【香港が誇るカンフースター】ジャッキーチェン出演映画 おすすめランキングTOP15

【香港が誇るカンフースター】ジャッキーチェン出演映画 おすすめランキングTOP15

香港アクション映画界の大スター、ジャッキー・チェン。1970年代から香港で活躍、ブルース・リーに続く次世代のアクション俳優として日本でも大人気に。1990年代後半、3度の失敗を乗り越えハリウッドでの成功を収めてからは、世界中でその名を知られる存在になりました。ここではそんな彼の膨大な作品群から、筆者イチオシの15本を厳選し、ランキング形式で発表していきます!

ライター/ぴか

アラサー到来の1児の母。一週間に3本は映画を観ないと気が休まらない体質です。特にアクション、サスペンス、シリーズものに目がありません。

意外と多岐にわたる作品群に注目

カンフー俳優としてのイメージが強いジャッキーですが、2000年代以降は「俳優」としての演技力を追求した作品にも出演するようになっています。年齢を重ねた彼の渋さが滲み出ていますので、先入観なしでぜひご覧になってみてください。

それでは、ランキングスタート!

15位 アジアの鷹、次は砂漠へ「プロジェクト・イーグル」

IMAGE

プロジェクト・イーグル(字幕版)

Prime Video > 映画
ジャッキー・チェン(監督)

レンタル価格¥400~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-09-12

1991年公開、ジャッキー・チェン通算10本目の監督作。「アジアの鷹」シリーズの第2弾であり、ジャッキーは脚本にも参加しています。

冒険家”アジアの鷹”ことジャッキーのもとに届いた新たな依頼。それは、第2次大戦中に隠されたヒトラーの金塊を見つけること。さっそくジャッキーは、旧ナチスドイツの秘密基地の跡地があると思われる、アフリカのサハラ砂漠へ。途中で出会ったエルサ・エイダ・桃子を連れた一行の行く先にあるものとは?

当時としては多額の1億1500万香港ドルという制作費が投入され、アフリカやスペインで大規模ロケを敢行した本作。広大な砂漠を横断したり、巨大なプロペラを使用した空中戦があったりと、画的にも飽きさせません。軽快で楽しさ最優先のストーリーながら、しっかりハラハラドキドキさせてくれる演出で、どんどん作品に没入。これこそ今シリーズの最大の特徴であり、魅力でもあるのです。

今作には三人のヒロインが登場。エバ・コーボ、ドゥドゥ・チェン、池田昌子それぞれがマイペースな美女をいきいきと演じています。

この映画のネタバレ記事はこちら!

14位 チェン刑事がアジア狭しと大捜査「ポリス・ストーリー3」

IMAGE

ポリス・ストーリー3(吹替版)

Prime Video > 映画
ジャッキー・チェン(出演),トン・ピョウ(出演),マギー・チャン(出演),ミシェール・ヨー(出演),ケン・ツァン(出演),ユン・ワー(出演),スタンリー・ト…

レンタル価格¥400~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-09-12

スタンリー・トンが監督を務めた1992年公開のシリーズ第3弾。

国際警察から極秘任務への参加を要請された、香港警察の刑事・チェン。その任務とは、東南アジアを拠点とする犯罪組織「チャイバの帝国」を壊滅させること。さっそくチェンは、中国国家保安局部長であり優秀なエージェントでもあるヤンとコンビを組むことになります。二人の危険な潜入捜査が始まりました。

前2作に比べ更にスケールが広がり世界的、もっと言えばハリウッド的アクションをかなり意識した作品。危険度MAXの、命綱なしで挑んだヘリコプタースタントはその代表格と言えるでしょう。また、香港製アクションムービーの定番たる建物内でのファイナルバトルを採用せず、屋外でのスタントも組み込んだクライマックスのノンストップアクションも実にフレッシュです。

今作でもう一つ特筆すべきは、チェンの相棒となるヤンを演じたアクション女優、ミシェル・ヨーの存在。列車にバイクで飛び移る、走行中の車から落下するなど、今作が一時映画界から引退していた彼女の復帰作とは信じられません。格闘シーンでも、ジャッキーに負けず劣らずの華麗な足技を見せてくれます。

13位 ニューヨークを守れるのはこの男しかいない「レッド・ブロンクス」

IMAGE

レッド・ブロンクス(字幕版)

Prime Video > 映画
ジャッキー・チェン(出演),アニタ・ムイ(出演),フランソワーズ・イップ(出演),トン・ピョウ(出演),マーク・エイカーストリーム(出演),ガーヴィン・クロ…

レンタル価格¥299~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20

「ポリス・ストーリー3」のスタンリー・トンがメガホンを取った1995年の作品。

叔父の結婚式に出席するため、休暇を取りニューヨークはブロンクスへやって来た、香港の刑事・クーン。彼は、叔父が経営していたスーパーを買い取ったエレインと親しくなります。そんなある日、クーンはスーパーで万引きをし金までも巻き上げようとした暴走族を撃退。しかし、これをきっかけに彼らに目を付けられ…。

カンフーバトル、ホバークラフトやバイクの斬新な使い方、おなじみデススタント…アクションに次ぐアクションが詰め込まれた本作。「これがジャッキー・チェンだっ!」と紹介する作品としては満点ではないでしょうか。ジャッキーを知らないアメリカの観客のために、主人公の見せ方や観客のエモーションの持って行き方に工夫が凝らされているのにも関心しました。

3度のハリウッド進出失敗を経験し、4度目の正直とばりに取り組んだ本作は見事全米興行収入1位を獲得。アジア映画としては初の快挙となるこの成功が、のちの「ラッシュアワー」の大ヒットへと繋がっていきます。

この映画のネタバレ記事はこちら!

