やかしで見に来ました。

さらに、金髪の頭の男が生卵を美女に投げつけます。「美女はこの世の災いだ。美女は去れ」という言葉を吐きます。

山へ着くと、トシオは「いつ死ぬか人それぞれだ」と断った後、一番多いのは山を降りようとして遭難するパターンだと告げました。ほかにも森でクマに食われたり、捨てられたその場所で静かに餓死するケースもあるそうです。

別の日。

その日に判定された美女は、あっけらかんとしていました。

これから山に捨てられるというのに、あまり悲しそうにしていません。

トシオは山に入ると一旦美女を降ろし、木の陰に置いていた大きな荷物を美女に背負わせます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「美女捨山」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×