映画好きが太鼓判!おすすめ邦画人気ランキングTOP50

映画好きが太鼓判!おすすめ邦画人気ランキングTOP50

8位 普通だけど普通じゃない独特な世界観なら「リップヴァンウィンクルの花嫁」

IMAGE

リップヴァンウィンクルの花嫁【劇場版】

Prime Video > 映画
黒木華(出演),綾野剛(出演),Cocco(出演),原日出子(出演),地曳豪(出演),和田聰宏(出演),金田明夫(出演),毬谷友子(出演),佐生有語(出演)…

レンタル価格¥2,000~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-08-28

「この世界はさ、本当は幸せだらけなんだよー」

生々しいのだけれど美しい、リアルなようでどこかファンタジーを観ているかのような気になる世界観。そんな不思議な映画が「リップヴァンウィンクルの花嫁」です。

この長ったらしい映画タイトル、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?タイトルからも映画ジャケットからも、なかなか内容を予想できない本作。ヒューマンドラマであり、恋愛映画であり、ホラーであり、サスペンスであり、コメディでもあるかもしれない。筆者的にはいったいどんな映画なのか何の前情報もなしに鑑賞して、自由な感じ方をして欲しい作品です。

かんたんにストーリーをお伝えすると、恋愛にも仕事にも熱くなれない七海が「なんでも屋」の安室と出会い、今までの人生からは考えられなかった出来事にどんどん巻き込まれていく物語ー。

黒木華という女優に惚れ込んだ岩井俊二監督が、彼女をイメージして原作を書いたというこの作品。「リリイ・シュシュのすべて」や「スワロウテイル」の世界観が好きな方は間違いなくハマる作品だと思いますよ。

主演をつとめたのは先述のとおり黒木華、何事にも熱くなることのできない平々凡々な女性を演じました。最初から最後まで胡散臭い演技が光った綾野剛に、実際のイメージと役の雰囲気がぴったりだったCocco。三者三様にハマリ役で、他のキャストでは無理だっただろうと思わずにはいられません。

日常を切り取った作品ですが、ファンタジーを観ているような感覚にも陥ってしまう不思議さ。しかしそれでいて人間の生々しさが見え隠れする、絶妙なバランスがとにかく気持ち良い。3時間という時間を長く感じさせない作品です。観たことがない人はぜひ、お手にとってみてください。

この映画のネタバレ記事はこちら!

7位 これはすごい!秀逸ゾンビ映画なら「カメラを止めるな!」

IMAGE

カメラを止めるな!

Prime Video > 映画
濱津隆之(出演),真魚(出演),しゅはまはるみ(出演),長屋和彰(出演),細井学(出演),市原洋(出演),山﨑俊太郎(出演),大沢真一郎(出演),竹原芳子(…

レンタル価格¥330~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-07-03

観たことがないという人でも、きっとタイトルくらいは聞いたことがあるであろう本作品。2017年に公開されたホラー映画、いわゆるゾンビ映画でございます。しかし!ただのゾンビ映画ではございません。今までのホラー映画の概念を覆したといいますか、まったく違う!

この映画には巧妙な仕掛けが施されているのです。本編を観終わった後、ぜったいにもう一度はじめから観たくなる!そんな映画ですよ。まだ未鑑賞の方は騙されたと思って観てみてくださいね。

37分間ワンカットで撮影された映像。ゾンビ映画を撮影している映画スタッフや俳優陣の前に本物のゾンビが出現する・・・というのが大まかなストーリーとなっています。さて、これだけ聞くとどこにでもあるようなホラー映画の設定ですよね。本作がどのように展開していくのかは、観てのお楽しみとさせていただきます。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018で観客賞を受賞。そして、少ない制作費で完成度の高い映画を制作したと国内外の映画祭で話題となりました。監督・上田慎一郎にとっては初の劇場長編作品だったというから驚きですね。

この映画のネタバレ記事はこちら!

6位 ぜったいにもう一度観たくなる!新海誠作品なら「君の名は。」

IMAGE

君の名は。

Prime Video > 映画
神木隆之介(出演),上白石萌音(出演),成田凌(出演),悠木碧(出演),島﨑信長(出演),石川界人(出演),谷花音(出演),長澤まさみ(出演),市原悦子(出…

レンタル価格¥2,000~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-09-24

社会現象にもなった新海誠監督の「君の名は。」。まさか観たことがない、なんて人はもういらっしゃいませんよね?言わずもがなの傑作。新海誠監督の名を不動のものにした最高のアニメ映画です。

アニメーションだからこそ作り出せる色彩の美しさ、そして難解なストーリー、青春の甘酸っぱいときめき。学生も大人も誰もが楽しむことのできる。

ネタバレになってしまうので多くは語ることはできませんが、かんたんなあらすじは東京に暮らす高校生・瀧(たき)と田舎の山奥で暮らす女子高生・三葉(みつは)。2人はそれぞれお互いの体に入れ替わって生活をするという夢を見ます。

が、しかし。それは夢ではなく、実際に入れ替わっているという事実が明らかにー。

たまに見かける”入れ替わりもの”だけではなく、この映画の真髄はそこではありません。1000年に一度地球に接近するという彗星「ティアマト彗星」。その彗星の接近をめぐる出来事が肝なのです。

主人公2人の声優を担当したのはいくつになっても澄んだ少年・青年ボイスをお持ちの神木隆之介、そして今やドラマに映画に引っ張りだこの人気女優の上白石萌音

物語のはじめは入れ替わりにワクワクし、青春の甘酸っぱさを感じることでしょう。しかし、色々なことが明らかになるにつれ何やら想像していたルートから大きく逸れていくのです。このいい意味で期待を裏切ってくれる高揚感たるや!

