映画:13ラブ30サーティンラブサーティ

「13ラブ30サーティンラブサーティ」のネタバレあらすじと結末

13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティの紹介:2004年に製作されたアメリカ映画で、ゲイリー・ウィニックが監督を、セオドア・シャピロが音楽を務めた作品。主演はジェニファー・ガーナーで、マーク・ラファロやキャシー・ベイカーらも出演したファンタジーラブコメディ。13歳の少女の心のまま、30歳になってしまった女性が、成長していく様を描いている。

13ラブ30サーティンラブサーティの主な出演者

30歳のジェナ(ジェニファー・ガーナー)、マット(マーク・ラファロ)、ルーシー「トムトム」(ジュディ・グリア)、リチャード(アンディ・サーキス)、ビバリー(キャシー・ベイカー)、ウェイン(フィル・リーヴス)、13歳のジェナ(クリスタ・B・アレン)、子供の頃のマット(ショーン・マークエット)、トリシュ(キルステン・ウォーレン)

13ラブ30サーティンラブサーティのネタバレあらすじ

【起】- 13ラブ30サーティンラブサーティのあらすじ1

13歳の誕生日を迎えたジェナは、同じ学校の6ガールズに憧れており、彼女たちみたいに格好良くなりたいと思っていました。
ジェナの誕生日パーティーが開かれるのですが、6ガールズのトムトムから、クリスの代わりに宿題を頼まれます。快く引き受けるジェナでしたが、友人のマットからは反対されます。
ジェナは雑誌のポイズ誌に載っている、リッチで気ままな30歳を見て、直ぐにでもなりたいと思っていました。
マットから手作りのドリームハウスをプレゼントされ、さらに魔法の粉をマットに撒いてもらいます。願い事をしながら、この粉を振りまくと願いが叶うと言われています。
ジェナの家に、6ガールズやクリスたち男の子が訪ねてきます。マットの趣味の音楽を流していると、トムトムに却下されます。
ジェナはトムトムにゲームをしようと提案されて、クローゼットに入ります。トムトムはこっそりとクリスがやってくるからと彼女に教えます。
ジェナがクローゼットにいる間に、トムトムはビールを飲みに帰ろうと皆に提案します。そして戻ってきたマットに、クローゼットに行くようにと言います。
目隠しをとったジェナは、やってきたのがクリスではなくて、マットだと気づきます。皆が帰ったのは、きっとマットが何かしたのだと思うジェナでした。マットは何もしてないと言います。
皆が嫌いになったジェナは、リッチで気ままな30歳がいいと願います。目が覚めた時、ジェナは30歳になっており、彼氏でプロホッケー選手のアレックスが裸でいて、家を飛び出して行きます。
トムトムは親友となっており、名前はルーシーになっていました。ルーシーはジェナと同じポイズ誌の同僚です。ジェナはポイズ誌の編集者となっていました。

【承】- 13ラブ30サーティンラブサーティのあらすじ2

会議に出席したジェナは、ライバル雑誌のスパークル誌に、7ヶ月連続で出し抜かれたことを聞きます。
その後、助手のアーリーンから、ジェナはマットの住所を聞いてもらって向かいます。マットは背が伸びていて、別人になっていました。
高校以来会ってないこともあり、マットはもう友達ではないのだと話します。
あの誕生日の後、ジェナは6ガールズのリーダーにまでなっており、さらにプロムクイーンになり、クリスと写真に写っていました。
話していくうち、マットは元のジェナに戻ったようで安心します。
それからジェナは出版業の勉強をして、またリッチで気ままな30歳を楽しみます。
ある夜、ジェナはマットと再び再会します。マットの横には、テレビ局で天気を伝えている婚約者のウェンディがいました。
仕事の会議に出席したジェナは、購読者が減っていく一方なことから、新しいことに挑戦するよう提案されます。
自分のオフィスに戻ったジェナは、同僚の夫が面会に来ていて、彼と不倫をしていたことを知ります。
さらにジェナは、ルーシーのオフィスを横切った時、彼女が自分に内緒でカメラマンを雇っていることや、最近の仕事の行動に付き合いきれないと愚痴をこぼしているのを聞きます。
ジェナは自分が秘書をクビにしていたり、同僚の夫と不倫していたことに、自分がどれだけ酷い大人になっているのか知って傷つきます。

