映画好きが太鼓判!おすすめ邦画人気ランキングTOP50

映画好きが太鼓判!おすすめ邦画人気ランキングTOP50

44位 愛されたくて仕方ない女子集合!リアルすぎる「愛がなんだ」

IMAGE

愛がなんだ

Prime Video > 映画
岸井ゆきの(出演),成田凌(出演),深川麻衣(出演),若葉竜也(出演),穂志もえか(出演),中島歩(出演),片岡礼子(出演),筒井真理子(出演),江口のりこ…

レンタル価格¥407~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-09-01

どうして好きかもわからない、いい人でもない、自分を大切にしてくれていないし、ましてや愛してもくれていない。恋人と呼べないのに何だこの関係は?というループに陥ったことがある大人女性、はい、集合してください。

”惚れてしまった男”に振り回される片思い女子、あなたが観るべき映画「愛がなんだ」をご紹介いたします。

ひとりの社会人女性が、恋人とは呼べず、決して好きではない。でも、惚れてしまった男性への真っ直ぐで痛々しい片想いを描くストーリーが展開します。これだけ聞いて自分だ!と思った方も多いのではないでしょうか。

恋愛における繊細な描写や表現が素晴らしい角田光代による恋愛小説を原作に作られた映画です。主演は岸井ゆきの、意中の相手であるマモちゃんは成田凌がつとめました。

大人の恋愛の形なんて本当に人それぞれですよね。昔からの幼馴染や同級生と結婚する人もいれば、アプリで出会ったり合コンでの出会いも。職場の同僚と恋愛もあれば、不倫に破天することも。ふつうに付き合って、ふつうに愛して愛されて、ふつうに結婚する。でも”ふつう”って実はとっても難しい。

大人女子におすすめの映画で「ピース・オブ・ケイク」もよく挙げられますが、本作はあれよりももっとリアル。ぐんとリアル。楽しいことばかりではないけれど、楽しいことだけで生きていける。恋ってそういうものかもしれません。

この映画のネタバレ記事はこちら!

43位 SFファンタジー!女性の胸に咲く美しい花「シャニダールの花」

IMAGE

シャニダールの花

Prime Video > 映画
綾野剛(出演),黒木華(出演),刈谷友衣子(出演),山下リオ(出演),古舘寛治(出演),伊藤歩(出演),石井岳龍(監督),じんのひろあき(Writer),石…

レンタル価格¥300~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-02-15

2013年に製作されたファンタジーな世界観で贈る不思議なラブストーリー。ファンタジーといっても、夢や魔法のキラキラの物語ではなく本作は少々ホラーのようなSF要素も含んだ独特な作品です。

この作品は、内容については深く考えなくても、主演の綾野剛と黒木華の雰囲気だけでも十分に見応えがありますよ。綾野剛の演技力と言いますか、演じる役の振り幅にはいつも驚かされます。ヤクザや不良、生命力の薄い青年まで。本作でも、綾野剛だから成立した。そんな風に思える役どころとなっています。

”シャニダール”と呼ばれる世にも美しく毒々しい鮮やかさを持つ花が、ごく一部の女性の胸に花を咲かせるという謎の現象にまつわる物語。「世にも奇妙な物語」なんかが好きな人は、きっとハマるのではないでしょうか。

第37回モントリオール世界映画祭の「フォーカス・オン・ワールド・シネマ」部門にも出品されており、素晴らしい映像美が完成を刺激する作品です。また、黒木華は本作でキネマ旬報ベスト・テン、ヨコハマ映画祭、ブルーリボン賞などで新人賞を受賞。彼女の静けさの中の美しさに魅了されてくださいね。

フランス映画の「ムード・インディゴ うたかたの日々」という映画も、少し似たような設定の作品になっています。気になった方はぜひチェックしてみてください。

この映画のネタバレ記事はこちら!

42位 人生をやり直したい人の再出発なら「オーバー・フェンス」

IMAGE

オーバー・フェンス

Prime Video > 映画
オダギリジョー(出演),蒼井優(出演),松田翔太(出演),北村有起哉(出演),満島真之介(出演),松澤匠(出演),鈴木常吉(出演),優香(出演),山下敦弘(…

レンタル価格¥400~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-09-07

家庭を顧みなかった男がひとりになり、新生活でのさまざまな出会いを描く作品。主人公の義男を演じるのはオダギリジョー、彼の脱力感と図らずもダダ漏れてしまう男の色気を感じられること間違いなし!

そして、オダギリジョーもさることながらやはり目が行くのはヒロインである蒼井優。ちょっと変わったキャバ嬢を演じているのですが、その体当たりの演技に目を伏せたくなってしまう瞬間も。見ているこちら側がしんどい!と、なってしまうようなシーンもあるので、心に余裕があるときに観てくださいね(笑)

佐藤泰志の短編小説を原作とした作品で、佐藤泰志著「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く「函館3部作」の最終章として位置づけられる本作。第8回TAMA映画賞では最優秀作品賞、主演男優賞をオダギリジョーが、主演女優賞を蒼井優が受賞しています。

家庭をかえりみなかった男・白岩は、離婚後地元の函館に戻り、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていました。将来の目標や楽しみもなく、抜け殻のようにただ働いて死ぬだけ。そう思っていたある日、訓練校仲間の代島に連れていかれたキャバクラで少し代わったホステスと出会います。

着飾りながらも全身で鳥の動きを真似てみせる彼女は聡(さとし)といい、美しさとどこか危うさを感じた白岩。白岩はすぐさま彼女に強く惹かれていくのでしたー。

この映画のネタバレ記事はこちら!