筆者が大好きなのは、三葉が手を開くあの名シーン。鳥肌と涙と鼻水を垂らし震え上がりました。女子なら誰もがときめくこと間違いなしですよ。

もう一度いいます、ただの青春映画ではありません。一度観て理解ができなければ、ぜひもう一度観てください。そしてすべてを理解したあなたは、きっと!またもう一度観たくなる。そんな、超名作アニメです!

この映画のネタバレ記事はこちら!

5位 パルム・ドール賞受賞の名作なら「万引き家族」

IMAGE

万引き家族

Prime Video > 映画
リリー・フランキー(出演),安藤サクラ(出演),松岡茉優(出演),樹木希林(出演),城桧吏(出演),佐々木みゆ(出演),池松壮亮(出演),高良健吾(出演),…

Amazonで見る

もしもまだ観ていない人がいるのであれば、これは絶対に観ておくべき作品です。ザ・ヒューマンドラマと呼ぶにふさわしい、血のつながらない”ひとつの家族”の物語

アカデミー賞、セザール賞、アジア映画対象、ロサンゼルス映画批評家協会賞などなど数々の賞を受賞した名作です。中でも世界三大映画祭のひとつに数えられるカンヌ国際映画祭でのパルム・ドール受賞は大きな話題となりました。エンターテイメント性だけではなく、作品の完成度も評価される性にまさにぴったりの作品だと思います。

ストーリーは決してあっけらかんと観られるものではないので、多少の体力が必要かと。痛くて辛くてしんどい。まっとうに生きられない家族の生活は”幸せ”なのか。受け取り手によって、意見が分かれるかも知れませんね。

実力派と呼ぶにふさわしい出演陣の魅力が余すことなく発揮されている作品です。樹木希林、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮。キャスティングの素晴らしさだけでもスタンディングオベーションです!

映画をすべて観終わった後、映画ジャケットの家族の笑顔を観るとなんともいえない気持ちになるのは筆者だけでしょうか。すべてを知る人は誰もいない、伝わりきらないことのなんと苦しいことか。ぜひ、多少の気力があるときにご覧ください!

この映画のネタバレ記事はこちら!

4位 気持ちよく騙されるならなら「アフタースクール」

IMAGE

アフタースクール [DVD]

DVD > 日本のドラマ映画
メディアファクトリー
大泉洋(出演),佐々木蔵之介(出演),堺雅人(出演),内田けんじ(監督)

¥4,935
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-09-23

どんでん返し映画としてかなり有名な作品「アフタースクール」。すでに鑑賞済という方も多いのではないでしょうか。まだ観たことがないという人は、ぜひ観ていただきたい。

どんでん映画と呼ばれるものの中には予想できてしまう展開のものもかなりあります。その中でも本作は秀逸。これは読めなかった!という部分がかなり多くなっているんですね。観終わった後にもう一度、あるシーンを観たくなること間違いなしでございます。

ストーリー構成が素晴らしいのに、シナリオはやや薄めな感じは否めませんが・・・それはまぁキャスト陣が豪華だということもあって気になりません。出演は大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子。主役級の俳優陣がそれぞれにいい味を出しております。まだ売れてない頃のムロツヨシが登場するのも、注目ポイントですよ。

ひとりで観るもよし、カップルでイチャイチャしながら観るもよし、家族で観ても気まずくならないのでよし。時と場を選ばない、気軽にしっかり楽しめて見ごたえのある作品です。

映画を観ていてきれいな伏線回収ほど、気持ちのいいものはありません。すべての細かな仕掛けをお見逃しなく!

この映画のネタバレ記事はこちら!

3位 ゲイの老人ホームで巻き起こる日常なら「メゾン・ド・ヒミコ」

IMAGE

メゾン・ド・ヒミコ

Prime Video > 映画
オダギリジョー(出演),柴咲コウ(出演),田中泯(出演),西島秀俊(出演),犬童一心(監督),渡辺あや(Writer)

レンタル価格¥2,500~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-07-05

今やLGBTについて描かれる映画はたくさんありますが、筆者の中で2005年に制作された本作を超えるものはないと思っております。オダギリジョーの色気、ストーリーの良さ、それぞれの登場人物の切ない想い。多くの熱狂的ファンを生んだ本作「メゾン・ド・ヒミコ」をご紹介いたします!

監督をつとめたのは「ジョゼと虎と魚たち」や「最高の人生の見つけ方」の犬童一心。主演はオダギリジョー、柴咲コウがつとめました。その他にも西島秀俊が、西島秀俊らしくない役どころで出演していますのでぜひ注目を。

いったいどんな映画かといいますと、ゲイのための老人ホームにまつわる物語。余命が短いひとりの老人ゲイ、その若き男性の恋人・春彦、ゲイの父に捨てられた娘。この3人と、老人ホームで暮らすゲイの老人たちの日々が描かれます。

ゲイを父親に持ち、ゲイの存在自体を嫌悪する沙織の感情の変化や、胸をぎゅ~っと締め付けてくるようなドキドキの切ない展開。不器用な人々の飾りすぎない生き方をとくとご覧ください。

ラストシーンのバス停でのシーンはもう最高。ゲイの男性に恋してしまった女性の、切ない恋心たるや・・・。静かで、それでいて平凡ではなく、激しすぎずも優しく展開されるさまが心地よい作品。ぜひ、一度鑑賞してみてくださいね。ピキピキピッキー☆

この映画のネタバレ記事はこちら!

次のページへ
1 2 3 4 5 6 7 8 9
×