映画好きが太鼓判!おすすめ邦画人気ランキングTOP50

映画好きが太鼓判!おすすめ邦画人気ランキングTOP50

38位 反抗期の娘VS母の執念「今日も嫌がらせ弁当」

IMAGE

今日も嫌がらせ弁当

Prime Video > 映画
篠原涼子(出演),芳根京子(出演),佐藤隆太(出演),松井玲奈(出演),佐藤寛太(出演),塚本連平(監督),塚本連平(Writer),中畠義之(プロデュース…

レンタル価格¥2,500~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-02-17

単純明快、わかりやすく感動できる親子映画を鑑賞したい方はこちらの作品をどうぞ!主演を篠原涼子がつとめ、娘役には今引っ張りだこの若手女優・芳根京子。八丈島を舞台に描かれる、シングルマザーの母と反抗期真っ只中の親子のバトルが描かれます

生意気な口を聞くどころか、必要最低限の会話もしない思春期・反抗期の高校生になった双葉。そんな娘の態度に怒り爆発の母は、態度を改めるまでは「お母さんもあなたの嫌がることをする」との宣戦布告

その言葉を皮切りに母の執念すさまじい反抗への反抗が始まったのでした。母の反抗とは、毎日娘が持っていくお弁当をさまざまな”キャラ弁”にすること。キャラものを卒業した娘が恥ずかしい思いをするよう仕向けたのでした。このバトル、いったいいつまで続くのやらー!?

篠原涼子さん演じる母の強さ、肝っ玉母ちゃん感がとにかく気持ちいい!親子喧嘩もテンポがよく、観ていてあっというまに時間が立ってしまいます。過去に反抗期のお子さんをお持ちの方、今現在進行中の方、そして自分が反抗期があったという方も共感できるポイントがたくさんあるのではないでしょうか。筆者は子供はいませんが、わかるな~とうんうん頷いてしまいましたね。

実話をもとに作られた映画ですので、当時実際に作っていたであろうキャラ弁の再現にも注目を。当時流行っていた出来事や、お笑い芸人なんかも。芸人さんは何人かナレーションも担当していますので、誰が出てくるのか楽しみに観てみてくださいね。

この映画のネタバレ記事はこちら!

37位 ハッピーエンドとは程遠い「楽園」

IMAGE

楽園

Prime Video > 映画
綾野剛(出演),杉咲花(出演),佐藤浩市(出演),柄本明(出演),村上虹郎(出演),片岡礼子(出演),黒沢あすか(出演),根岸季衣(出演),石橋静河(出演)…

レンタル価格¥2,500~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-08-28

なかなかにショッキングで、とてつもなく苦しい作品。鑑賞後、スッキリ!気分爽快!というわけには到底いかない作品ですので、そういった作品をお求めの方にはおすすめできない作品です。しかしながら深く考えさせられる作品ですし、出演陣の演技力に度肝を抜かれる映画。ハッピーエンドとは程遠い結末を覚悟して、ぜひご覧ください。

ジャンルとしてはヒューマン・サスペンスドラマ映画です。「悪人」や「横道世之介」の吉田修一の短編小説が原作となっていて、監督・脚本は瀬々敬久がつとめました。

12年前に田舎で起こった未解決の少女誘拐事件。そして、また同じ場所で起きた2つの事件について描かれていきます。

容疑者ではないかと疑われる物静かで笑顔のない青年、誘拐された少女の友人である少女、人里離れた小さな小さな集落に移り住んだ男。まったく違った人生を送る彼らが、それぞれの人生が、交錯して進む物語

本作「楽園」を観た人ならわかる、とにかく異彩を放つ演技を披露しているのは、犯人と疑われる男を演じた綾野剛。まさに憑依型のカメレオン俳優といわれるのも納得です。彼の表情が、歩き方が、仕草が。演技とは思えない、まるで本当の人物かのような演技は称賛に値します。

他の出演者も豪華な面々が揃っていて佐藤浩市、杉咲花が演じる役の苦悩にもぜひ注目を。自分ひとりではどうすることもできない状況に、観ているこちらまでも怒りや苦しさが伝染してくるかのようですよ。

この映画のネタバレ記事はこちら!

36位 彼が長年想い続けた人は男の人「窮鼠はチーズの夢を見る」

IMAGE

窮鼠はチーズの夢を見る

Prime Video > 映画
大倉忠義(出演),成田凌(出演),吉田志織(出演),さとうほなみ(出演),咲妃みゆ(出演),小原徳子(出演),行定勲(監督),堀泉杏(Writer)

Amazonで見る

水城せとなの同名コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」を実写化映画化した作品。妻もいた異性愛者のサラリーマンと、その大学時代の後輩でありゲイの男の関係が描かれます。

メガホンを撮ったのは「世界の中心で、愛をさけぶ」や「ナラタージュ」の行定勲監督恭一を関ジャニ∞の大倉忠義が、渉を成田凌が演じました。監督の描く世界観、空気感に見事にマッチしたキャストの演技力は素晴らしかったですね。

外見の美しい2人のイケメンのBL・・・と胸がざわついている腐女子の皆さんも多いのではないでしょうか?確かに2人のキスシーンや際どい濡れ場なんかもあります。裸のシーンも多く、がっつり絡みのシーンが描かれているので付き合いたてのカップルや家族で観るには少々気まずいかもしれません・・・。が、観てほしいのはそこだけではないんです。

