万城目学のおすすめ作品、人気ランキングTOP20を読書好きの筆者が全力でご紹介します!

万城目学のおすすめ作品、人気ランキングTOP20を読書好きの筆者が全力でご紹介します!

12位 山本周五郎賞ノミネート作!2010年テレビドラマ化!「パーマネント神喜劇」(新潮文庫)

IMAGE

パーマネント神喜劇(新潮文庫)

Kindle版 > 本
新潮社
万城目学(著)

¥584
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-01-15

派手な柄シャツを小太りの体に纏い、下ぶくれの顔に笑みを浮かべた中年男。でもこれは人間に配慮した仮の姿。だって、私は神だから――。千年前から小さな神社を守る恋愛成就の神は、黒縁メガネにスーツ姿の同僚と共にお勤めに励む。昇進の機会を摑むため、珍客がもたらす危機から脱するため、そして人々の悠久なる幸せのため。ちょっとセコくて小心で、とびきり熱い神様が贈る縁結び奮闘記!

第31回山本周五郎賞ノミネート作!

はじめの一歩/当たり屋/トシ&シュン/パーマネント神喜劇の4つの作品が収められた短編集になります。

とある町の小さな神社の縁結びの神様を主人公にした連作短編集です。主人公は神様で、各短編の主人公たちとそれぞれの視点で物語が進行していきます。

2010年テレビドラマ化!

本作の「はじめの一歩」は、2010年に放送された『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・秋 〜人気作家競演編〜』のために描き下ろしたオリジナル作品です。嵐の大野智さんが主演を務めています。

11位 万城目学と門井慶喜によるユニークな建築対談集!「ぼくらの近代建築デラックス!」 (文春文庫)

IMAGE

ぼくらの近代建築デラックス! (文春文庫)

Kindle版 > ノンフィクション
文藝春秋
万城目学(著),門井慶喜(著)

¥866
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-01-15

カドイの薀蓄にマキメが突っ込む、ユニークな建築入門。

マキメのトボケVSカドイの薀蓄。仕事場にしたい名建築、“長すぎる”あの話題の新名所とは?近代建築をこよなく愛する人気作家二人が、5大都市(大阪・京都・神戸・横浜・東京)の現存する名建築を訪ね歩き、その魅力を語りつくしたルポ対談集。

大阪散歩/京都散歩/神戸散歩/横浜散歩/東京散歩/あとがき対談の6つのテーマが収められています。

作家の万城目学さんと門井慶喜さんが、大阪、京都、神戸、横浜、東京の5大都市に現存するお勧めの明治以降の近代建築を実際に巡りながら解説している作品です。建物だけでなく設計者や時代背景などについても触れ、ただただ称賛するだけでなく、批判なども含めて2人の軽妙な掛け合いが楽しく面白い一冊になります。

10位 直木賞ノミネート作!「悟浄出立」(新潮文庫)

IMAGE

悟浄出立(新潮文庫)

Kindle版 > 本
新潮社
万城目学(著)

¥512
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-01-15

おまえを主人公にしてやろうか!これこそ、万城目学がずっと描きたかった物語――。

勇猛な悟空や向こう見ずの八戒の陰に隠れ、力なき傍観者となり果てた身を恥じる悟浄(ごじょう)。ともに妖魔に捕えられた日、悟浄は「何も行動せず、何も発言せず」の自分を打ち破るかのように、長らく抱いてきた疑問を八戒に投げかけた……。中国古典の世界を縦横無尽に跳び、人生で最も強烈な“一瞬”を照らす五編。

第152回直木賞ノミネート作!

第5回山田風太郎賞ノミネート作!

