夢と幻と怪奇の世界へ!江戸川乱歩おすすめ作品 人気ランキングTOP18

夢と幻と怪奇の世界へ!江戸川乱歩おすすめ作品 人気ランキングTOP18

4位 妖艶なエンターテイメント小説なら「黒蜥蜴」

IMAGE

黒蜥蜴~江戸川乱歩全集第9巻~ (光文社文庫)

Kindle版 > 本
光文社
江戸川 乱歩(著)

¥770
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-10-28

帝都東京の社交界に君臨する暗黒街の女王「黒蜥蜴」。

黒いドレスを身にまとい、左腕に黒蜥蜴の刺青をした美貌の女賊は、ダイヤモンド「エジプトの星」を狙って、大阪の富豪の岩瀬庄兵衛の娘の早苗の誘拐を企てます。

岩瀬に早苗の身辺警護を依頼された明智小五郎。稀代の女賊と名探偵のスリリングな戦いが始まります…!

1934年に発表された明智小五郎シリーズの長編作品。

妖しく残酷で美しい「黒蜥蜴」と名探偵の明智小五郎の手に汗握る攻防は、今までに何度も映像化され、様々な美しい女優が「黒蜥蜴」を演じてきました。

また舞台でも、カリスマ的俳優の美輪明宏さんの代表作として大変有名ですね。

美女VS名探偵というドキドキする関係性、またストーリーも華麗でトリッキーで面白く、最高のエンターテイメント小説となっています。

江戸川乱歩のスリラー小説の代表作を読んでみたい方には、ぜひおすすめです。

3位 映像化も多い有名作なら「屋根裏の散歩者」

IMAGE

人間椅子・屋根裏の散歩者ほか 江戸川乱歩 名作ベストセレクションⅡ(1)

Kindle版 > 本
ゴマブックス株式会社
江戸川乱歩(著)

¥100
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-10-28

1925年に発表された。明智小五郎シリーズの短編作品。

学校を出ても定職に就かずに親の援助を受けている郷田三郎は、この世の遊びにも興味が持てず、無気力に暮らしていました。

しかし、探偵の明智小五郎と知り合ったことにより、犯罪に興味を持つようになり、犯罪のまねごとをはじめます。

それにも飽きた頃、下宿先の天井板を外して、屋根裏に入れることに気づいた郷田。

屋根裏を散歩するようになり、節穴から下宿人たちの生活を盗み見するのを楽しみます。

そして、虫の好かない下宿人の遠藤を、屋根裏から殺害することを考え出し…。

屋根裏から下宿先の隣人たちの生活を覗き見する主人公の変態ぶりと、下宿人たちの時に滑稽で、時にエロティックでもあるプライベート。

そしてそこから着想を得た殺人の展開という設定がとても個性的で、今まで何度も映像化されてきた作品です。

しかし、どんなに気づかれそうにない犯罪でも見逃さないのが明智小五郎。

どのように郷田が犯罪をしかけ、どのように明智小五郎が解決するかも見どころ。

怪しくも変質的な推理短編小説を読んでみたい方におすすめです。

2位 美しい幻想小説なら「押絵と旅する男」

IMAGE

押絵と旅する男

Kindle版 > 日本文学研究
江戸川乱歩(著)

¥100
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-10-28

魚津へ蜃気楼を観に行った主人公の「私」。帰りの汽車の中で居合わせた男は、車窓に絵の額縁を立てかけて席に座っていました。

奇妙に思い、男の近くの席に座ると、「私」の気持ちを察した男は、額縁の絵を見せてくれました。

それは振袖を着た美少女と洋装の老人の押絵細工。男は「私」に、押絵と行動する理由を語り始めたのですが…。

1929年に発表された短編小説。

押絵の中にいる洋装の老人は、押絵と旅する男の兄。

浅草の浅草十二階(凌雲閣)が出来始たばかりの頃、最上階から双眼鏡で覗いた先に見える、振袖の美少女に恋します。

弟である男と兄の不思議な体験がとても幻想的。

蜃気楼、浅草十二階の望楼、双眼鏡、押絵、振袖の美少女…。

それらのモチーフが、怪奇的なストーリーの中にも妖しく美しい魅力を放っています。

蜃気楼のように妖しく美しい短編小説を読みたい方におすすめです。

1位 江戸川乱歩の最高傑作長編なら「孤島の鬼」

IMAGE

江戸川乱歩傑作集1 孤島の鬼

Kindle版 > 日本文学
リブレ
江戸川乱歩(著),咎井淳(イラスト)

¥990
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-10-28

主人公の簑浦金之助は、まだ30歳にもならないが、総白髪の若者。

とある恐ろしい体験をしたことによるものでした。

25歳のころ、会社の同僚の木崎初代と恋に落ち、彼女が複雑な生い立ちであることを承知で婚約した簑浦。

そんな中、初代に求婚してきた諸戸道雄。実は男性でありながら、自分に恋愛感情を持っていることを知っている簑浦は、諸戸が初代との仲を裂くために求婚してきたのではないかと疑います。

ある日初代は自宅で何者かによって殺されました。

しかも、初代が身に着けていた系譜図が入っていた袋と、なぜかチョコレート缶が盗まれ、自宅の鍵はすべてかけられていた上での密室殺人。

犯人への復讐を誓った簑浦は、探偵の深山木に捜査を依頼しましたが、深山木も犯人から脅迫状を受け取った直後に殺されてしまいます。

諸戸を疑い、諸戸の家に訪れた簑浦。しかし、諸戸も初代の事件の捜査を行っており…。

1929年から1930年まで連載された長編小説。

密室殺人、謎の系譜図というミステリーだけでなく、孤島で繰り広げられる残酷な鬼の所業の恐ろしさ、妖しい同性愛者の諸戸、美しい美青年の簑浦など、魅力的な要素が満載。

当時はまだ同性愛はカルトな存在だったようで、そこに着目した江戸川乱歩は怪奇なものとして描きました。

(同性愛者の諸戸が狂気に満ちた存在でもあるのですが、けっこう主人公の簑浦も思わせぶりで、罪作りな印象です…!?)

孤島の「鬼」の存在の恐ろしさ、犯行の残酷さ、知られざる真相なども驚きの展開で、ミステリー、カルト、妖艶さがミックスされ、ストーリーも面白くて引き込まれる長編作品。

現在もファンが多く、語り継がれている名作です。

江戸川乱歩の最高傑作と言われている長編作品を読みたい方に、ぜひおすすめですよ。

素敵な本と出会えますように

江戸川乱歩作品おすすめ本TOP18をご紹介しました。 どの作品も読みごたえがあるものばかりなので、興味を持ったストーリーがありましたら、ぜひご一読ください。 お気に入り作品に出会えることを祈っています!
1 2 3 4
×