【転】- 13ラブ30サーティンラブサーティのあらすじ3

マットに会ったジェナは、なぜ友達でいられなくなったのか聞くことにします。
あの誕生日パーティーのクローゼットのゲームの時、マットは歌を歌いました。するとジェナにドリームハウスを投げつけられ、それから口を利いてもらえなくなりました。その話しを聞いたジェナはマットに謝ります。
実家に帰ったジェナは、あのクローゼットの中で泣き続けます。そして両親に会い、励ましてもらうのでした。
仕事で新しい挑戦を1人で進め始めたジェナは、マットにカメラマンを頼んで、卒業写真をイメージした写真を撮ってもらいます。これを新しい企画として使うのです。
そして彼と一緒にお菓子を食べ、ブランコをして、大人なのに子供のようにはしゃぎます。ブランコから下りた後、2人はキスをします。ジェナはマットこそ運命の人だと思います。
仕事の会議が開かれることになり、ルーシーは死をイメージした案を出しますが、周りの反応が悪くて却下されます。
それに対してジェナは、クビになっても仕方ないと言いながらも、親友や隣人のような人を見れる、心から楽しんでいる企画を提案します。それはとても楽しくて賑やかなものであり、笑うことができるものでした。時が経って気づくこともあるから、という意味を込めていました。ジェナの企画は大絶賛されます。
腹の虫が収まらないルーシーは、ジェナのオフィスの引き出しから、スパークル社の封筒を取り出して、トリシュに電話をします。
するとマットがやって来て、ルーシーはジェナがカメラマンとしてクビにすると言ってたと話します。また、あの写真はボツになったことにして、使用許可をもらうルーシーでした。

【結】- 13ラブ30サーティンラブサーティのあらすじ4

ジェナは上司から、会議が永遠に延期になったと言われます。あの企画をルーシーがスパークル社に売ったのです。さらにルーシーはスパークル社の編集長になりました。
ルーシーから封筒を渡されたジェナは、自分がスパイであったこと、そしてスパークル社の編集長になる気だったことを知ります。
バスに写っている、ルーシーが売ったマットの写真を見て、ジェナはタクシーを呼んで乗り込みます。そのタクシー運転手は太ってしまったクリスでした。クリスは未だ実家暮らしで、連絡先を聞いてきます。
彼を無視してタクシーを下りたジェナは、マットとウェンディの結婚式の会場に乗り込みます。1人準備していたマットに会ったジェナは、ルーシーの話しは自分ではなく、別人の話しだからと説明します。マットは昔からルーシーの話しは信じてないからと言います。
ジェナは自分の想いをマットに伝えます。それを聞いたマットは、ここ最近心がざわついていたけれども、時は取り戻せないこと、長い間別の道を歩んできたことから、ウェンディとの人生を選びます。ドリームハウスは努力して作るものだからです。
ジェナは、あのドリームハウスを見せてもらい、もらってもいいかと頼みます。結婚することが嬉しくて泣いているのだと言い訳し、ジェナはドリームハウスをもらって、マットにもう行ってと頼みます。
結婚式場の外で泣き続けるジェナは、ドリームハウスについていた魔法の粉が飛んでいくのを目の当たりにします。
13歳に戻ったジェナは、クローゼットを開けたマットに抱きついてキスをします。
そして結婚式場の扉が開いて、ジェナとマットの結婚式が開かれます。キスをした2人を皆が祝福してくれます。その後、ジェナとマットは新居に引っ越します。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、中身が子供のまま大人になってしまった少女が主人公です。大人の外見ながら、子供のようにはしゃぐジェナの姿が面白くなっています。
中身が少女のままなので、良い男といって近づくのが少年だったり、大好きなマイケル・ジャクソンのスリラーを踊ったり、突然アレックスに大人な関係を迫られて困ったりと、その言動に笑ってしまいます。
そんな笑える場面ばかりと思いきや、自分が酷い大人になっていたと気づいて、人のために仕事をしていくジェナの姿に感動できます。
また、マットこそが運命の人だと分かり、真実の愛に気づいて終わる最後の場面には、幸せな気持ちになれます。ジェニファー・ガーナー主演の映画は、まったくもって当たりばかりで、今作も見てよかったと心から思えました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「13ラブ30サーティンラブサーティ」の商品はこちら