恩田陸おすすめ作品!魅力を知れば、読まずにいられない…恩田陸ワールド人気ランキングTOP25

恩田陸おすすめ作品!魅力を知れば、読まずにいられない…恩田陸ワールド人気ランキングTOP25

私が恩田陸さんを知ったのは、テレビ番組で見た「六番目の小夜子」が気になって、その原作を読んでみたいと思ったのがきっかけでした。以来、恩田陸さんのワールドにハマり、その魅力にどっぷりと浸かっています。恩田陸さんの作品には、数々の賞を受賞している作品、映像化された作品もあります。独特な世界観で、読者を魅了する恩田陸ワールド。今回は、そんな魅力溢れる恩田陸ワールドを楽しめる作品をご紹介します。

ライター/ハチ

子どもの頃からの読書好きが高じて、本に囲まれたくて司書として働いた経験があります。趣味が読書なのはもちろん、仕事でも幅広いジャンルの本を取り扱ってきた筆者が、おすすめの本を紹介します。

恩田陸作品の選び方は?

すでに有名な作家ですし、話題になった作品もあるので、ご存知の方も多いと思います。ですが、全く読んだことがない方はどんな作品がいいか迷いますよね。今回は、そんな方でも参考になるような選び方をまとめてみました。参考にしていただければ、嬉しいです。

選び方その1. 受賞作品から選ぶ

恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」は、直木三十五賞と本屋大賞、史上初ダブル受賞した作品です。本屋大賞は「夜のピクニック」と合わせて2度目の受賞という快挙を成し遂げています。その他にも、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、山本周五郎賞など…様々な賞を受賞。評価の高い作品を読みたいという方は、受賞作品から読んでみてはいかがでしょうか

選び方その2. 映像化された作品から選ぶ

受賞作品でもある「蜜蜂と遠雷」、「夜のピクニック」ですが、映画化されたことでも話題になりました。他に「木曜組曲」が映画化されており、「光の帝国」「ネバーランド」が、テレビドラマ化されています。何から読めばいいか分からない方は、映像化された作品から読んでみるのはいかがでしょうか

選び方その3. 内容から選ぶ

恩田陸さんの作品には、学生を扱った青春小説、SF、ミステリー、ホラー、冒険やそれらのジャンルが組み合わさった作品など、様々なジャンルを扱った作品があります。あらすじを見て、読みたい内容・ジャンルの作品から読んでいくのも一つの方法です。

また作品の中には、シリーズになっている作品、シリーズではありませんが、登場人物などで内容が繋がっている作品があります。どんなシリーズや内容かあらすじで確認し、シリーズや内容の繋がっている作品から順番に読んでいくのも良いかもしれません。

恩田陸おすすめ本ランキングTOP25

選び方を見たところで、それではランキングをTOP25からご紹介します。受賞作や話題作はもちろん、シリーズになっている作品、エッセイなどいろいろな作品を含めてランキングにまとめてみました。

25位 まずは短編作品から「私と踊って」

IMAGE

私と踊って(新潮文庫)

Kindle版 > 本
新潮社
恩田 陸(著)

¥624
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-08-15

ミステリーやSF、ショートショート、ホラー…バラエティに富んだ恩田陸作品を収録した19編の万華鏡。

新潮社から2015年に出版された短編集「私と踊って」。2010年に出版された短編集「朝日のようにさわやかに」同様、万華鏡のように様々なジャンルの恩田陸作品を味わうことのできる一冊です。ジャンルの異なる恩田陸作品を読んでみたい、どのジャンルの恩田陸作品が自分に合うか知りたいという人は、まずは短編から読んでみてはいかがでしょうか

24位 幻想的?! SF?! ホラー?! ファンタジー?!「MAZE」

IMAGE

MAZE 新装版 神原恵弥シリーズ (双葉文庫)

Kindle版 > 日本文学
双葉社
恩田陸(著)

¥446
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-08-16

アジアの西の果て、そこに入った人が出られなくなるという、荒野に立つ直方体の白い建物 通称「豆腐」。その人間消失の謎を解明すべく訪れた魅惑のウイルスハンター 神原恵弥と男たち。彼らを待ち受けていた真実とは…。

双葉社から出ている神原恵弥シリーズの一作目「MAZE」。幻想的な空間で起こるミステリー、個性的なキャラの主人公…SFなのか、ホラーなのか、ファンタジーなのか、色々な要素が絡み合う独特な世界観のある物語を楽しめます。こちらが気に入った方は、シリーズの続編も、ぜひ読んでみてください。

次のページへ
1 2 3 4 5
×