堂場瞬一のおすすめ作品、人気ランキングTOP20を読書好きの筆者が全力でご紹介します!

堂場瞬一のおすすめ作品、人気ランキングTOP20を読書好きの筆者が全力でご紹介します!

2000年、小説『8年』で小説すばる新人賞を受賞した小説家の堂場瞬一(どうば しゅんいち)さん。これまでに数多くの作品が出版されていますが、どの本を読もうか迷っている方も多いのではないでしょう。そこで、堂場瞬一さんのおすすめの作品を20作厳選しましたので、ランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ライター/tsunoka

tsunokaと申します。 「映画解説」と「おすすめの本」の記事を書いています。 映画は、邦画から洋画、テレビアニメまで、本は、小説や漫画、ビジネス本など様々なジャンルのものを鑑賞・読書しています。 「おもしろい」と思えるものに出会えるように、紹介していきます。

堂場瞬一の作品を選ぶときのポイント

それでは、堂場瞬一さんの作品を選ぶときのポイントを3つご紹介します。

選び方その1.受賞作品・ノミネート作品を選ぶ

堂場瞬一さんがこれまでに出版した本の中には、「小説すばる新人賞」を受賞した作品や、「吉川英治文学新人賞」や「江戸川乱歩賞」にノミネートされた作品があります。

小説すばる新人賞は、年1回発表されている集英社が発行する小説誌『小説すばる』の公募新人文学賞で、吉川英治文学新人賞は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援する1980年から創設された文学賞です。

堂場瞬一さんの作品で、どの本を読むか迷ったときには、受賞した作品やノミネート作品を選ぶことをおすすめします。

選び方その2.映像化された話題の作品を選ぶ

堂場瞬一さんの作品には、テレビドラマ化された作品が数多くあります。

『アナザーフェイス 』や『誤断』、『棘の街』など数々のテレビドラマ化された作品は、話題を呼びました。話題の映像作品は、本の人気にもつながります。

映像化されて話題になっている堂場瞬一さんの作品を選ぶのもおすすめです。

選び方その3.カテゴリーで選ぶ

これまでに数多くの作品を世に出してきた堂場瞬一さんですが、小説だけでなく、実はエッセイも出版されています。 堂場瞬一さんのエッセイには、食と旅の魅力が詰まった作品もあり、著者の意外な一面を知ることができる一冊です。

堂場瞬一さんの作品選びで迷っている方は、小説だけでなくエッセイを選んでみるのもおすすめします

堂場瞬一のおすすめ本ランキングTOP20

堂場瞬一さんの作品の中から本を選ぶときのポイントを3つお伝えしました。

それではここからは、堂場瞬一さんの作品のランキングをトップ20からご紹介します。

20位 堂場瞬一初のエッセイ集!「弾丸メシ」 (集英社文芸単行本)

IMAGE

弾丸メシ (集英社文芸単行本)

Kindle版 > 近現代日本のエッセー・随筆
集英社
堂場瞬一(著)

¥1,485
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-01-19

どんなに忙しくても、食べたいメシがある――。食と旅の魅力が詰まった、作家・堂場瞬一、初のエッセイ集!美味い物を食べに、弾丸で旅に出る!!

<弾丸メシ 3つの掟>・必ず日帰り・食事は一時間以内に済ませる・絶対に残さない

久住昌之氏 推薦!

遠距離弾丸食いでも、ちゃんと味わって細かく描き表しているのがさすが。読んでて食べてみたくなる。ボクは旅先でせっかく美味しいものを食べても、呑んで忘れちゃったりします。

著者・堂場瞬一さんの初のエッセイ集です。「小説すばる」に連載していた食と旅の魅力が詰まったエッセイになります。必ず日帰りで、食事時間も1時間以内、その土地の名物を完食することがきまりの弾丸メシ。アジアを中心として世界各地を取材し、食文化と暮らし、文芸と作家をテーマに執筆活動を行う平松洋子さんとの対談も収められています。

19位 小説すばる新人賞受賞作!堂場瞬一デビュー作!「8年」 (集英社文庫)

IMAGE

8年 (集英社文庫)

Kindle版 > 本
集英社
堂場瞬一(著)

¥556
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-01-19

オリンピックで華々しい活躍をし、当然プロ入りを期待されたが、ある理由から野球を捨ててしまった投手・藤原雄大。8年後、30歳を過ぎた彼は、突然、ニューヨークのメジャー球団に入団する。あの男ともう一度対戦したい!その悲願のためだけに……。一度は諦めた夢を実現するため、チャレンジする男の生き様を描くスポーツ小説の白眉。

第13回小説すばる新人賞受賞作。

著者・堂場瞬一さんのデビュー作!

2度のオリンピックで華々しい活躍をし、プロ入りが期待されていたにも関わらず、ある事情でプロ入りを諦め一線を退いた投手・藤原雄大。8年後、33歳になった藤原は、突如ニューヨークのメジャー球団に入団します。ソウル五輪で起きた悔しさをバネに、自分の球を打ったあの男ともう一度戦いたいという気持ちが藤原のチャレンジ精神を大きく動かしていくのです。

次のページへ
1 2 3 4 5
×