1. トップ /
  2. サスペンス映画 /
  3. 八日目の蝉 /
  4. 八日目の蝉の無料動画

映画「八日目の蝉」の無料動画・映画見放題の対応状況を調査!

「八日目の蝉」ってどんな映画?

IMAGE

八日目の蝉 特別版 [DVD]

DVD > 日本のドラマ映画
アミューズソフトエンタテインメント
井上真央(出演),永作博美(出演),小池栄子(出演),森口瑤子(出演),成島出(監督)

¥4,140
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-21
八日目の蝉の紹介:2011年公開の日本映画。角田光代のベストセラー小説を、『孤高のメス』の監督・成島出が映像化した深遠な人間ドラマ。不倫相手の子を誘拐し4年間育てた希和子と、彼女に育てられた恵理菜の両者を軸にし、「母性」をテーマにした作品。
公開年2011年
カテゴリーサスペンス映画
この映画のあらすじ記事を読む

予告動画はこちら

映画の感想

これを見た時に、愛とは何だろうと考えました。もしわたしの母親が本当の母ではなく、誘拐犯だと知ったらわたしは母を責めるだろうか?恐らく答えはNOです。かおるが真実を知ったのはわずか4才。理解するのは無理でしょう。希和子がしたことは間違っていました。ですがかおるが希和子と会えなくなるのは何だか悲しく思います。二人が今後、会う可能性はあるのでしょうか?作者に質問してみたいですね。(投稿/ゲスト投稿者)他にもこの映画の感想を読む

「八日目の蝉」の無料動画はあるの?

「八日目の蝉」の無料動画は、残念ながらありませんでした。動画投稿サイト・ファイル交換サービスなどで違法アップロードされた映画や動画を入手できる可能性はありますが、違法行為なのでおすすめしません。

それでも無料で「八日目の蝉」が見たい!

Yahooが運営する映画サイト「GYAO」では、不定期更新で無料で映画が視聴できます。今日の段階で「八日目の蝉」が見れるかはわからないのですが、会員登録なしで見れるので太っ腹ですね!

GYAOで「八日目の蝉」が無料で見れるかどうか、検索してみることをおすすめします。

GYAO!でこの映画を検索 無料公開中の映画リストはこちら

安全に「八日目の蝉」を見る方法

映画をネットで安全に見る方法として「VOD(ビデオオンデマンド)」サービスに加入することをオススメします。

「VOD(ビデオオンデマンド)」サービスとは、月額固定の料金を支払うことで「見放題」に対応している映画が、1ヶ月に何本でも見れるサービスで、Amazonプライムビデオ、Netflix、U-NEXTなどがあります。

たとえばU-NEXTやAmazonプライムビデオは1ヶ月目は無料です。1ヶ月以内に解約すると料金はかからないため、無料で見たい映画を見ることが可能です。

映画見放題のVODサービスを比較する

「八日目の蝉」が対応しているVODサービスは?

それでは「八日目の蝉」が見れるVODサービスの調査結果を記載します!(調査時点の結果であり、詳細は各リンク先で確認をお願いします)

Amazonプライムビデオ見放題の対象です!
Netflix見放題の対象です!
U-NEXT見放題の対象です!

Amazonプライムビデオの「八日目の蝉」対応状況

Amazonプライムビデオで「八日目の蝉」を見ることができます!今なら無料30日間トライアルの申し込みが可能ですので、以下リンクからAmazonで諸条件をご確認ください。調査時点の結果であり、映画のラインナップは常に変わりますので、最新情報は必ずリンク先で確認をしてください。この映画のAmazonプライムページを見るAmazonプライムを申し込む

Netflixの「八日目の蝉」対応状況

Netflixで「八日目の蝉」を見ることができます!月額料金が発生しますので、以下リンクからNetflixで諸条件をご確認ください。調査時点の結果であり、映画のラインナップは常に変わりますので、最新情報は必ずリンク先で確認をしてください。この映画のNetflixページを見る

U-NEXTの「八日目の蝉」対応状況

U-NEXTで「八日目の蝉」を見ることができます!今なら無料30日間トライアルの申し込みが可能ですので、以下リンクからU-NEXTで諸条件をご確認ください。調査時点の結果であり、映画のラインナップは常に変わりますので、最新情報は必ずリンク先で確認をしてください。この映画のU-NEXTページを見るU-NEXTを申し込む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×