ファンタジー映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

子供向けから大人向けまで、おすすめのファンタジー映画をまとめています。ファンタジー映画は主に魔法や異世界、ドラゴン、魔法生物などが題材として扱われます。ファンタジーと聞くとディズニーや洋画の印象が強いですが、邦画にも魅力的な作品が数多くあります。

映画:星に願いを。
星に願いを。の紹介:2003年の公開作で、監督は『おしん(2013)』の冨樫森。風情溢れる函館の街を舞台に描くラブ・ファンタジー。事故で視力と声を失った笙吾は、看護師・奏の献身的な介護で生きる希望を取り戻していく。互いに特別な存在になっていった2人だったが、笙吾は突然命を落としてしまう。流星の計らいでこの世に戻った笙吾は、奏に大切な想いを伝えようとするのだったが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:タイムクルセイドドルフと聖地騎士団
タイムクルセイド ドルフと聖地騎士団の紹介:2006年に公開された映画です。テア・ベックマン氏の著書「ジーンズの少年十字軍」というアドベンチャー小説を原作とした映画で、13世紀の中世にタイムトラベルしてしまうという話です。中世を舞台としているためどこかファンタジーめいていますが、タイムトラベルというSF要素が散りばめられているのも本作の特徴だと言えるでしょう。一見子供向けですが、意外とシリアスな物語になっており、子供でも所かまわず死にます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:レジェンダリー
レジェンダリーの紹介:2011年に公開されたチェコのファンタジー映画です。人とドラゴンが共存する世界と謳ってはいますが、ドラゴンは冒頭にしか登場しません。基本的には真にドラゴンに立ち向かった勇者と偽物の勇者王子が、姫様を巡って争い合うといった内容です。なので恋愛に重きを置いている映画だと言え、ドラゴンとの壮大な戦いを期待している人には物足りないかもしれません。なお原題は「MICIMUTR」というもので、魔女マルガレッタを表わしています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:コーヒーが冷めないうちに
コーヒーが冷めないうちにの紹介:2018年9月21日公開の日本映画。本屋大賞の候補になるなどベストセラーとなった川口俊和の同名小説と、その続編を基にしたファンタジーテイストの人間ドラマ。店内のとある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという喫茶店を訪れる客たちと、謎多き店員たちが繰り広げる物語がつづられる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:あやかし神楽
あやかし神楽の紹介:2011年に公開された日本の特撮映画です。子役として有名な美山加恋氏が主演を務めています。巫女の家に生まれた主人公が、4人のお供やあやかしと共に妖怪マギラオに挑むという物語です。脇を固めるキャスト陣には、笑福亭鶴瓶氏の息子、駿河太郎氏や数多くのドラマに出演している浅野麻衣子氏が選ばれています。さらに本作のアクション監督を手掛けるのは、世界的スターのジャッキー・チェン氏やアクション俳優として有名なドニー・イェン氏と仕事をしたことのある谷垣健治氏です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ビューティフルクリーチャーズ光と闇に選ばれし者
ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者の紹介:全米でベストセラーになったヤングアダルト小説を、60億円の製作費をかけて映画化したラブ・ファンタジー大作。古い因習にとらわれたアメリカ南部の町に転向して来た少女は、光と闇の魔術を継ぐ魔術師だった。彼女と恋に落ちた主人公の運命は・・・?というストーリー。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ウタモノガタリCINEMAFIGHTERSproject「ファンキー」
ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-「ファンキー」の紹介:LDH JAPAN、SSFF&ASIAがタッグを組み、作詞家・小竹正人の詞を映像化するプロジェクトの『CINEMA FIGHTERS』に続く第2弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は『舟を編む』『夜空はいつでも最⾼密度の⻘⾊だ』の石井裕也。公開は2018年、作品原案曲は三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの『東京』。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ルイスと不思議の時計
ルイスと不思議の時計の紹介:2018年10月12日公開のアメリカ映画。ジョン・ベレアーズの人気小説を、ジャック・ブラックら個性派俳優の共演で映画化したファンタジー(だけれど怖い、ホラー風味)。事故で両親を亡くした10歳の少年が、魔法使いである伯父が暮らす古い屋敷で恐ろしい力を持った魔法の時計を見つけたことから、不思議な出来事に遭遇する…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:心が叫びたがってるんだ。(2017)
心が叫びたがってるんだ。(2017)の紹介:2017年公開。2014年に放送され話題を呼んだ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」のメインスタッフが集結し、同作と同じく秩父を舞台として制作されたアニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」の実写化作品。アニメ映画と同じく秩父を舞台としており、実際に秩父で撮影された。キャッチコピーは「《最高の失恋》は、あなたをきっと強くする」。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ヘンゼル&グレーテル(2013年アメリカ)
ヘンゼル&グレーテル(2013年アメリカ)の紹介:雪山ハイテンションスプラッタ映画「処刑山 デッド・スノウ」で注目されたノルウェー出身のトミー・ウィルコラ監督が、グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」の話をモチーフに、成長した2人が魔女ハンターになっていたという設定で描き出す、痛快なファンタジーアクション。日本では劇場未公開だが、アメリカでの公開時は、3D映画として公開された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:プーと大人になった僕
プーと大人になった僕の紹介:2018年公開。世界的に有名なディズニーの作品「くまのプーさん」」を実写映画化して話題となった作品。監督はマーク・フォスター。主人公クリストファー・ロビン役に、「スター・ウォーズ」「美女と野獣」などで知られているユアン・マクレガーを起用し、クリストファー・ロビンが、妻子を持ち仕事に追われる大人として登場。プーやその仲間たちと再会する物語が描かれる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ミートザフィーブルズ怒りのヒポポタマス
ミート・ザ・フィーブルズ/怒りのヒポポタマスの紹介:「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」でアカデミー賞を受賞したピーター・ジャクソン監督が、監督デビュー当時に製作していた「スプラッタ3部作」の2作目。人間の登場しない、擬人化された可愛らしい動物の人形が主役の映画だが、その人形たちがエログロスプラッタの限りを尽くす、ミュージカル仕立ての怪作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ナイトミュージアム2
ナイトミュージアム2の紹介:「ナイトミュージアム」の続編にあたる作品です。撮影場所であるスミソニアン博物館にライトセーバーが展示されていたため、作中にも小道具として登場します。そのうえ「スター・ウォーズ」のダース・ベイダーや「セサミストリート」のオスカー、クッキーモンスターもカメオ出演しています。なお本作ではスミソニアン博物館には展示されてはいない展示物もたくさん登場しており、中にはそもそも史実にはないオリジナルキャラクターもいます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:幕間
幕間の紹介:1924年のフランス制作のサイレント映画。スウェーデンバレエ団の公演『本日休演』の幕間に上映された実験的な映画で、特別なストーリーはなく、モンタージュ技術を駆使して制作された映像作品である。監督はシュルレアリスムの影響下にあったルネ・クレール。音楽を担当したエリック・サティは、数名の芸術家らと共に劇中にも登場する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×