12位 今度の敵は連続爆破犯「ポリス・ストーリー2/九龍の眼」

IMAGE

ポリス・ストーリー2 九龍の眼 (字幕版)

Prime Video > 映画
ジャッキー・チェン(監督)

レンタル価格¥400~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-09-12

1983年公開、ジャッキー・チェン通算8本目の監督作。ジャッキーは脚本にも参加しています。

前作で麻薬王・チュウを逮捕した際、公共施設へ大規模な損害を出したため、交通課へ異動させられた刑事のチェン。ある日、恋人のメイと立ち寄ったショッピングセンターで爆破事件が発生します。それはこれから起こる新たな事件の始まりに過ぎなかったのです。

前作と比べて、アクションのブッ飛びレベルは若干落ち着いた印象。しかしながら、見応えのあるカンフーアクションと大規模なスタントのバランスが、今作は絶妙なさじ加減です。ゆえに、エンターテインメント作品としての安定感は今作に軍配が上がります。

といいながらも、相変わらずの危険なアクション&スタントのオンパレード。走るバスの上や車が高速で行き交う路上でのアクション、公園での鉄パイプを使った1対多数のハイスピードバトル、ラストの花火工場大爆発…本当に人が死んでもおかしくない映像の連発です。恒例のNGシーンではジャッキーに留まらず、ヒロインから脇役に至るまで流血しているなど、現場の壮絶さが伺い知れます。

この映画のネタバレ記事はこちら!

11位 警察・犯罪組織・海賊の大乱闘「プロジェクトA2 史上最大の標的」

IMAGE

プロジェクトA2/史上最大の標的 (字幕版)

Prime Video > 映画
ジャッキー・チェン(監督)

レンタル価格¥300~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-09-12

1987年公開、ジャッキー・チェン通算7本目の監督作。ジャッキーは脚本・制作・主題歌なども務めました。

水上警察官・ドラゴンは、陸上警察署長・チャンが裏で行っている悪事を暴くため、警察局長の命令により新署長に。ドラゴンは着実に任務をこなし、犯罪組織との癒着を一掃します。しかし彼に恨みを持つチャンの陰謀により、宝石泥棒に仕立て上げられてしまうドラゴン。さらに命まで狙われ、果ては前作で討伐した海賊の残党も立ちはだかり…。

大傑作「プロジェクトA」の続編として、多大なる期待に見事応える形となった本作。残念ながら、サモ・ハン・キンポー&ユン・ピョウの二人はスケジュールの都合により参加していませんが、その程度のピンチはなんてことないジャッキーのことです。彼ならではのアイデア&ユーモアに溢れたアクションを満載し、二人の抜けた穴をカバーするようにジャッキーが孤軍奮闘する大活劇に。それにより前作との差別化にも成功しています。

ジャッキーお得意のスラップスティックコメディも健在。前作の敵である海賊たちは今回コメディリリーフとして立ち回り、三つ巴の大乱闘が旨味を増しています。

この映画のネタバレ記事はこちら!

10位 男は孤独に戦い続ける「ザ・フォーリナー/復讐者」

IMAGE

ザ・フォーリナー/復讐者(字幕版)

Prime Video > 映画
ジャッキー・チェン(出演),ピアース・ブロスナン(出演),オーラ・ブラディ(出演),レイ・フィアロン(出演),チャーリー・マーフィ(出演),マーティン・キャ…

レンタル価格¥500~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-09-12

スティーブン・レザーの小説「チャイナマン」を原作に、マーティン・キャンベルが監督を務めた2017年公開の作品。ジャッキーは制作にも参加しています。

ロンドンで中華料理店を営んでいた、初老の男・クァン。彼はある日、街で発生した爆弾テロでひとり娘を亡くしてしまいます。IRA内の過激派による犯行と知り、復讐を決意するクァン。実は彼には、元アメリカ軍特殊部隊員というもう一つの顔があったのです。

2000年代に入り、シリアス路線にもチャレンジし続けているジャッキー。そんな彼がさらに年齢を重ね円熟味が増したことで、”俳優”としての一つの到達点を見せたのが本作ではないでしょうか。60代に入り、全盛期のアクションはもちろん出来ませんが、それすらも逆手に取るキャラクターを設定。ゲリラ戦法を使いこなすベテラン老兵に見事になりきっています。

今作の面白さには、もう一人の主人公と言える北アイルランド副首相・リアムを演じた、ピアース・ブロスナンの存在も大。クァンの復讐劇と同時進行する、IRA内部分裂問題が物語の推進力として機能しており、その苦悩を体現するピアースの重厚な演技が作品に厚みを持たせています。

この映画のネタバレ記事はこちら!

次のページへ
1 2 3
×