「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

孫悟空が五行山に幽閉封印されてから500年が経った頃、観音菩薩は三蔵法師に人々を救う経典を求め天竺を目指す使命を与えた。 三蔵法師によって封印を解かれた悟空だったが頭に金の輪っかを嵌められ、観音菩薩から道中三蔵法師を守るように命じられる。 しかし行く先には永遠の命を手に入れるため三蔵法師の一行を妖怪“白骨婦人”が手ぐすねを引いて待っていた。

あらすじ動画

西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人の主な出演者

• 孫悟空:アーロン・クォック • 白骨夫人:コン・リー • 三蔵法師:ウィリアム・フォン • 猪八戒:シャオ・シェンヤン • 沙悟浄:ヒム・ロー • 観音菩薩:ケリー・チャン • 雲海西国の王:クリス・フィリップス

西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人のネタバレあらすじ

【起】– 西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人のあらすじ1

西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人のシーン1

画像引用元:YouTube / 西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人トレーラー映像

孫悟空が五行山に幽閉封印されてから500年が経った頃、観音菩薩は三蔵法師に人々を救う経典を求め天竺を目指す使命を与えた。

それを受けた三蔵法師は僕を連れ馬にまたがり唐を発った。

そして五行山に入った時、巨大な虎に追いかけられ三蔵法師は岩の隙間に逃げ込んだ。

その奥には悟空が閉じ込められており、身動きの取れない悟空は三蔵法師に目の前にぶら下がっている布を引き抜いてくれと頼んだ。

布は護符だったため三蔵法師はためらったが、虎から守ってやると言われ思い切って引き抜いた。

すると、岩は砕け山が吹き飛んだ。

悟空は砕け飛ぶ岩の塊に飛び移りながら、同じく岩の塊を飛び移り襲い掛かってくる虎を倒した。

悟空にも天竺に向かう和尚を守れという観音菩薩からの命令があったのだが、暴れん坊の悟空を前に三蔵法師は「必要ない」という。

これ幸いにと悟空はどこかへすっ飛んで行った。

すると三蔵法師が持っていた行李の蓋が勝手に開き、黄金の輪っか・緊箍児(きんこじ)が悟空を追って飛んで行った。

暫くして緊箍児を頭に付けた悟空が戻って来て、自分では取れないこの輪っかを取ってくれと頼む。

三蔵法師が緊箍児に書かれた文字を読み上げ始めると悟空は頭を抱えて苦しみだす。

この様子を天空からご覧になっていた観音菩薩は悟空に、「三蔵法師は前世で釈迦如来様の弟子、金蝉子(こんぜんし)でした。そなたは三蔵法師を師と仰ぎ、危険から身を守り尊敬すること。天竺の大雷音寺で経典を得れば頭の緊箍児は外れます」と語りかけた。

それを聞いた悟空は筋斗雲を呼び天竺に向かったが、着いたところは五行山で三蔵法師の目の前だった。

三蔵法師が、困難を乗り越え一歩ずつ進むことが修業となると悟空に諭した時、川から一匹の巨大な龍が現われ、二人に襲いかかった。

悟空はすぐさま三蔵法師を守り、龍のしっぽを掴むと頭から地面に叩きつけた。

悟空がもう一度龍を地面に叩きつけると、龍は白馬の玉龍に変わった。

三蔵法師は玉龍にまたがり悟空と旅を続けることになった。

途中二人は観音菩薩の命令で三蔵法師の弟子となり、旅の供をする猪八戒と沙悟浄と出会う。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×