本作において素晴らしいのは繊細な感情部分。男同士だからというだけではなく、人を好きになりすぎてしまったが故の苦悩。異性愛者の女性や男性でも、人を好きになったことがある人であればきっと共感できるはず。そういった部分にも、ぜひ注目して観てくださいね。

35位 平凡な主婦が横領と不倫に狂うなら 「紙の月」

IMAGE

紙の月

Prime Video > 映画
宮沢りえ(出演),池松壮亮(出演),大島優子(出演),田辺誠一(出演),近藤芳正(出演),石橋蓮司(出演),小林聡美(出演),吉田大八(監督),早船歌江子(…

Amazonで見る

女性の心の繊細さを描く小説家・角田光代のサスペンス小説を映画化した作品。「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八が監督をつとめ、原作よりもサスペンス色が強く表現された映画に仕上がりました。

平凡な主婦があるきっかけにより、働く銀行で横領をはじめ、またそれだけではなく不倫の沼へも足を踏み入れてしまう様が描かれます。一線を越えてしまった彼女を待つ結末とはー!?

ーときは1994年。子供には恵まれませんでしたが、穏やかで平和な家庭を築いていた一組の夫婦。妻・梨花はいたって平凡な主婦で、契約社員として銀行で働いていました。

毎日に特に大きな不満はないけれど、自分にあまり関心のない夫。少しずつ積み重なっていくストレスや違和感。そんなある日、ショッピング中に手持ちの現金が足りず、顧客のお金を一時的に借りてしまった梨花。たった一度、安易に行ってしまった”借り”が彼女を狂わせていくのでしたー。

梨花を演じるのは宮沢りえ。上品でおしとやか、美しい彼女がまさにぴたっとハマった役だったかと思います。最初から最後までミステリアスさを失わない宮沢りえさんの、独特なオーラは鳥肌もの。女って強くて、美しくて、恐ろしい生き物だな。と、同性の筆者でさえ、そんなふうに思ってしまいました。

その他のキャストとして、主人公の夫を田辺誠一が、年下の不倫相手を池松壮亮が演じ、元AKB48の大島優子が職場の後輩として出演していますよ。

この映画のネタバレ記事はこちら!

34位 不仲の家族に降り掛かった突然の災難!「サバイバルファミリー」

IMAGE

サバイバルファミリー

Prime Video > 映画
時任三郎(出演),泉澤祐希(出演),藤原紀香(出演),志尊淳(出演),柄本明(出演),小日向文世(出演),深津絵里(出演),宅麻伸(出演),渡辺えり(出演)…

レンタル価格¥400~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-07-02

感動だけじゃない家族モノ映画をお求めの方は、ぜひこちらの作品をどうぞ!

ある日突然電気がなくなった世界ー。反抗期、思春期を迎える息子と娘、そしてその両親4人家族。そんな世界でサバイバル生活を余儀なくされた家族が描かれます。

昨日までの生活とはうってかわった過酷な暮らし、家族に次から次へと降りかかるトラブルと危機的状況。バラバラだった家族は、過酷な生活を通して絆を取り戻すことはできるのでしょうかー。

監督をつとめたのは「ウォーターボーイズ」や「ハッピーフライト」でおなじみの矢口史靖。4人の家族は小日向文世、深津絵里、葵わかな、泉澤祐希が演じます。監督お得意の軽快なコメディ映画に仕上がっていますよ。

わたしたちが生きる世界はなんと便利で、なんて快適なんだろうと思い改めることもできる作品。携帯で会話ができる、調べ物ができる、マップを見ることができる。エアコンで快適な温度の中過ごすことができる。トイレで排泄ができる、清潔な空間で暮らせる。食べ物に困らない、飲水に飢えたりしない・・。

お子さんに、日々の些細なことへの感謝の気持ちを教える教育映画としてもおすすめできるのではないでしょうか。ぜひ、家族みなさんで観てみてくださいね。

この映画のネタバレ記事はこちら!

33位 光り輝いて死ぬファンタジーロマンスなら「君は月夜に光り輝く」

IMAGE

君は月夜に光り輝く

Prime Video > 映画
永野芽郁(出演),北村匠海(出演),甲斐翔真(出演),松本穂香(出演),今田美桜(出演),優香(出演),生田智子(出演),長谷川京子(出演),及川光博(出演…

レンタル価格¥500~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-10-14

今をときめくフレッシュな俳優&女優、北村匠海と永野芽郁が主演をつとめたファンタジー青春映画。不治の病・発光病という病に冒された女子高生と、男子高校生の切ない恋模様が描かれます。

クラスメイトでありながらもかかわりのなかったまみずと卓也の2人。まみずは”発光病”という、光り輝いて死んでいくという謎の奇病にかかっており入院していました。とあるきっかけで2人の距離は縮まることに。

発光病にかかった人は長く生きられない・・・まみずももちろん例外ではなく、病院から出られない日々を過ごしていました。彼女のため、彼女のやってみたいことを代行することになるのでした。

不思議な病といえども闘病と純愛の掛け合わせなので、お決まりの闘病モノのテンプレをきれいに回収していきます。意外性はないものの、やはり号泣必死

監督・月川翔の作品は初々しい恋愛と切ない展開がたまらない作品が多いですよね。本作以外にも「となりの怪物くん」や「君の膵臓をたべたい」なんかもおすすめでございます。恋愛映画とは少し違った「HIBIKI」も、老若男女楽しめるスカッと映画ですので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

この映画のネタバレ記事はこちら!

次のページへ
1 2 3 4 5 6 7 8 9
×