映画:遠くの空に消えた

「遠くの空に消えた」のネタバレあらすじと結末

ファンタジー映画

遠くの空に消えたの紹介:2007年公開の日本映画。行定勲監督のオリジナル作品。空港建設をめぐる北海道の田舎村で、反対派と推進派で動く大人たちの思惑をよそに、ある少女の夢をかなえるために少年たちが奮闘する物語である。

あらすじ動画

遠くの空に消えたの主な出演者

楠木亮介(神木隆之介)、土田公平(ささの友間)、柏手ヒハル(大後寿々花)、赤星(長塚圭史)、土田信平(小日向文世)、楠木雄一郎(三浦友和)、BAR「花園」ママ(大竹しのぶ)、土田スミ(鈴木砂羽)、トバ(田中哲司)、サワコ先生(伊藤歩)、天童(石橋蓮司)

遠くの空に消えたのネタバレあらすじ

【起】– 遠くの空に消えたのあらすじ1

1980年代の話です…。

亮介は父・雄一郎の仕事の都合で馬酔(まよい)村に転校しました。都会の香りをまとった亮介は、早速クラスの女子の人気者になります。

ところがこれを快く思わなかったのは、地元の男子生徒を束ねるリーダー・公平でした。公平は亮介に戦いを挑みますが、2人して肥溜めに落ちてしまいます。でもこれがきっかけで、亮介と公平は仲良くなりました。

亮介と公平は、空に向かって呪文を唱える不思議な少女と出会い、親しくなります。その少女・ヒハルは父がUFOに連れ去られたと信じており、UFOとの交信を試みようとしていました。

さて村の大人たちの間では、たいへんな問題が起きていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「遠くの空に消えた」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×