「Dr.パルナサスの鏡」のネタバレあらすじと結末

ファンタジー映画

2009年製作のアメリカ映画。主演のヒース・レジャーが作品完成前に他界してしまい、彼の意思を引き継いでジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウら豪華キャストが代役を務めた話題作。 1000年もの年月を生きたと称されているDr.パルナサスは、パーシー、アントンそして娘のヴァレンティナの4人で旅をしながら「パルナサス博士のイマジナリウム」と呼ばれる見せ物を開催していました。そのサーカスでは、鏡の世界に入る客にその人の欲望を見せてあげるというものでした。しかし、その見せ物はパルナサス博士が悪魔と取引した見せ物でした。その取引の代償は娘が16歳になった時に彼女を悪魔に引き渡すというもので…。

Dr.パルナサスの鏡の主な出演者

Dr.パルナサスの鏡のネタバレあらすじ

【起】– Dr.パルナサスの鏡のあらすじ1

※今回執筆いただいた内容は、別のID・に付け替えられて公開されました。

業務進行をいただいた内容が削除されたわけではありませんので、ご安心ください。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「Dr.パルナサスの鏡」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×