悟浄出立/趙雲西航/虞姫寂静/法家孤憤/父司馬遷の5つの作品が収められた短編集です。

いずれも中国の歴史物をベースに、それぞれの物語に出てくる登場人物にスポットをあてて作り上げられた物語になっています。表題作の「悟浄出立(ごじょうしゅったつ)」は西遊記で存在感の薄い沙悟浄が主人公で、あることに気づいてこれまでの自分の行動を反省し、大きく生き方を変えていくのです。

9位 万城目ワールドの人生論ノート!エッセイ集第4弾!「べらぼうくん 」(文藝春秋)

IMAGE

べらぼうくん (文春e-book)

Kindle版 > 本
文藝春秋
万城目 学(著)

¥1,100
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-01-15

「水たまりをのぞいたら、そこに映っていたのは青い空だった」

べらぼうとは漢字で「篦棒」と書く。「あまりにひどい」「馬鹿げている」「筋が通らない」といった意味の他に、端的に「阿呆だ」という意味がこめられているところが気に入った。どうにもうまくいかぬ男の、十歩進んで九歩下がる日々をまるっと包みこんでくれるようで、あの頃の蒼白い顔をした自分に「よう」と呼びかける気持ちで、『べらぼうくん』とタイトルを決めた。(あとがきより)

未来なんて誰にもわからないのだ。川べりを俯き歩く万城目青年は、いかにして作家としての芽を育てたか。万城目ワールドの誕生前夜を描く極上の青春記であり、静かに深く届けたい人生論ノート。

著者・万城目学さんによるエッセイ集第4弾です。

大学受験の失敗から、短い会社員時代を経て小説家としてデビューするまでのいきさつが綴られています。浪人時代や、就活、作家になるために仕事を辞めた話や作家になるまでの苦労や焦りなど、壁にぶつかりうまくいかなかった頃についての回想をめぐらせたエピソードが満載です。

8位 万城目学初エッセイ集第1弾!「ザ・万歩計」 (文春文庫)

IMAGE

ザ・万歩計 (文春文庫)

Kindle版 > 本
文藝春秋
万城目 学(著)

¥570
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-01-15

『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』…奇想天外なストーリーで読者を驚かせ続ける奇才・万城目学の初エッセイ集!

大阪で“阿呆”の薫陶を受けた少年時代、作家を志すキッカケ、“黒い稲妻”ことゴキブリとの仁義なき戦い、噛みまくるラジオDJに執筆を阻まれ、「昔にタイムスリップしたらどうしよう?」とマジメに夢想するマキメ。どの話も、作品世界に通じる飄々とした可笑しみに溢れている。自著の意外な元ネタ話も読み逃しなく!

著者・万城目学さんの初エッセイ集第1弾です。デビュー前のサラリーマン時代の出来事や作家を目指したきっかけ、自給自足の生活にあこがれてモンゴルに行った話などが万城目節で面白可笑しく綴られています。また、鴨川ホルモーが書かれることになった経緯など、物語の誕生秘話についても触れられていて、万城目ワールド全開のエッセイです。

7位 直木賞・本屋大賞ノミネート作!「とっぴんぱらりの風太郎」(上・下) (文春文庫)

IMAGE

とっぴんぱらりの風太郎(上) (文春文庫)

Kindle版 > 日本文学研究
文藝春秋
万城目 学(著)

¥784
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-01-15

忍者・マキメワールドの大大長篇!伊賀の国をクビになった忍びの者、風太郎。謎の「ひょうたん」に誘われ運命は流転し始める!奇才マキメの超絶戦国絵巻、開幕!

天下は豊臣から徳川へ。度重なる不運の末、あえなく伊賀を追い出され、京でぼんくらな日々を送る「ニート忍者」の風太郎。その運命は一個の「ひょうたん」との出会いを経て、大きくうねり始める。時代の波に呑み込まれる風太郎の行く先に漂う、ふたたびの戦乱の気配。めくるめく奇想の忍び絵巻は、大坂の陣へと突入する!

第150回直木賞ノミネート作!

2014年本屋大賞ノミネート作!

まだ戦乱の世が続く時代。忍者という存在価値が薄れていく中で、忍術遣いとしても剣術の腕をあまり持っていないかった忍者・風太郎は、伊賀を追い出され、京でぐうたら過ごしていました。ニートで半端者の風太郎はいつの間にか時代の波に流されていっていましたが、さまざまな人に出会い、それぞれの人がいろいろな思いを持って生きていることを知り、自身が命をかけてでもやり遂げなければならないことを見つけていくのです。

次のページへ
1 2 3 4 5
×