41位 マンガ好きならマストで観るべき!「バクマン。」

IMAGE

バクマン。

Prime Video > 映画
佐藤健(出演),神木隆之介(出演),染谷将太(出演),小松菜奈(出演),桐谷健太(出演),新井浩文(出演),皆川猿時(出演),宮藤官九郎(出演),山田孝之(…

レンタル価格¥500~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-07-17

少年ジャンプで育った少年&元少年、漫画家を志した人、マンガが好きな人…とにかく幅広い人が楽しめる本作。マンガに興味がない人も「おお!」となるであろう、3DCGやプロジェクションマッピングを登場させた、新しい映画になっています。

とりあえず気軽に観られて楽しめるので、見て損はない作品かと。一言でいうなら、高校生でありながら漫画家デビューを果たした2人の男子高校生の激動の日々を描きます。漫画家の裏側、高校生が送る甘酸っぱい青春、わかりやすい友情。そしてマンガ好きが必ずテンションの上がるであろうエンドロール!ぜひ、ご覧くださいませ。

原作となった漫画は言わずと知れた「DEATH NOTE」のタッグ、原作・大場つぐみと、作画・小畑健による「少年ジャンプ」連載のコミック。少年、好青年を演じさせたら右に出る者はいない、主人公にぴったりの佐藤健と神木隆之介が主演をつとめています。

しっかりとした役作りをすることで有名な俳優でもある佐藤健。今作では、締切に追われる“漫画家”の過酷さを表現するため、自ら睡眠時間を削って役作りに挑んだとのこと。「るろうに剣心」でのアクションにも度肝を抜かれましたが、こういったふつうの高校生役でもその役者魂を爆発させているんですね。

劇中の音楽と主題歌を担当したのは、人気ロックバンド・サカナクション。本作は、第39回日本アカデミー賞において最優秀音楽賞を受賞しました。まだ観たことがない人はぜひ!

この映画のネタバレ記事はこちら!

40位 人を狂わせるほどの愛が存在する「夏の終り」

IMAGE

夏の終り

Prime Video > 映画
熊切和嘉(監督)

レンタル価格¥400~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-08-28

だって、愛してるのー。

この作品で描かれるのは、ひとりの女と年上の男性。そして年下の男性。3人の三角関係を描き、2人の男の間で揺れ動く女性を雰囲気たっぷりで描いたラブストーリーが展開します。

運命の相手と出会って、愛し合いされて、付き合って、一生を添い遂げたい。そういったいわゆる”ふつうの女性”には少々理解しがたく、共感はあまりできないかもしれません。が、しかし”愛”にまっすぐな人の心には間違いなく響くはず。誰かを心の底から愛したことがある人は、ぜひ手にとってみてください。愛はときに人を狂わせるとはこのことか、と身にしみるはず。

主演をつとめたのは実力派女優の満島ひかり。自分の気持ちにまっすぐで、色気あふれる彼女の姿はまさに見事。観る人によっては主人公を「身勝手」や「ありえない」という人もいるでしょう。不倫や浮気や二股を正当化するつもりはありませんが、それでも人を狂わせるほどの愛が存在すると、ぜひ本作を観て知っていただきたいものですね。

主人公の愛した男性を綾野剛、小林薫が演じました。男性陣の色気や魅力も最高!活字をを映画にした、という感じがしっかりと出ていて湿度たっぷりで美しい作品です。

タイトルのとおり実際に夏の終わり頃、2013年8月31日に公開された映画。瀬戸内寂聴による短編小説を、熊切和嘉監督が映像化した作品です。まだ暑さが残る夏の日に、ぜひじめっとしながら鑑賞してみてはいかがでしょうか。

この映画のネタバレ記事はこちら!

39位 ラストでしっかり繋がる「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」

IMAGE

ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~

Prime Video > 映画
二宮和也(出演),西島秀俊(出演),綾野剛(出演),宮崎あおい(出演),竹野内豊(出演),滝田洋二郎(監督),林民夫(Writer),八木征志(プロデュース…

Amazonで見る

洋画でも邦画でも、料理系の映画って意外とたくさん存在していますよね。みなさんは自分からそういった”フード”系映画はお手にとりますでしょうか?普段手にとらないという方は、ぜひ一度観ていただきたいのが「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」です。

筆者も食わず嫌いでなかなか手を伸ばさなかったジャンルなのですが、これが意外と面白い!本作の「ラストレシピ」もそうですし、「武士の献立」や「南極料理人」、洋画の「幸せのレシピ」や「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」なんかも有おすすめですよ。

一度食べた料理の味を絶対に忘れないという舌を持つ料理人が、隠されたレシピを探し出す物語。料理やシェフの日々をメインテーマに扱いつつも、描かれるのは人間ドラマ。人間同士の関係性がとても繊細に表現されています。

主演をつとめたのは元・嵐の二宮和也。演技力に定評のある彼が、観ている者をどんどん物語に引き込んでいってくれます。共演は西島秀俊、宮崎あおい、綾野剛、竹野内豊など豪華キャストが出演していますよ。

ぜひ、騙されたと思って一度観てみてください。ラストでしっかりとすべてが繋がる爽快感、たまりません!

この映画のネタバレ記事はこちら!

次のページへ
1 2 3 4 5 6 7 8 9
×