幅広い演技が魅力、サンドラ・ブロック出演映画おすすめ人気ランキングTOP25

幅広い演技が魅力、サンドラ・ブロック出演映画おすすめ人気ランキングTOP25

7位 実際の事件が題材の映画「完全犯罪クラブ」

IMAGE

完全犯罪クラブ (字幕版)

Prime Video > 映画
サンドラ・ブロック(出演),ベン・チャップリン(出演),ライアン・ゴズリング(出演),マイケル・ピット(出演),アグネス・ブルックナー(出演),クリス・ペン…

レンタル価格¥299~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-08-07

2002年に公開されたサイコスリラー映画「完全犯罪クラブ」。題材とされたのは、アメリカ合衆国の誘拐殺人犯である「レオポルドとローブ」。

殺人事件の捜査官であるキャシーとサム。2人は、林で女性の遺体が発見された事件を担当することに。キャシーはリチャードという高校生を疑いますが、彼にはアリバイが。そのころ発見現場に残されていたものから、リチャードと同じ高校のジャスティンの存在が明らかになり…。

予備知識は少なめにして見ることをおすすめしたい映画の1つ。

この映画のネタバレ記事はこちら!

6位 ジョン・グリシャム原作映画「評決のとき」

IMAGE

評決のとき(字幕版)

Prime Video > 映画
マシュー・マコノヒー(出演),サンドラ・ブロック(出演),サミュエル・L・ジャクソン(出演),ケヴィン・スペイシー(出演),オリヴァー・プラット(出演),ジ…

Amazonで見る

マシュー・マコノヒーの出世作となったのが1996年の映画「評決のとき」。サンドラ・ブロックはエレン役で出演しています。原作は「ペリカン文書」「依頼人」などで知られるジョン・グリシャム。

人種差別主義の白人青年ビリーとウィラードが、黒人の少女を暴行。少女の父親であるカールは、知人の弁護士ジェイクに相談。その様子から、早まった真似をしてはいけないとジェイクは忠告します。しかし、裁判所に連行されてきたビリーとウィラードをカールが射殺し…。

「この裁判は勝っても負けても正義になる」。ジェイクの恩師の言葉が印象的な映画です。舞台となるのは架空の町、クラントン。そこは差別の激しい場所。センシティブな題材であり、見ていてつらい気持ちにもなりますが、見ごたえのある映画です。

5位 シルヴェスター・スタローンが主演「デモリションマン」

IMAGE

デモリションマン (字幕版)

Prime Video > 映画
シルベスター・スタローン(出演),ウェズリー・スナイプス(出演),サンドラ・ブロック(出演),マルコ・ブランビヤ(監督),ジョエル・シルバー(プロデュース)…

レンタル価格¥299~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-08-07

シルヴェスター・スタローンが主演した1993年の映画「デモリションマン」。この映画でサンドラ・ブロックが演じているのは20世紀マニアの警部補レニーナ。

1996年。刑事スパルタンは凶悪犯フェニックスを逮捕。しかし罠によって人質が全員死亡し、スパルタンはフェニックスと同じ冷凍刑にされてしまいます。それから36年。解凍されたフェニックスが脱獄したことにより、スパルタンも解凍されて…。

近未来で解答されたスパルタンとレニーナの会話が楽しい映画。つい何度も見てしまう映画です。

4位 サンドラ・ブロックの出世作!「スピード」

IMAGE

スピード (字幕版)

Prime Video > 映画
Keanu Reeves(出演),Sandra Bullock(出演),Dennis Hopper(出演),Jan de Bont(監督)

レンタル価格¥1,500~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-08-07

1994年公開の「スピード」。監督はヤン・デ・ボン。

ロサンゼルス市警察SWAT隊員のジャックは、エレベーターに仕掛けられた爆弾を除去し、乗客を救出するも犯人には逃げられます。後日、犯人は路線バスに爆弾を仕掛けました。爆発を阻止するためにバスに乗るジャックですが勘違いした乗客が発砲したことにより運転手が負傷。そこで免停中でバス通勤していたアニーが運転をすることになり…。

あらすじなどいわずとも知れた大ヒット映画。キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックの出世作です。手に汗握る展開、いま見返しても面白いおすすめの映画。

この映画のネタバレ記事はこちら!

3位 泣きたいときにもおすすめ「微笑みをもう一度」

IMAGE

微笑みをもう一度 (字幕版)

Prime Video > 映画
Gena Rowlands(出演),Harry Jr.(出演),Sandra Bullock(出演),Forest Whitaker(監督)

レンタル価格¥299~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-08-07

1998年にサンドラ・ブロックが主演した映画が「微笑みをもう一度」です。監督はフォレスト・ウィテカー。

同じ高校の人気アメフト選手だったビルと結婚し、娘も生まれ幸せな日々を過ごすバーディ。しかし彼女は後悔テレビで、親友から、夫との浮気を知らされます。傷付いた彼女は実家のあるテキサス州へと向かうのですが…。

親友と夫の裏切りに傷付くバーディをサンドラ・ブロックが好演しています。この映画のサンドラ・ブロック、とてもうつくしくて印象的です。落ち込んだときに見ると少し癒やされる映画。泣きたいときにもおすすめです。

2位 依存症が題材「28DAYS」

IMAGE

28 Days (字幕版)

Prime Video > 映画
サンドラ・ブロック(出演),ヴィゴ・モーテンセン(出演),エリザベス・パーキンス(出演),Azura Skye(出演),スティーヴ・ブシェミ(出演),Dia…

レンタル価格¥100~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-08-07

「28DAYS」は2000年の映画。ただし日本では劇場未公開です。監督はベティ・トーマス。

お酒が好きで明るいグエン。お酒に酔っては楽しく過ごす彼女ですが、実は母親はアルコール依存症で亡くなっており、親戚に預けられて育っていました。そしてグエン自身も、アルコールと鎮痛剤の依存症です。そんなグエンは、たった1人の家族である姉の結婚式に泥酔して参加し、事故まで起こしてしまいます。その結果、厚生施設で28日間のリハビリを行うことになったグエンですが…。

ぜひ、じっくり見てほしい注目の映画。依存症が題材。さまざまな依存症に苦しむ人々が登場します。「やめられないつらさ」は見ていて苦しくなるほど。考えさせられる、とても良い映画です。

次のページへ
1 2 3 4 5
×