映画:13ラブ30サーティンラブサーティ

「13ラブ30サーティンラブサーティ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティの紹介:2004年に製作されたアメリカ映画で、ゲイリー・ウィニックが監督を、セオドア・シャピロが音楽を務めた作品。主演はジェニファー・ガーナーで、マーク・ラファロやキャシー・ベイカーらも出演したファンタジーラブコメディ。13歳の少女の心のまま、30歳になってしまった女性が、成長していく様を描いている。

13ラブ30サーティンラブサーティの主な出演者

30歳のジェナ(ジェニファー・ガーナー)、マット(マーク・ラファロ)、ルーシー「トムトム」(ジュディ・グリア)、リチャード(アンディ・サーキス)、ビバリー(キャシー・ベイカー)、ウェイン(フィル・リーヴス)、13歳のジェナ(クリスタ・B・アレン)、子供の頃のマット(ショーン・マークエット)、トリシュ(キルステン・ウォーレン)

13ラブ30サーティンラブサーティのネタバレあらすじ

【起】– 13ラブ30サーティンラブサーティのあらすじ1

13歳の誕生日を迎えたジェナは、同じ学校の6ガールズに憧れており、彼女たちみたいに格好良くなりたいと思っていました。

ジェナの誕生日パーティーが開かれるのですが、6ガールズのトムトムから、クリスの代わりに宿題を頼まれます。快く引き受けるジェナでしたが、友人のマットからは反対されます。

ジェナは雑誌のポイズ誌に載っている、リッチで気ままな30歳を見て、直ぐにでもなりたいと思っていました。

マットから手作りのドリームハウスをプレゼントされ、さらに魔法の粉をマットに撒いてもらいます。願い事をしながら、この粉を振りまくと願いが叶うと言われています。

ジェナの家に、6ガールズやクリスたち男の子が訪ねてきます。マットの趣味の音楽を流していると、トムトムに却下されます。

ジェナはトムトムにゲームをしようと提案されて、クローゼットに入ります。トムトムはこっそりとクリスがやってくるからと彼女に教えます。

ジェナがクローゼットにいる間に、トムトムはビールを飲みに帰ろうと皆に提案します。そして戻ってきたマットに、クローゼットに行くようにと言います。

目隠しをとったジェナは、やってきたのがクリスではなくて、マットだと気づきます。皆が帰ったのは、きっとマットが何かしたのだと思うジェナでした。マットは何もしてないと言います。

皆が嫌いになったジェナは、リッチで気ままな30歳がいいと願います。目が覚めた時、ジェナは30歳になっており、彼氏でプロホッケー選手のアレックスが裸でいて、家を飛び出して行きます。

トムトムは親友となっており、名前はルーシーになっていました。ルーシーはジェナと同じポイズ誌の同僚です。ジェナはポイズ誌の編集者となっていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「13ラブ30サーティンラブサーティ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